保育士の配置基準はおかしい?きつい?0歳児と1歳児の基準も解説

「保育士の配置基準はどのように定められているの?」

「保育士の配置基準は少ない?」

「ほかの国の保育士の配置基準と比べるとどれくらい差がある?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、保育士における配置基準を紹介しています。

アドバイザー
最後まで読むことで、保育業界の配置基準における今後についても知ることができるでしょう。
関連記事

「保育士資格を活かせる保育園以外の就職先はある?」「一般企業で保育士資格を活かすならどんな仕事がある?」「保育士資格を活かすならどの保育所がおすすめ?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、保育士資格を[…]

保育士が保育園以外の仕事をするならどこがいい?
完全無料で転職が決まる!!

マイナビ保育士
マイナビ保育士」は、アプリやLINEから求人の紹介や転職活動ができるので、平日の日中が忙しい人でも隙間時間で転職活動ができます。

転職がはじめての人でも安心できるよう、履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策、応募先との勤務面や年収面の交渉などを転職活動に必要な要素を全てサポートしてもらうことができます。

転職するのもすぐに決定するのではなく、事前に職場環境のチェックもしてOKの求人が豊富です。
  • 非常勤・パート求人も豊富
  • 小規模から大規模◎
  • 入職後のアフタフォローも万全
  • 資格を活かせる一般企業もあり

完全
無料
5ステップで
無料登録(30秒)

リンク先:https://hoiku.mynavi.jp/

☆まだ転職考えてなくてもOK!!
☆退会はいつでも可能

【保育園】保育士の配置基準はおかしいのは本当?

保育士の配置基準は園ではなく、厚生労働省によって正式に定められている

保育士の配置基準における現状について、解説します。

保育士の配置基準は厚生労働省で定められている

保育士における配置基準は、子どもを安全に保育するために定められた、保育士1人あたりに子どもを何人まで担当できるかの基準を指します。

保育士の配置基準は園ではなく、厚生労働省によって正式に定められていることが特徴です。

そのため、園の都合で無理やり配置基準を変更することは、原則として認められていません。

しかし現状、保育士の配置基準はおかしいと言われています。

理由は、保育士1人が配置される子どもの人数が、安全に保育できる数ではないからです。

今後は、保育士の配置基準が見直されるでしょう。

保育園の配置基準は少ない?子ども1人につき必要な保育士の人数

保育園の配置基準は少ない?

厚生労働省によって定められている保育士の配置基準とは裏腹に、現状は子ども1人につき必要な保育士の人数が少ない現状にあります。

厚生労働省が定めている、保育士の配置基準を年齢別に解説します。

  1. 【保育士の配置基準】0歳児の場合
  2. 【保育士の配置基準】1歳児の場合
  3. 【保育士の配置基準】3歳児の場合
  4. 【保育士の配置基準】4・5歳児の場合

