保育士転職サイトおすすめ人気比較ランキングTOP19!求人数や選び方も解説

「保育士の転職におすすめの転職サイトランキングは何?」

「それぞれの転職サイトの口コミや評判は良い?」

「保育士の転職サイトを利用するメリットとデメリットは何?」

こんな悩みを抱えていませんか?

具体的に心の声に耳を澄ませてみると…

  1. キャリアの不安
    「保育業界での長い経験を活かせる新しい職場は見つかるのか、それとも全く新しい分野に挑戦すべきか、どちらが自分のキャリアにとって最善なのか分からない」
  2. 給与と労働条件
    「新しい職場では、現在よりも良い給与や労働条件を望めるだろうか。保育士の仕事は情熱を持っているが、経済的な不安も大きい」
  3. ワークライフバランス
    「子どもたちへの愛情と献身は変わらないが、プライベートの時間も大切にしたい。新しい職場でワークライフバランスを保てるだろうか」
  4. 職場の人間関係
    「新しい職場の人間関係や職場文化に馴染めるか、特に保育業界ではチームワークが非常に重要だ」
  5. 専門性と研修の機会
    「専門性をさらに高めたいが、新しい職場で十分な研修や学習の機会が得られるのか心配だ」
  6. 保育の質へのこだわり
    「保育の質を維持し、子どもたちに最高のケアを提供することへの責任感があり、新しい環境でそれを継続できるかどうかが気がかり」

そこで、この記事では、あなたにぴったりな職場を見つけることができる保育士の転職におすすめの転職サイトを紹介しています。

アドバイザー
最後まで読むことで、保育士の転職サイトを登録してから転職までの流れについても知ることができるので、安心して楽に転職活動ができるはずです!

保育士転職サイトの使い方

目次

保育士におすすめの転職サイト比較表

以下の表は保育士のおすすめ転職サイトを「求人数」「特徴」「料金」「おすすめの求人」「運営会社」でまとめた比較図です。

サイト保育士ワーカー

保育士ワーカー

保育のお仕事

保育のお仕事

保育士バンク

保育士バンク

保育求人ガイド

保育求人ガイド

せんとなび保育

せんとなび保育

保育士コンシェル

保育士コンシェル

ジョブデポ保育士

ジョブデポ保育士

ヒトシア保育

ヒトシア保育

ミラクス保育

ミラクス保育

公式HP保育士ワーカー保育のお仕事保育士バンク保育求人ガイドせんとなび保育保育士コンシェルジョブデポ保育士ヒトシア保育ミラクス保育
概要年収アップの割合が8割超えかつ優良求人が多い非公開の求人が多く、希望に合った求人が見つかりやすい経験年数が少ない人、未経験でも応募可能な求人が多い全国各地の保育士求人を確認できる給料の前払いや週払いが可能な転職サイトラインで転職の相談ができるためラクチン関東圏の求人が多い全国各地の求人が多く、非公開求人は優良ばかり第二新卒向けの求人が多く雇用形態を選べる
求人数42,649件18,000件以上49,381件20,000件以上20,000件3,433件28,070件39,230件65,000件
非公開求人あるあるあるないあるあるあるあるある(29,737件)
厚労省適正認定事業者
エリア全国各地全国各地全国各地全国各地全国各地首都圏、東海、関西、中国、四国、九州、沖縄全国各地全国各地東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
利用料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
詳細公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

保育士におすすめの転職サイトランキングTOP20

保育士の転職におすすめの転職サイトランキングを紹介します。

→横スクロールできます

人気サイトランキング求人数
(2024年4月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\累計40万人が利用◎/
保育士バンク!
保育士バンク!
59,982件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・LINEだけで転職活動ができる
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://www.hoikushibank.com/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/

  1. 第1位:保育士ワーカー
  2. 第2位:保育のお仕事
  3. 第3位:保育士バンク
  4. 第4位:保育求人ガイド
  5. 第5位:せんとなび保育
  6. 第6位:保育士コンシェル
  7. 第7位:ジョブデポ保育士
  8. 第8位:ヒトシア保育
  9. 第9位:ミラクス保育
  10. 第10位:保育士人材バンク
  11. 第11位:ほいく畑
  12. 第12位:クリックジョブ保育
  13. 第13位:サクシード
  14. 第14位:ほいてんサーチ
  15. 第15位:保育エイド
  16. 第16位:リスジョブ
  17. 第17位:ほいくジョブ
  18. 第18位:ジョブメドレー保育
  19. 第19位:保育Fine!

