幼稚園教諭からの異業種転職でおすすめの転職先ランキング!

「幼稚園教は違う仕事に転職できる?」

「幼稚園教からの転職におすすめの就職先はどこ?」

「幼稚園教諭から小学校教諭への転職は有利なの?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、幼稚園教諭からほかの仕事に転職はできるのかを紹介しています。

アドバイザー
最後まで読むことで、社会人からの幼稚園教諭への転職についても知ることができるでしょう。
関連記事

「幼稚園教諭から一般企業への転職は可能なの?」「幼稚園教諭から一般企業へと転職するメリットとデメリットは何?」「幼稚園教諭が一般企業に転職するのはなぜ?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、幼稚園教諭[…]

幼稚園教諭から一般企業に転職や就職できる?

 

※マイナビ保育士は幼稚園教諭でも利用可能です。

幼稚園教諭から異業種転職なら「マイナビ保育士」が一択と言えます。

マイナビ保育士

マイナビ保育士」では保育業界内の転職だけではなく、異業種への転職もサポートしております。

例えば、一般事務、営業事務、アパレル、営業などの一般職の求人を多数保有しています。

マイナビ保育士に登録後は、求人を紹介してもらい、面接を受けるだけなので、自分で転職活動するよりもスムーズに転職ができるので、最短数日で内定が獲得できることもあります。

転職サイトの利用の流れ

また、公式サイトに飛んでから「幼稚園教諭」の選択肢がないので、以下の「保育士」を選べば問題ないです。

幼稚園教諭の転職の流れ

少しでも幼稚園教諭を辞めたくて、他職種を検討しているのであれば、相談だけでも無料なので、登録してみる価値はあるでしょう!

\ 異業種への転職で強いのはマイナビだけ /たった1分で登録する

目次

幼稚園教諭から違う仕事に転職できる?

子どもと関わる仕事である幼稚園教諭は、ほかの仕事に転職できるのかどうかについて解説します。

今あなたが幼稚園教諭からの転職を考えているなら、理解を深めておくことが重要です。

  1. 幼稚園教諭や保育士は資格を活かして転職できる
  2. 他業種への転職も可能

幼稚園教諭や保育士は資格を活かして転職できる

結論から言うと、幼稚園教諭や保育士は資格を活かせばほかの仕事に転職できます。

実際に今では幼稚園教諭や保育士の資格を活かせる仕事が数多く存在しているため、もしあなたが今幼稚園教諭免許や保育士資格を取得しているのであれば、前向きに転職活動に取り組めるでしょう。

関連記事

現在の保育士としての仕事に対して何らかの不満や限界を感じていませんか?「保育士から転職ってどう?異業種への転職は可能?保育士から違う仕事への転職での注意点は?保育士以外でおすすめの職場は?」「保育士資格を活かして他にはど[…]

保育士から転職しやすいおすすめの異業種の仕事15選!違う仕事ならどこがいい?

他業種への転職も可能

たとえ資格を取得していなくても、幼稚園教諭や保育士などの子どもと関わる仕事以外の職業に就職もできます。

そのため、子どもと関わる仕事以外の職業に転職できるかという不安を抱えなくても良いでしょう。

しかし、幼稚園教諭や保育士に関する資格を取得できる環境であるなら、できるだけ資格取得に向けた取り組みを行っておくのがおすすめです。

なぜなら、転職先によっては資格を取得していることで面接で優遇されやすくなるからです。

もしあなたがまだ資格を取得していない状態で幼稚園教諭や保育士から他業種に転職したいと考えているなら、あらかじめ資格を取得しておきましょう。

関連記事

「保育士は一般企業に転職できるの?」「保育士が異業種に転職するときはどの仕事がおすすめなの?」「保育士が一般企業に転職を考える理由はなに?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、「保育士は一般企業に転職[…]

保育士から一般企業に転職

\ 幼稚園教諭からの転職なら /今すぐおすすめの転職サイトを見る※保育士転職サイトでも幼稚園教諭は使えます

幼稚園教諭からの転職におすすめの時期はいつ?