【保育士の配置基準】0歳児の場合

0歳児の子どもを担当する場合、保育士1人に配置される子どもの人数は3人とされています。

そのため、原則3人以上の0歳児を保育士1人で担当することはできません。

【保育士の配置基準】1歳児の場合

1歳児の子どもを担当する場合、保育士1人に配置される子どもの人数は6人とされています。

0歳児と比べて、1歳児になると保育士1人が担当しなければいけない子どもの数が多くなっていることがわかります。

【保育士の配置基準】3歳児の場合

3歳児の子どもを担当する場合、保育士1人に配置される子どもの人数は20人とされています。

0歳児や1歳児などの乳幼児は保育が非常に大変であるため、3歳児と比べて人手が必要です。

しかし、3歳児の子どもの場合は乳幼児よりも人数が多くても保育に手を取られることが比較的少ないです。

そのため、乳幼児よりも配置される子どもの人数は多くなります。

【保育士の配置基準】4・5歳児の場合

4歳または5歳の子どもを担当する場合、保育士1人に配置される子どもの人数は30人とされています。

3歳児と比べて、4歳や5歳になるとある程度自立しているため、保育士1人が担当する人数も多くなります。

しかし現状、すべての子どもに手がかからないわけではありません。

子どもによっては保育の手が必要であるケースも考えられるため、子どもの人数に応じて保育士の数を多くする必要があります。

【海外】保育士の配置基準を国際比較

【海外】保育士の配置基準を国際比較

保育士の配置基準は、日本と海外で異なります。

世界中で数多くの保育所があるなかで、ここでは日本とイギリスの配置基準を比較します。

イギリスの保育士における配置基準

イギリスの保育士における配置基準は、次のとおりです。

保育士が必要な人数
0歳児〜2歳児子ども3人に対して保育士1人
2歳児〜3歳児子ども4人に対して保育士1人
3歳児〜5歳児子ども8人に対して保育士1人

イギリスでは、保育士が担当する子どもの数が少ないです。

そのため、安心かつ安全に子どもを見ることが可能です。

日本とイギリスの保育士における配置基準を比較

日本では保育士1人あたりに見れる子どもの人数が年齢ごとに区切られていますが、イギリスでは保育士1人が見なければいけない子どもの年齢幅が広いです。

また、保育士1人が担当する子どもの人数は、イギリスのほうが少ないことがわかります。

保育士1人が担当する子どもの人数が少なければ、より安全に保育ができるでしょう。

【歴史】保育士の配置基準はいつから設けられている?

保育士の配置基準は、1948年から定められています。

しかし1948年以降、現在にいたるまで何度か保育士における配置基準の見直しが実行されてきました。

保育士1人が見る子どもの人数は年々減っており、今後さらに配置基準における見直しが期待されています。

保育士の配置基準見直しとは?新制度について解説

2023年以降の保育士の配置基準

保育士の配置基準は、これまで何度か見直しされてきました。

しかし今後さらに、保育士の配置基準が見直されると見込まれています。

これまでの保育士の配置基準と、今後の見直しについて解説します。

2022年までの保育士の配置基準

2022年時点では、政府は待機児童問題を解決するために待機児童解消加速化プラン」を策定しました。

結果的に保育所の数が増えて待機児童の割合は少なくなったものの、保育士の数は変わらないままでした。

そこで政府は、保育士の人手不足を解消するために配置基準の規制緩和を行なったのです。

保育所等関連状況取りまとめ(平成30年4月1日)及び「待機児童解消加速化プラン」と「子育て安心プラン」集計結果を公表につ…

2023年以降の保育士の配置基準

2023年以降の保育士の配置基準では、すでに私立保育園においては保育士1人あたりが受け持つ子どもの人数が大幅に減っているのが現状です。

しかし公立保育園に関しては、いまだに保育士の配置基準が深刻化されていますが、今後は保育士への処遇改善なども含めてさらに配置基準の見直しが検討されることが期待されています。

関連記事

「どんなときに保育士の仕事が辛いと感じる?」「保育士の仕事が辛くて辞めたいと感じたときの対処法はある?」「保育士の仕事が楽しいと感じる瞬間はいつ?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、保育士の仕事にお[…]

保育士が辛い

保育士の配置基準がきついときは転職も視野に入れておこう

万が一あなたが所属する保育園で決められた配置基準がきついと感じるなら、転職を視野に入れることも重要です。

保育士の転職では、求人サイトなどを利用すればあなたの希望条件に合った求人を紹介してもらいやすくなります。

今あなたが保育士の配置基準がきついと悩まされているなら、まずは転職サイトに登録して気になる求人を見つけるのがおすすめです。

配置基準を守っている職場を探すなら転職サイトがおすすめ!

転職サイトを利用することで、保育士向けの求人情報を収集することができるうえに、履歴書や職務経歴書の作成のサポート、面接対策などまで完全無料でしてくれます。

保育園や幼稚園、施設など様々な業種の求人情報が掲載されており、自分に合った求人情報を探すことができます。

しかし、転職サイトを利用する際には注意が必要です。

掲載されている求人情報はすべて信頼できるとは限りません。また、自分に合った求人が見つからない場合もあります。

アドバイザー
転職サイトを利用する際には、求人情報の信頼性を確認し、自己分析をすることが大切です。
→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年2月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\保育士から異業種◎/
マイナビ保育士
マイナビ保育士
21,000件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・異業種への転職なら王道の転職サイト
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://hoiku.mynavi.jp/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/