第1位:保育士ワーカー

保育士ワーカー
保育士ワーカー」は、利用者の8割が年収アップに成功するというほど交渉力に強い転職サイトかつ、優良求人が多いのが特徴です。

また保育士ワーカーの魅力は平日の面接同行が9割であることも魅力で、利用した保育士のユーザー満足度は97%と高い支持率を得ています。

求人数が多いので、とりあえず色んな求人をチェックして、良さそうな求人があったら応募したいし、転職を考えてみたいという方におすすめです。

案件数42,649件(2023年4月)
最大の特徴派遣社員なら給与即払い制度あり

公式サイトはこちら

第2位:保育のお仕事

保育のお仕事

保育のお仕事」は、保育士および幼稚園教諭の転職に特化した支援サービスです。

非公開の求人情報も多く取り扱っているため、あなたの希望条件に合った保育園が見つかりやすいことが魅力です。

また、希望する保育園の内部情報を応募する前に確認できることも、保育のお仕事ならではの特徴でしょう。

履歴書の書き方も以下を参考にしながら転職サイトの応募をしましょう。

履歴書の書き方

案件数不明
最大の特徴派遣社員なら給与即払い制度あり

公式サイトはこちら

第3位:保育士バンク

保育士バンク

保育士バンク」は、ブランクのある保育士や初心者でも気軽に応募できる求人を多く取り扱っています。

そのため、はじめて保育士を目指す人や、以前保育士として働いていた人でも求人を見つけやすいです。

保育士バンクを利用することで、転職フェアにも参加しやすくなるため、転職活動における視野が広がるのも魅力です。

また旅行やプライベートも充実させたいような保育士に特におすすめで長期休暇の求人特集もあるので、ぜひチェックしてみてください。

長期休暇の求人特集

案件数不明
最大の特徴プライベートを充実させたい保育士向け

公式サイトはこちら

第4位:保育求人ガイド

保育求人ガイド

保育求人ガイド」は、全国ほとんどの都道府県で求人を保有している大手転職サイトです。

保育求人ガイドでは、派遣利用でも退職金などの福利厚生が整っています。

派遣として働く際の福利厚生は以下の通りです。

派遣として働く際の福利厚生

また、保育士派遣の詳細は以下の通りです。

  1. 退職金制度:1人あたり平均15万円を支給(2021年実績)
  2. 1年ごとに時給アップ:3%アップ、時給1,500円なら3年後に135円アップで1,635円
  3. ボーナスを時給:1時間あたり20円を時給に上乗せ
案件数不明
最大の特徴保育士の派遣で長期的に働きたい人

公式サイトはこちら

第5位:せんとなび保育

せんとなび保育|前払い・週払い制度あり

せんとなび保育」は、業界トップレベルの時給で給料の前払いもしく週払いができる転職サイトです。

また現場をよく知っているせんとなびのスタッフが在籍しているので、難しい人間関係の構築面もサポートしてくれます。

そのため、職場で何か嫌なことがあったりしたときは、職場に言いにくいこともあると思うので、その際はせんとなびのスタッフに相談できる環境が整っています

案件数20,000件(2023年4月)
最大の特徴せんとなびのスタッフが職場との人間関係をサポート

公式サイトはこちら

第6位:保育士コンシェル

保育士専門コンシェル|”厚生労働省認可”の保育求人のみ
保育士コンシェル」は、厚生労働省認可の保育求人のみ紹介している保育士専門転職サイトです。

LINEで気軽に転職の相談ができるので、忙しい人でも利用できるのがおすすめです。

LINEで気軽に転職の相談
LINEのトークルームで最新かつ、他の転職サイトでは紹介されてないような非公開求人を紹介してくれるので、レアな求人が豊富です。

LINEで気軽に転職の相談
対象の保育士は「東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県」で、「来年度開園する非公開情報」「新規開園の園長募集」など保育園運営者からの非公開求人を紹介してくれます。

時間をかけず希望の保育園に転職したい方におすすめの転職サイトです。

案件数不明
最大の特徴LINEで気軽に転職ができる

公式サイトはこちら

第7位:ジョブデポ保育士

ジョブデポ保育士|国内トップクラスの求人数
ジョブデポ保育士」は、求人件数No.1の保育士専門転職サイトです。

なかでもたくさんの「オープニングの保育士求人」を取り扱っています。

オープニングの保育士求人
対象の保育士は「東京都、千葉県、埼玉県、横浜市、川崎市」で、人気の小規模保育園から好待遇の認可保育園まで希望条件にぴったりの仕事をスピーディーに紹介してくれます。