幼稚園教諭からの転職におすすめの時期は4月です。

なぜなら、4月になると新年度が始まり、企業の採用活動が活発になるからです。

どうしてもすぐに幼稚園教諭からほかの仕事に転職したいのであれば気にすることではありませんが、4月に転職活動を始めれば少しでも採用に近づけるでしょう。

幼稚園教諭からの転職におすすめの就職先

幼稚園教諭から転職する際におすすめの就職先は、次のとおりです。

  1. ほかの幼稚園
  2. 保育園
  3. 認定こども園
  4. 院内保育所
  5. 企業内保育所

幼稚園以外の場所で働きたいけど、どこに就職するのが良いのかわからないと悩んでいるなら、ぜひ参考にしてください。

アドバイザー
忙しくて、細かく読みたくない人は下の表を参考にしてくださいね!
職場の種類特徴
他の幼稚園

ほかの幼稚園

・転職エージェントや転職サイトを通じて適切な職場が見つかりやすい

保育園

保育園

・日中の勤務が主。仕事とプライベートの両立がしやすい場合もあるが、残業や持ち帰り仕事があることも

認定こども園

認定こども園

・保育と教育の両方ができる。小学校教諭へのキャリアアップも視野に入れられる

院内保育所

院内保育所

・医療施設内で勤務。夜間勤務の可能性あり。子どもの人数が少ない

企業内保育所

企業内保育所

・企業に隣接。少人数の子どもを預かる。ゆるい勤務形態を望む場合に適している

ほかの幼稚園

ほかの幼稚園

もし今所属している幼稚園での人間関係や、仕事内容などに不満があって転職を考えているなら、ほかの幼稚園に転職することを視野に入れましょう。

幼稚園教諭の転職に特化した求人を紹介しているエージェントや転職サイトを活用すれば、あなたの希望条件に合った職場が見つかりやすくなります。

「幼稚園教諭の仕事をしたいけど今の職場は嫌だ」と感じているなら、ほかの幼稚園への転職がおすすめです。

保育園

保育園

幼稚園での勤務形態や仕事内容に不満があるなら、保育園で働くのもおすすめです。

基本的に、一般保育士である場合日中の勤務のみであるため、所属する園によっては仕事とプライベートを両立させやすいです。

しかし保育園によっては、持ち帰り仕事や残業が多いところもあるため、まずは転職サイトから求人情報を確認するのが良いでしょう。

認定こども園

認定こども園

保育だけでなく教育もできる仕事がしたいなら、認定こども園に就職するのもおすすめです。

認定こども園で経験を積めば、将来的に小学校教諭への転職も視野に入れられます。

もしあなたが今後幼稚園教諭だけでなく子どもと関わる仕事においてキャリアアップを目指したいなら、認定こども園への転職も良いでしょう。

院内保育所

院内保育所

院内保育所は、病院などの医療施設で働く医師や看護師の子どもを預かる保育所を指します。

一般保育士とは違い、夜間勤務があるなど生活リズムが乱れやすいデメリットがありますが、一方で一般の保育園や幼稚園よりも預かる子どもが少人数であるのが魅力です。

大人数の子どもを預かるのが苦手であることを理由に転職を考えているなら、院内保育所もおすすめです。

企業内保育所

企業内保育所

企業内保育所は、企業に隣接している保育所を指します。

預かる子どもは隣接している企業で働くパパさんやママさんの子どもで、院内保育所と同様に少人数の子どもを預かるのが特徴です。

今までよりもゆるく幼稚園教諭や保育士などの子どもと関わる仕事がしたいなら、企業内保育所を視野に入れるのも良いでしょう。

\ 幼稚園教諭からの転職なら /今すぐおすすめの転職サイトを見る※保育士転職サイトでも幼稚園教諭は使えます

幼稚園教員免許を活かした幼稚園以外の働けるおすすめの場所

幼稚園教諭免許があれば、資格を活かして幼稚園以外の仕事に就職できます。

幼稚園以外の場所で子どもと関わる仕事をしたいなら、次の就職先を参考にすると良いでしょう。

  1. ベビーシッター
  2. 児童福祉事業所
  3. 子ども用品メーカー
  4. 小学校教諭
アドバイザー
幼稚園以外の働けるおすすめの場所を簡単に下の表でまとめたので確認してみてね!