転職サイトの仕組み

マイナビ保育士|大手だからこその安心感と信頼性


マイナビ保育士
「マイナビ保育士」は大手人材会社の「マイナビ」が運営するサービスで、大手だからこその求人をトップクラスで保有しています。

マイナビ保育士のキャリアアドバイザーが職場に直接訪問して厳選した求人をご紹介します。

そのため、他よりもミスマッチない新しい職場選びができるのが特徴です。
転職の流れはじめての転職にも強い転職サイトで、以下の方におすすめです。
・異業種に転職も視野に入れたい
・1日の一部の時間を休みたい
・前職はサービス残業が多かった
・パートのお給料では少なすぎる
・小規模の保育園がいい
相談だけでも無料なので、少しでも気になる方はまずは登録だけでもしてみてください。
案件数17,000件(2024年2月)
最大の特徴登録しておいて損はなし!!
  • 保育の仕事が初めてでもOK
  • 時間固定・パートもOK
  • 退職交渉もサポート

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://hoiku.mynavi.jp/

☆年収UPも期待
☆プライベートの融通が効く

マイナビ保育士の口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「マイナビ保育士の口コミや評判は良い?」「マイナビ保育士を利用するメリットとデメリットは何?」「マイナビ保育士はどのような流れで利用する?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、マイナビ保育士の口コミや[…]

マイナビ保育士

保育士ワーカー|保育士が支持する保育士転職サイト


保育士ワーカー
保育士ワーカー」は、保育園、幼稚園、院内保育、企業内など数万件を超える求人を無料でご紹介してくれる転職サイトかつ、高給与で残業少ないなどの求人が多いのが特徴です。

また利用した保育士のユーザー満足度は97%と高い支持率を得ています。

求人数が多いので、とりあえず色んな求人をチェックして、良さそうな求人があったら応募したいし、転職を考えてみたいという方におすすめです。

保育士ワーカー
また、保育士ワーカーの登録者数は約30万人を超え、現役保育士の3人に1人が登録しているとされているほど保育士に人気の転職サービスです。
動画で見る
案件数42,649件(2024年2月)
最大の特徴派遣社員なら給与即払い制度あり
  • 保育士・幼稚園教諭向け
  • 満足度97%の脅威の数値
  • 全国の求人が見つかる!!

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://hoikushi-worker.com/

☆保育士ワーカーだけの求人が多い
☆年収交渉や面接対策◎

保育士ワーカーの口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「保育士ワーカーを実際に利用した人の口コミはある?」「保育士ワーカーの口コミや評判からわかるメリットやデメリットは何?」「保育士ワーカーを利用するまでの流れはどうすれば良い?」こんな悩みを抱えていませんか?こ[…]

保育士ワーカー

せんとなび保育|前払い・週払い制度あり


せんとなび保育|前払い・週払い制度あり

せんとなび保育」は、業界トップレベルの時給で給料の前払いもしく週払いができる転職サイトです。

また現場をよく知っているせんとなびのスタッフが在籍しているので、難しい人間関係の構築面もサポートしてくれます。

そのため、職場で何か嫌なことがあったりしたときは、職場に言いにくいこともあると思うので、その際はせんとなびのスタッフに相談できる環境が整っています。
案件数20,000件(2024年2月)
最大の特徴せんとなびのスタッフが職場との人間関係をサポート
  • 福利厚生が充実求人が豊富
  • 働きやすい環境をサポート
  • ママさんやシニアでもOK

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://st-navi.jp/hoiku/

☆週1日からOK
☆短時間の勤務でもOK

せんとなび保育の口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「せんとなび保育の口コミや評判は良い?」「せんとなび保育を利用する際のメリットとデメリットは何?」「どのような流れでせんとなび保育を利用すれば良い?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、せんとなび保育[…]

せんとなび保育の口コミ・評判

保育士向け転職サイトのおすすめ

保育士の配置基準のまとめ

現状、保育士の配置基準は厚生労働省によって定められているものの、実際には保育士が抱える子どもの人数への負担は非常に大きいです。

今後は保育士の配置基準に対する制度の見直しが期待されますが、待機児童問題や保育士の人手不足を考えると、まだまだ時間がかかりそうです。

アドバイザー

もしあなたが保育士の配置基準がつらいと感じるなら、転職も視野に入れると良いでしょう。あなたが一番働きやすい環境に身を置くことが、重要です。

関連記事

「なぜ保育士は人間関係のストレスを抱えやすいの?」「保育士が人間関係の悩みを抱えないためのポイントは何?」「保育士が人間関係の悩みを抱えたときの改善方法はある?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、保[…]

保育士の人間関係
→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年2月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\保育士から異業種◎/
マイナビ保育士
マイナビ保育士
21,000件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・異業種への転職なら王道の転職サイト
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://hoiku.mynavi.jp/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/