定員30名の小規模保育園から認可保育園まで紹介してくれるのも特徴です。

案件数28,070件(2023年4月)
最大の特徴求人件数No.1

公式サイトはこちら

第8位:ヒトシア保育

ヒトシア保育

ヒトシア保育」は、全国各地の保育士の求人を取り扱っており、求人数も約4万件と数の多い転職サイトです。

とくに非公開求人が多く、登録をしてはじめて見ることができる求人もあります。

また、コンサルタントの交渉力が高いのも特徴であり、細かい就労条件を決めることも可能です。

自分に合う保育士の職場を見つけることができるため、こだわって転職したい人は利用をおすすめします。

案件数39,230件(2023年6月現在)
最大の特徴就労条件を細かく設定できる

公式サイトはこちら

第9位:ミラクス保育

ミラクス保育

ミラクス保育」は、業界最大級の求人数を誇る転職サイトであり、求人数は6万件を越えます。

実務経験の少ない第二新卒向けの求人も多いため、スキルや経験がない人にもおすすめです。

ミラクス保育では、正社員や派遣だけではなく、パートやアルバイトなど、さまざまな雇用形態の求人も含んでおり、自分に適した働き方を見つけることができます。

転職活動が不安だとしても、安心して自分にあう職場を見つけられるため、利用してみましょう。

案件数65,000件(2023年6月現在)
最大の特徴第二新卒の求人も多い

公式サイトはこちら

第10位:保育士人材バンク

保育士人材バンク

保育士人材バンク」は、全国各地の保育士に関する求人を閲覧できる転職サイトであり、とくに関東圏の求人が多いです。

保育士専門のコンサルタントがつくため、保育士にとっても転職活動が進めやすく、最短で3日で内定をもらうこともできます

すばやく転職活動をおこない、すぐに職場を変えたい場合はおすすめの転職サイトです。

保育士の転職市場に詳しいコンサルタントが在籍しているため、安心して転職活動ができます。

案件数23,027件(2023年6月現在)
最大の特徴最短3日で内定

公式サイトはこちら

第11位:ほいく畑

ほいく畑

ほいく畑」は、保育士に特化した転職サイトであり、とくにブランクがある人向けの求人が多いです。

また、未経験可の求人も多く、無資格の人でも保育士を目指すことができます

求人数は少ないですが、細かいニーズに答えることのできる求人ばかりのため、ブランクがあり、未経験の人は参考にしてください。

案件数3,930件(2023年6月現在)
最大の特徴ブランクありの人でも安心

公式サイトはこちら

第12位:クリックジョブ保育

クリックジョブ保育

クリックジョブ保育」は、全国各地の保育士求人を揃えている転職サイトです。

しかし、登録しなければ求人数を確認することができないため、まずは登録することをおすすめします。

クリックジョブ保育は、給料25万円や賞与4ヶ月分など、好条件の求人を多くそろえているため、年収を上げたい人向けです。

また、コンサルタントが一人ひとりに寄り添って転職活動をサポートしてくれるため、転職活動に不安を覚えている人も安心して転職活動ができます

案件数非公開求人
最大の特徴好条件の求人が多い

公式サイトはこちら

第13位:サクシード

サクシード

サクシード」は取り扱っている求人がほとんど非公開の転職サイトです。

男性保育士や学童指導員など、詳細な条件に分かれて保育士用の転職サイトを運営しています。

求人の多くが非公開ですが、会員登録すれば確認できるようになるため、まずは登録してみるのもおすすめです。

案件数28,000件以上(2023年6月現在)
最大の特徴非公開求人が多い

公式サイトはこちら

第14位:ほいてんサーチ

ほいてんサーチ

ほいてんサーチ」は、スカウトメール形式に求人が送られてくる転職サイトです。

会員登録し、必要な項目を埋めればメールが送られてくるため、参考にしてください。

また、返信もテンプレートがあるため、一つずつ自分で返信内容を考える必要もありません

また、コラムも日々更新されているため、今すぐ転職をしたいわけではない人にも役立つ情報が多く、学習のために確認するのもおすすめです。

案件数72,831件(2023年6月現在)
最大の特徴スカウトメール形式

公式サイトはこちら

第15位:保育エイド

保育エイド

保育エイド」は、人間関係に悩みたくない保育士向けの求人サイトです。

職場選びに、人間関係を重視している人は多いでしょう。

実際に、求人の内容だけではなく職場内にいじめやハラスメントが起きていないか、内情を教えてくれるため、人間関係を良好にできる職場を見つけることができます。

また、LINEでいつでも気軽に相談できる点もメリットであり、働いた後も不安がある場合は、保育エイドに相談することが可能です。

案件数非公開
最大の特徴人間関係をよくできる

公式サイトはこちら

第16位:リスジョブ

リスジョブ

リスジョブ」は保育、医療、福祉関連の求人が閲覧できる転職サイトです。

閲覧できる求人数は20万件を越える大手転職サイトですが、保育士に特化した転職サイトではないため注意してください。

リスジョブに掲載されている求人は好条件の求人も多いため、自分にあっている求人をじっくりと選ぶこともできるでしょう。

困ったことがあれば、電話やLINEなどで面談もできるため、転職活動に不安を覚えている人にもおすすめです。

案件数200,000件以上のうち、保育士関連の求人は50,000件以上(2023年6月現在)
最大の特徴好条件の求人も多い

公式サイトはこちら

第17位:ほいくジョブ

ほいくジョブ

ほいくジョブ」は、保育士に特化した転職サイトであり、一般的な保育園や幼稚園だけではなく、院内保育など特殊な条件の求人も多数そろえています。

また、保育業界に詳しいコンサルタントが専属でつくため、安心して転職活動を進めることが可能です。

たとえば、面接の調整や職務経歴書の添削などもしてくれるため、初めて転職活動をする人にもおすすめできます。

案件数18,000件以上(2023年6月現在)
最大の特徴専任のコンサルタントがつく

公式サイトはこちら

第18位:ジョブメドレー保育

ジョブメドレー保育

ジョブメドレー保育」は、保育士専門の転職サイトであり、時短勤務や土日休みなどの求人も多く、ライフワークバランスを保てる転職をしたい人におすすめです。

会員登録すると、求人先からスカウトメールが届いたり、コンサルタントからおすすめの求人を紹介してもらえます。

時間がない人でも転職活動が進めやすいため、気軽に転職をしたい人向けといえるでしょう。

案件数23,000件以上(2023年6月現在)
最大の特徴時短勤務の求人も多数

公式サイトはこちら

第19位:保育Fine!