以下は、幼稚園教諭や保育士の資格を持つ人が他の職種に転職する際の選択肢を表にまとめたものです。

職種特徴

ベビーシッター

ベビーシッター

・自宅や託児所で子どもを預かることが可能。気軽に保育ができる

児童福祉事業所

児童福祉事業所

・保育や児童福祉の支援事業を行う施設。幼稚園教諭や保育士の資格があれば優遇されやすい

子ども用品メーカー

子ども用品メーカー

・子ども用品の開発に携わることができる。保育士や幼稚園教諭の経験が活かせる

小学校教諭

小学校教諭

・幼稚園教諭や保育士の経験を活かして、小学校教諭を目指せる

これらの職種は、幼稚園教諭や保育士の資格や経験を持つ人にとって、キャリアの幅を広げる良い選択肢となります。それぞれの職種には異なるメリットや特色があり、個々の希望や条件に合わせて選択することが重要です。

関連記事

「幼稚園教諭免許や保育士資格を活かしたおすすめの仕事は何?」「幼稚園教諭は小学校教諭に転職できるの?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、幼稚園教諭免許を活かした仕事を紹介しています。最後まで読むこと[…]

幼稚園教諭 活かせ る 仕事

ベビーシッター

ベビーシッター

ベビーシッターであれば、幼稚園教諭免許や保育士資格さえ取得していれば自宅や託児所で子どもを預かることができます。

保育園だと職場内での人間関係などでトラブルが起こりやすいですが、ベビーシッターだと気軽に保育ができます。

もしあなたが今幼稚園教諭免許や保育士資格があるなら、ベビーシッターへの転職を視野に入れるのがおすすめです。

児童福祉事業所

児童福祉事業所

児童福祉事業所は、保育をはじめとする児童福祉に関する支援事業を行う施設を指します。

幼稚園教諭免許や保育士資格があれば、面接の際に優遇されやすいのが特徴です。

幼稚園教での経験や知識を活かした仕事に就きたいのであれば、児童福祉事業所への転職も視野に入れて良いでしょう。

子ども用品メーカー

子ども用品メーカー

今では、さまざまな子ども用品が存在しています。

あなたが幼稚園教諭免許や保育士資格を取得しているのであれば、子ども用品メーカーの職員への就職に有利となるでしょう。

幼稚園教諭や保育士での経験を活かして、子ども用品の開発に携われるのが子ども用品メーカーに就職するメリットです。

幼稚園教諭や保育士での経験をほかの仕事に活かしたいなら、子ども用品メーカーに就職するのも良いでしょう。

小学校教諭

小学校教諭

幼稚園教諭や保育士での経験があれば、小学校教諭への就職も可能です。

幼稚園教諭や保育士は、知育など子どもの教育に関する仕事も行います。

そのため、子どもへの教育に関する経験を活かして小学校教諭を目指すのもおすすめです。

\ 幼稚園教諭からの転職なら /今すぐおすすめの転職サイトを見る※保育士転職サイトでも幼稚園教諭は使えます

幼稚園教諭から小学校教諭への転職は有利?

実際に、幼稚園教諭から小学校教諭へと転職した人は多いです。

しかし幼稚園教諭から小学校教諭への転職は簡単なのかどうかが気になります。

幼稚園教諭から小学校教諭への転職が有利なのかどうかについて解説します。

  1. 幼稚園教諭として3年以上の実務経験があれば転職可能
  2. すぐに小学校教諭を目指したいなら免許を取得しよう

幼稚園教諭として3年以上の実務経験があれば転職可能

幼稚園教諭であるあなたが小学校教諭への転職を視野に入れているのであれば、転職の際に有利となるでしょう。

なぜなら、幼稚園教諭として3年以上の実務経験があれば、最短でも半年で小学校教諭二種免許が取得できるからです。

将来的に小学校教諭への転職を視野に入れているなら、まずは3年間幼稚園教諭として実務経験を積むことが重要です。

\ 幼稚園教諭からの転職なら /今すぐおすすめの転職サイトを見る※保育士転職サイトでも幼稚園教諭は使えます

すぐに小学校教諭を目指したいなら免許を取得しよう

3年以上も幼稚園教諭を続けられない場合、独学や資格講座などで小学校免許の取得に取り組むのが良いです。

小学校教諭免許は、実務経験がなくても資格試験に合格すれば資格を取得できます。

もしあなたがすぐに小学校教諭になりたいのであれば、まずは資格を取得するための学習から始めましょう。

関連記事

「転職を繰り返しているとイメージが悪い?」「保育園や幼稚園での転職は何回までならセーフ?」と不安を抱えていませんか?この記事では、保育園や幼稚園で働く保育士の一般的な転職回数や転職を繰り返す理由をお伝えします。[…]

保育園や幼稚園の転職を繰り返すとイメージが悪くなる?