保育Fine!

保育Fine!」は、全国各地の保育園の求人を掲載している転職サイトです。

求人数は8,000件程度と少ないですが、検索機能が秀でているため、使いやすいという特徴があります。

とくに、駅近やアットホームな環境など、職場の特徴で求人を選ぶことも可能です。

自分にあった求人が見つかりやすいため、こだわって転職活動をしたい人におすすめできます。

案件数8,300件(2023年6月現在)
最大の特徴職場の特徴で検索できる

公式サイトはこちら

保育士の転職サイトの口コミを比較

保育士の転職サイトの口コミや評判について紹介します。

  1. 保育士ワーカーの口コミ・評判
  2. 保育のお仕事の口コミ・評判
  3. 保育士バンクの口コミ・評判
  4. 保育求人ガイドの口コミ・評判
  5. せんとなび保育の口コミ・評判
  6. 保育士コンシェルの口コミ・評判
  7. ジョブデポ保育士の口コミ・評判
  8. ヒトシア保育の口コミ・評判
  9. ミラクス保育の口コミ・評判

保育士ワーカーの口コミ・評判

ブランクがあっても働ける職場が見つかった
引用:みん評

評価: 4.57年ぶりの仕事復帰、しかも更年期により体力的にも不安を抱えながらの就活でしたが、私の多過ぎるくらにの条件にも見合うの職場を見つけてくれました。
就職してからも、不安はないか、不憫なことはないか、こまっていることはないかとまめに連絡していただき、悩みを解決できるようにいろいろ考えアドバイスして頂き、本当に頼もしかったです。

電話がしつこかった
引用:みん評

評価: 2まず電話で他のサイトを登録しないで下さいと言われます
すでにしてたので、その旨を伝えるとそちらには連絡しないでと言われました
後日、私用で電話に出れず、落ち着いた頃に携帯をみると
6件ほど着信がありました。

担当者がとても丁寧だった
引用:みん評

評価: 5基本的に熱くて細かいフォローをきちんとしてくれる担当さんがすごくいいです。結果的に、希望にかなり近い条件の職場に就職することが出来ました!

保育士ワーカーは、担当キャリアアドバイザーが丁寧に対応してくれる一方で、営業などに関する電話がしつこいと評判があることがわかります。

担当キャリアアドバイザーからの電話がしつこい場合は、運営に問い合わせてメールのみでのやりとりに変更してもらいましょう。

保育のお仕事の口コミ・評判

マメに連絡取れるのが良かった
引用:みん評

評価: 4親身に相談に乗ってくれました。保育士バンクで嫌だと言ってる求人をしつこく進められたからこっちにしたけど良かったです。口コミを見てるとマメに連絡をくれるのが嫌な人もいるかもだけど私は本当に転職したかったので不安がなくなって良かったです。

思ってた転職サイトではなかった
引用:みん評

評価: 2電話でのお仕事紹介に登録したのは
初めてです。
どんな内容で進んでいくのか
わからないまま登録してしまい
思っていたサイトではなく残念でした。

短期間で転職できた
引用:みん評

評価: 4アドバイザーの方もかなり熱心に支援してくれて、色々な求人を数多く紹介してもらえたのは嬉しかったです。おかげで短期間で転職できたのは、本当に力添えのおかげだと思っています。

保育のお仕事は、親身に対応してくれるキャリアアドバイザーがいる一方で、なかには雑な対応をする人もいることがわかります。

保育士バンクの口コミ・評判

転職サイトの凄さにびっくり
引用:みん評

評価: 3.5登録後、メールで連絡があり、その後電話で勤務地希望、仕事内容についての希望、時給等、こちらの希望をたくさん聞いてくれました。その後、希望に合った保育園の詳細を、メールで送ってくれました。また、保育園との面接の日程等についても調整してくれ、もし見学、面接して希望に合わない場合の保育園とのやりとりも、引き受けてくれると言われました。

急かされた
引用:みん評

評価: 3.5はじめは丁寧に話を聞いてくれ好印象でした。ですが、エージェントから紹介してもらった園に対して、今すぐには決められないでの検討したいというと、「え?給料と条件のいいところなら遠方でも応募したいって言いましたよね?」

サイトが使いやすそう
引用:みん評

評価: 3.5保育士の求人を探す為に色々なサイトを比較した上で、サイト自体が一番使いやすそうという理由で利用することに決めました。

保育士バンクは、サイトが見やすいため利用していてストレスがないことが大きな魅力です。

転職活動に取り組むうえで利用する転職サイトは、できるだけあなたが使いやすいものを選びましょう。

保育求人ガイドの口コミ・評判

非公開求人を特別に紹介してくれた

評価: 3.5「小規模な保育園、人間関係がいい所」などと、私の希望を聞いてサイトには載っていない、非公開求人をご紹介していただいたり、とても親身なサポートを行っていただきました。

年収が上がった

評価: 3.5面接調整もすぐにして下さり、面接のときは、担当の方が率先して質問に答えてくれたり、話し下手な自分にとってはすごくありがたかったです。 今回職場復帰をして、前職よりの年収も上がり、本当に登録してよかったと思いました。

保育求人ガイドは、非公開求人を紹介してくれたり、担当キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれる転職サイトであることがわかります。

求人数も多いですが、何より担当キャリアアドバイザーのサポート力に関する評判が良いです。

せんとなび保育の口コミ・評判

コンサルタントの感じがよい

評価: 5.0担当してくださったのは若い女性の方でしたが、とてもしっかりしていて優しい印象の話し方をされる人でした。 こちらの話をきちんと聞いてくれますが、無理な条件ははぐらかさずきちんと「その条件は厳しいと思います」と言ってくれて好感がもてました。

自分の希望どおりに転職できた

評価: 5.0とってもお世話になりました。最初から最後までずっと優しく丁寧に対応してくださいました。なかなかスムーズに決めたり面接の日程調整ができなかったのですが嫌な顔一つせず力になってくださいました。前の職場の人間関係が辛くての転職だったので優しくしていただき、人間関係に重視した保育園を探してくださって感謝しています。転職で迷っている方にはぜひオススメしたいです。

せんとなび保育は、担当となるコンサルタントの評価が高いです。

日程調整や希望職場の調査など、細かい部分まで調整してくれるところがせんとなび保育のメリットといえます。

保育士コンシェルの口コミ・評判

全国にないのが残念
引用:GATEN職

結婚して地方に行くことになりました。前の職場が、保育士コンシェルに紹介してもらったところでとてもよかったので、地方にも保育士コンシェルがあればいいのにと思いました。首都圏中心だけでなく、全国にサービス展開してほしいと思います。

向いている職場を教えてくれた
引用:GATEN職

保育園で働いていたのですが、仕事内容が不満で、自分は保育士に向いていないのかな、とあきらめかけていました。そんな時、保育士コンシェルのコンサルタントにやりたいことを相談したところ、幼児教育の仕事が向いているではないかと言われ、紹介してもらいました。確かにそうだったようです。おかげさまで仕事の不満が減り、毎日充実しています。

保育士コンシェルは、首都圏を中心としているため地方での職場を探している人には不向きな転職サイトです。

しかし、所属しているコンサルタントは求職者の希望に合わせた職場を紹介してくれるため、首都圏で転職したい人は使用してみるのもよいでしょう。

ジョブデポ保育士の口コミ・評判

求人情報が多く、祝金ももらえます。
引用:みん評

評価: 4.0求人情報がとても多かったので、色々と比較しながら応募したい園を絞っていくことができました。また、夫が転勤族で小さい子供がいることもあり、フルタイムでの長期間就労が難しかったので、正社員としての入社は考えていませんでした。
ですからパートタイム労働での勤務で探していたのですが、割と条件の良い園を見つけられて満足しています。時短なので無理なく働けると思います。
また、このサイトの場合、正社員以外の入社でも祝金をもらうことができ、とても魅力的でした。

少し使いづらいけどいいところもある
引用:みん評

評価: 3.0転職活動の際に登録してみたのですが、アドバイザーの人が紹介してくれる以外の求人は自分たちで探そうとするとやや検索方法が面倒臭かったです。そのため思ったような希望で求人を見つけられなかったり、見つけても詳細はホームページ上ではあまり確認できなかったので、そういうところは少し使いづらいかなと思うところも多かったですね。アドバイザーの人も保育士事情にあまり詳しくなかったのでやり取りの際にちょっと意見が合わない部分もありましたが、求人を紹介してもらった際には具体的な情報をしっかり教えてくれたのでそこは良かったかなと感じました。

ジョブデポ保育は、正社員以外での入社も祝い金を受けとることができます。

そのため、さまざまな雇用形態で働きたい人におすすめです。

また、担当となるコンサルタントによっては保育業界に詳しくない場合もあります。

ヒトシア保育の口コミ・評判

詳細に教えてくれる
引用:CAREERECO

評価: 5.0保育士という専門職で転職するには1人だけではとても不安だったので初めて転職サービスを使ってみました。正直なところ不安でしたが、お仕事の担当者の方はとにかく現場に精通していたのでとても信頼できました。
現場のことや仕事内容に関してかなり詳しい情報を教えてくれたので、しっかりした基準で転職先を選ぶことが出来ました。最終的に希望していた転職先に行くことが出来たので、ヒトシア保育にはとても感謝しています。