幼稚園教諭からの転職におすすめの求人サイト

これからあなたが幼稚園教諭からほかの仕事に転職を考えているなら、求人情報が掲載されている転職サイトを活用するのがおすすめです。

幼稚園教諭からの転職におすすめの求人サイトを紹介します。

アドバイザー
保育士の転職サイトでも学校法人の幼稚園求人やパートで働ける幼稚園求人を掲載していますよ♪
→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年2月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\幼稚園から異業種◎/
マイナビ保育士
マイナビ保育士
21,000件迷ったらコレ!全ての幼稚園教諭におすすめ!!
・異業種への転職なら王道の転職サイト
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://hoiku.mynavi.jp/
\幼稚園教諭の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計の実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/

転職サイトの仕組み

マイナビ保育士|大手だからこその安心感と信頼性


マイナビ保育士
「マイナビ保育士」は大手人材会社の「マイナビ」が運営するサービスで、大手だからこその求人をトップクラスで保有しています。

マイナビ保育士のキャリアアドバイザーが職場に直接訪問して厳選した求人をご紹介します。

そのため、他よりもミスマッチない新しい職場選びができるのが特徴です。
転職の流れはじめての転職にも強い転職サイトで、以下の方におすすめです。
・異業種に転職も視野に入れたい
・1日の一部の時間を休みたい
・前職はサービス残業が多かった
・パートのお給料では少なすぎる
・小規模の保育園がいい
相談だけでも無料なので、少しでも気になる方はまずは登録だけでもしてみてください。
案件数17,000件(2024年2月)
最大の特徴登録しておいて損はなし!!
  • 保育の仕事が初めてでもOK
  • 時間固定・パートもOK
  • 退職交渉もサポート

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://hoiku.mynavi.jp/

☆年収UPも期待
☆プライベートの融通が効く

マイナビ保育士の口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「マイナビ保育士の口コミや評判は良い?」「マイナビ保育士を利用するメリットとデメリットは何?」「マイナビ保育士はどのような流れで利用する?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、マイナビ保育士の口コミや[…]

マイナビ保育士

保育士ワーカー|保育士が支持する保育士転職サイト


保育士ワーカー
保育士ワーカー」は、保育園、幼稚園、院内保育、企業内など数万件を超える求人を無料でご紹介してくれる転職サイトかつ、高給与で残業少ないなどの求人が多いのが特徴です。

また利用した保育士のユーザー満足度は97%と高い支持率を得ています。

求人数が多いので、とりあえず色んな求人をチェックして、良さそうな求人があったら応募したいし、転職を考えてみたいという方におすすめです。

保育士ワーカー
また、保育士ワーカーの登録者数は約30万人を超え、現役保育士の3人に1人が登録しているとされているほど保育士に人気の転職サービスです。
動画で見る
案件数42,649件(2024年2月)
最大の特徴派遣社員なら給与即払い制度あり
  • 保育士・幼稚園教諭向け
  • 満足度97%の脅威の数値
  • 全国の求人が見つかる!!

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://hoikushi-worker.com/

☆保育士ワーカーだけの求人が多い
☆年収交渉や面接対策◎

保育士ワーカーの口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「保育士ワーカーを実際に利用した人の口コミはある?」「保育士ワーカーの口コミや評判からわかるメリットやデメリットは何?」「保育士ワーカーを利用するまでの流れはどうすれば良い?」こんな悩みを抱えていませんか?こ[…]

保育士ワーカー

せんとなび保育|前払い・週払い制度あり


せんとなび保育|前払い・週払い制度あり

せんとなび保育」は、業界トップレベルの時給で給料の前払いもしく週払いができる転職サイトです。

また現場をよく知っているせんとなびのスタッフが在籍しているので、難しい人間関係の構築面もサポートしてくれます。

そのため、職場で何か嫌なことがあったりしたときは、職場に言いにくいこともあると思うので、その際はせんとなびのスタッフに相談できる環境が整っています。
案件数20,000件(2024年2月)
最大の特徴せんとなびのスタッフが職場との人間関係をサポート
  • 福利厚生が充実求人が豊富
  • 働きやすい環境をサポート
  • ママさんやシニアでもOK

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://st-navi.jp/hoiku/

☆週1日からOK
☆短時間の勤務でもOK

せんとなび保育の口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「せんとなび保育の口コミや評判は良い?」「せんとなび保育を利用する際のメリットとデメリットは何?」「どのような流れでせんとなび保育を利用すれば良い?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、せんとなび保育[…]

せんとなび保育の口コミ・評判

保育士向け転職サイトのおすすめ

社会人から幼稚園教諭を目指すにはどうすれば良い?