コーディネーターがとにかく親切
引用:CAREERECO

評価: 3.0以前働いていた職場を退職する際に、きっかけとしてヒトシア保育へ登録しました。
本職の合間で空いている休憩時間を利用しながら転職活動をしました。いろんな現場・働いている人たちと触れ合えますし、自分の勉強になると感じました。
実際転職後の職場は、前職よりも良い条件で働くことが出来ました。
コーディネーターの方々は概ね親切で大人の対応をして下さってます。
役に立つコラムなども積極的に配信して下さるので、登録解除はせず、使い続けます。

ヒトシア保育では、コンサルタントが保育園の内部事情など詳細について詳しく知っているため、転職活動も安心して進めることができます。

前職よりもよい条件で転職することも可能なため、詳細を知った上で転職したい人は、登録してみるのもおすすめです。

ミラクス保育の口コミ・評判

おすすめの転職サイト
引用:cheeese

評価: 5.0こちらのサービスを使ってみて知り合いの保育士の転職活動をお手伝いさせて頂きましたがとても良いサービスでした。
保育士のお仕事の案件数もとても多くてとてもおすすめなのでぜひ、保育士志望の方は使ってみて下さい。

求人数が多い
引用:cheeese

評価: 5.0保育士限定の求人サイトになります。
求人数もかなりあるので保育士の方の転職に必ず役立つと思います。サイトが苦手な方には電話対応もありますので誰でも簡単に扱えると思いました。
サイトも見やすくていいと思います。

ミラクス保育は、サイトとしての使いやすさも評価が高く、求人数も多いため多くの人に使われています。

求人数が多いため自分に合っている職場も見つけやすく、転職活動も進めやすいです。

さまざまな求人を見てから選択したい場合は、ミラクス保育に登録するとよいでしょう。

【条件別】おすすめの保育士転職サイト

保育士転職サイトには、さまざまな求職者の希望条件に合わせたサイトが多数存在します。

たとえば、残業が少ない職場や今すぐに転職したい人向けのサイトなどさまざまです。

簡単に、条件別におすすめの転職サイトを以下の表にまとめたため確認しましょう。

条件

おすすめの転職サイト
残業少なめ保育士人材バンク
すぐに転職可能保育士ワーカー
正社員以外の雇用形態がよいマイナビ保育士
ブランクOK保育士ワーカー
未経験可保育士バンク
年収アップ保育士ワーカー
地方での転職保育士バンク

転職する際は、自分に合っている条件で職場を探すのがおすすめなため、条件別に転職サイトを登録してみましょう。

【職場別】おすすめの保育士転職サイト

保育士は、保育園だけではなくさまざまな施設で働くことができます

たとえば、認定こども園や企業内保育所など、保育士が活躍できる施設はさまざまです。

以下に、施設別におすすめできる転職サイトについて表にまとめたので、参考にしてください。

施設

おすすめの転職サイト
保育園保育士バンク
認定こども園ヒトシア保育
企業内保育所マイナビ保育士
院内保育所ほいくジョブ
小規模保育所せんとなび保育

人によって働きやすい施設の規模や内容は異なるため、自分に合っている施設で働ける転職サイトを選びましょう。

【地域別】おすすめの保育士転職サイト

転職サイトによっては、地域によって掲載している求人数が異なります。

たとえば、全国各地の求人を掲載している転職サイトもあれば、首都圏限定で求人を掲載している転職サイトもあるため、地域によって登録すべきサイトは異なるでしょう。

以下に、首都圏メインで求人を紹介している転職サイトと、全国各地の求人を紹介している転職サイトの2つに分けた表を掲載します。

首都圏以外の職場を探している方は参考にしてください。

地域

おすすめの転職サイト
首都圏メイン保育士コンシェル、ジョブデポ保育
全国各地マイナビ保育士、保育求人ガイド、ヒトシア保育、クリックジョブ保育

保育士におすすめの転職サイトの選び方

保育士の転職エージェントやコンサルタントで失敗する人は、多いです。

保育士の転職エージェント選びで失敗しないための選び方は、次の4つです。

  1. 求人数を確認しよう
  2. 口コミや評判を確認しよう
  3. 転職サポートを比較しよう
  4. エリアに合わせたサイトを選ぼう
  5. 保育士の転職に強いエージェントを利用しよう
  6. 希望条件を定めておこう

求人数を確認しよう

紹介を受けられる保育士の求人数は、利用する転職エージェントによって異なります。

大手転職エージェントであれば比較的求人数を豊富に取り扱っていますが、中小規模の場合取り扱っている求人数が少ないです。

さまざまな求人を比較して転職活動を成功させるためにも、できるだけ求人数が多い転職エージェントを利用するのがよいでしょう。

そのためには、気になる転職エージェントの求人数を確認することが大切です。

口コミや評判を確認しよう

利用する転職エージェントによっては、担当キャリアアドバイザーの対応が丁寧でないケースや紹介される求人が納得いかないところばかりであることも考えられます。

失敗しない転職エージェント選びをするためには、あらかじめ口コミや評判を確認することが大切です。

たくさんの口コミや評判を比べ、あなたに合った転職エージェントを利用しましょう。

転職サポートを比較しよう

転職サイトには、さまざまな転職サポートが提供されています。

登録する転職サイトによって受けられるサポートは異なるため、複数のサイトを比較検討し、自分に合っているサイトを選ぶことが大切です。

たとえば、転職サポートには職務経歴書の添削や面接対策など、さまざまなサポート内容が含まれています。

転職活動をする際に、「こんなサポートがあったらよいな」と思えるサポートが含まれているか、確認してから登録しましょう。

エリアに合わせたサイトを選ぼう

転職サイトによっては、自分が住んでいるエリアではないエリアに特化しているサイトもあります。

たとえば、地方に住んでいる方が東京や関東圏内に特化している転職サイトを選んでも応募できる求人は少ないです。

転職を成功させるためには、自分のエリアに合っている求人を見つけることが必要となります。

転職したい場所や住んでいる場所に合わせて、転職サイトを選ぶことが転職を成功させるコツです。

保育士の転職に強いサイトを利用しよう

転職サイトによっては、保育士の求人に特化しているものとそうでないものがあります。

あなたが保育士の転職を希望しているなら、できるだけ保育士の転職に強い転職サイトを利用するのがおすすめです。

理由は、保育士の転職に強い転職サイトを利用すれば、保育士転職の実績もあり成功しやすいからです。

そのため、できるだけ保育士の転職に特化した転職サイトを利用することを理解しておきましょう。

希望条件を定めておこう

保育士の転職をする際、給与アップや土日休みなどの希望条件を定めておくことで、あなたに合った保育園を紹介してもらいやすくなります。

今の時点で、保育士の転職における希望条件が定まっていないのであれば、まずはどのような条件であれば転職できるか明確にしておきましょう

希望条件が定まっていれば、求人探しも容易です。

勤務地や出勤時間、給与など譲れない条件をいくつかピックアップし、自分にあった求人を見つけてください。

【保育士必見】転職サイトで転職を成功させる方法

転職サイトで転職を成功させるためには、以下8つの方法があります。

  1. 転職理由や履歴書を明確にする
  2. 譲れない条件を決める
  3. 転職サイトは掛け持ちする
  4. 職場の内部情報を詳細に効く
  5. 年度初めまでに退職する
  6. 保育士用の転職イベントなどに参加する
  7. 口コミを参考にする
  8. 自分に合うキャリアアドバイザーを見極める