転職を考えている人のなかには、社会人から幼稚園教諭を目指そうとしている人もいます。

社会人から幼稚園教諭を目指すためにはどうすれば良いのかについて解説します。

  1. 保育士資格や幼稚園教諭免許の取得を目指そう
  2. 社会人から幼稚園教諭を目指すにはスキマ時間で勉強するのがおすすめ

保育士資格や幼稚園教諭免許の取得を目指そう

社会人から幼稚園教諭を目指すためには、まず保育士資格や幼稚園教諭免許を取得することから始めましょう。

保育士資格や幼稚園教諭免許は、大学や専門学校での教育課程を経て取得できます。

しかし社会人の場合、なかなか大学や専門学校に通う時間もないものです。

そのため、社会人が保育士資格や幼稚園教諭免許を取得するのには、ユーキャンなどの資格講座で学習するのが良いでしょう。

保育士試験最短合格!!

保育士の資格講座
アガルートアカデミー」は、短期間かつ一発合格で2023年前期の保育士試験に合格したい人が学べる講座があります。

わかりやすい講義の動画とテキスト+過去問で最短合格することができるという特徴があります。

無料体験動画も準備しているので、少しでも気になる方は是非チェックしてみてください。

>> 保育士試験の傾向に関してはこちら

  • 料金:9,680円(税込)
  • 講義時間:10.5時間
  • 入金後翌営業日に発送

資料
請求
詳細を
見る

リンク先:https://www.agaroot.jp/

☆短期合格・一発合格向け
☆全く知識がない方でもOK

社会人から幼稚園教諭を目指すにはスキマ時間で勉強するのがおすすめ

社会人が資格取得のための勉強をする時間は、限られています。

家庭がある場合はなおさら、資格取得のための勉強に時間を充てられません。

社会人が保育士資格や幼稚園教諭免許の取得をするためには、スキマ時間を有効活用するのがおすすめです。

通勤などの移動時間や休憩時間など、ちょっとした時間を活用して資格の勉強をすることが、保育士資格や幼稚園教諭免許取得への近道でしょう。

幼稚園教諭の年収はいくら?

幼稚園教諭の平均年収や給料について紹介します。

  1. 全国の平均年収と比べると低い傾向にある
  2. 幼稚園教諭と保育士ではどちらのほうが給料が高い?

全国の平均年収と比べると低い傾向にある

厚生労働省によると、幼稚園教諭の平均年収および給与はおよそ367万円とされており、月収の給料にすると約24万円で、ボーナス額は約73万円とされています。

しかし実際のところ、国税庁が報告している全国の平均年収はおよそ443万円であるため、幼稚園教諭の平均年収は全国平均と比較すると低い傾向にあることがわかります。

もしあなたが高収入を狙える仕事に就職したいのであれば、幼稚園教諭以外の就職先を探すほうが良いかもしれません。

幼稚園教諭と保育士ではどちらのほうが給料が高い?

平均年収がおよそ367万円の幼稚園教諭は、保育士よりも低い傾向にあります。

賃金構造基本統計調査によると、保育士の平均年収は約382万円と報告されています。

そのため、年収を重視して幼稚園と保育園のどちらで働くか悩んでいるなら、保育士を目指すほうが良いでしょう。

幼稚園教諭からの転職のまとめ

幼稚園教諭から転職できる就職先は、たくさんあります。

もし幼稚園教諭免許を持っているのであれば、資格を活かした仕事に転職するのがおすすめです。

将来的に幼稚園教諭から小学校教諭への転職を考えているなら、3年以上の実務経験を積めば転職できます。

将来的なキャリアアップのためにも、まずは幼稚園教諭での実務経験を積んでおくことが重要です。

→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年2月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\幼稚園から異業種◎/
マイナビ保育士
マイナビ保育士
21,000件迷ったらコレ!全ての幼稚園教諭におすすめ!!
・異業種への転職なら王道の転職サイト
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://hoiku.mynavi.jp/
\幼稚園教諭の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計の実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/