転職サイトは、転職活動を進める上で重要なツールではありますが、使い方によっては失敗してしまう可能性も高いです。

そのため、転職サイトを利用しながら転職を成功させるために、成功方法について確認しましょう。

転職理由や履歴書を明確にする

転職理由や履歴書を明確にすることで、転職の軸が定まるため転職に成功しやすくなります。

転職理由が明確でないと、「なぜここに転職したいのか?」「そもそも何故転職したいのか?」が分からなくなり、自分に適した職場が見つかりません。

また、採用面接でも納得のできる回答ができず、失敗してしまうでしょう。

転職を成功させるためには、最低限なぜ転職するのか理由を決めることが大切です。

譲れない条件を決める

転職活動を進める上で、譲れない条件を決めることが転職活動の軸となります。

たとえば、以下のように条件を定めましょう。

  • 家から近い場所
  • 小規模な保育園
  • 人間関係が良好
  • 持ち帰りの仕事が少ない
  • 年収を上げたい

自分にとって譲れない軸を決めるだけで、転職活動を有利に進めることができます。

また、希望とする条件を1つ決めることで、たくさんある求人から自分に適した求人も見つけやすくなるでしょう。

転職サイトは掛け持ちする

転職サイトは1つだけではなく複数登録することをおすすめします。

なぜなら、複数登録することで求人を網羅することができるからです。

また、担当となるコンサルタントも異なるため、コンサルタントがかわることでさまざまな視点から転職活動を進めることもできます。

しかし、いくつも登録しすぎると求人の選別やコンサルタントとの面談に時間がとられてしまうため、2~3個程度のサイトに登録するのがおすすめです。

職場の内部情報を詳細に聞く

転職サイトを利用して転職する場合は、入社したい職場の情報を詳細に聞くことも成功の秘訣です。

転職で成功させるために重要なことは、「思っていたような職場じゃなかった」とならないことが大切であり、そのためには内部の情報を詳しく知る必要があります。

転職サイトによっては詳細に内部事情を教えてくれるサイトもあるため、担当となるコンサルタントに聞いてみるのもよいでしょう。

年度初めまでに退職する

保育士は、年度ごとに担当となる園児が変わるため、年度初めまでに退職することで完璧な状態で引継ぎをおこないましょう。

年度が始まってすぐに退職してしまうと、園児や保護者に迷惑がかかってしまいます。

しかし、どうしても今すぐ辞めたい心境になることもあるかもしれません。

そんな場合は職場と相談し、休職を間にはさみつつ辞めるなど、臨機応変に対応してください。

保育士用の転職イベントなどに参加する

保育士用の転職イベントも多数あるため、転職を成功させるためには積極的に参加しましょう。

保育士用の転職イベントは、職場によってはその場で書類選考してくれることもあるため、転職活動を進めたい人におすすめのイベントです。

しかし、転職サイトによっては開催していないこともあるため、イベントに参加したい場合は、イベントを開催している転職サイトを確認するようにしましょう。

口コミを参考にする

口コミを参考にしながら転職活動を進めることで、転職を成功に近づけることができます。

就職したい職場の口コミを参考にするのもおすすめですが、一番は転職サイトの口コミを参考にすることです。

転職サイトは、各サイトそれぞれ特徴が異なるため、検索がしにくかったり担当となるコンサルタントが合わないこともあります。

そのため、口コミを参考にしながら自分に合う転職サイトを選び、登録しましょう。

自分に合うキャリアアドバイザーを見極める

担当となるコンサルタントが自分と合わない場合、転職に失敗する可能性は高いです。

たとえば、はっきりと評価されると傷つきやすい人に、明確に伝えるタイプのコンサルタントは合いません。

人それぞれ適切なコンサルタントは異なるため、自分に合うコンサルタントを見極めて、転職活動を進めましょう

仮に合わないと判断した場合は、運営に相談し変更してもらうのも手です。

保育士の転職サイトを利用するメリット

保育士の転職サイトを利用するメリットは、次のとおりです。

  1. 一般では公開されていない非公開求人情報がわかる
  2. 応募書類の添削や面接対策などのサポートが万全である
  3. 給与の単価交渉などを行なってくれる
  4. 希望条件に合わせた保育園選びについて相談できる
  5. 職場の情報を教えてもらうことができる

一般では公開されていない非公開求人情報がわかる

保育士の転職サイトを利用すれば、一般で公開されている求人情報はもちろん、非公開の求人情報にも触れられます

非公開の求人情報に触れられると、転職先の幅が広がるため納得のいく転職活動に取り組みやすくなります。

また非公開の求人情報では、あなたの希望する働き方の条件に合ったものも見つかりやすくなるため、転職活動の視野を広げられるのもメリットです。

応募書類の添削や面接対策などのサポートが万全である

転職サイトによっては、応募書類の添削や面接対策など、転職活動を成功させるためのサポート体制が整っています

担当のキャリアアドバイザーが、あなたの転職成功をサポートしてくれるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

転職に不安を抱えている方こそ、転職サイトはおすすめです。

転職サイトによっては、面接への同行を行ってくれるところもあるので、転職サイトを掛け持ちして比較すると良いでしょう。

給与の単価交渉などを行なってくれる

転職サイトを利用すれば、担当のキャリアアドバイザーがあなたが保育士として働くうえで希望する給与の単価交渉を行ってくれます。

あらかじめ面談を行ない、希望する給与の単価などを相談できるのが転職サイトの良さです。

自分の望む給与を求めることができるので、一度相談してみるのもよいでしょう。

気になる求人があったとしても、給与が少ないと感じて一歩踏み出せないなんてことを防げるのが、転職サイトを利用するメリットです。

希望条件に合わせた保育園選びについて相談できる

もしあなたが、土日休みや完全週休二日制の保育園を見つけられないなら、転職サイトを利用すると良いでしょう。

なぜなら、転職サイトを利用すればあなたの働き方などの希望条件に合わせた保育園選びができるからです。

担当キャリアアドバイザーがあなたの希望する条件を聞き、希望条件に沿って求人を紹介してくれます。

納得のいく転職活動を行うためにさまざまな相談ができることが、転職サイトを利用する大きなメリットです。

職場の情報を教えてもらうことができる

転職サイトを利用することで、職場の情報を教えてもらうことができます。

自分で転職活動をする場合、求人情報しか見ることができませんが、コンサルタントとともに転職活動をおこなえば、職場の内情や評価を知ることも可能です。

転職活動を成功させるために大切なことは、給料や待遇だけではなく、働く環境も大切となります。

そのため、職場の情報を教えてもらえることは、転職サイトの最大のメリットといえるでしょう。

保育士の転職サイトを利用するデメリット

保育士の転職サイトを利用するメリットがある一方で、デメリットは次のとおりです。

  1. 電話やメールなどの連絡がしつこい
  2. 担当者が合わないとスムーズに転職活動ができない
  3. 転職サイトによって公開されている求人の条件に差がある
  4. 自分のペースで転職活動ができない
  5. 希望どおりではない求人が紹介される可能性もある

電話やメールなどの連絡がしつこい

保育士の転職サイトに登録すると、担当キャリアアドバイザーから求人紹介などに関する営業の電話やメールが届きます。

たくさんのメールがくるため、どれに反応すればよいのか分からなくなる点にわずらわしさを感じることもあるでしょう。

利用する転職サイトによっては、夜でもお構いなしに電話をかけてくるところもあるため、日常生活のなかでストレスを感じることがあるのがデメリットです。

もし営業の電話にストレスを感じるなら、運営に問い合わせて電話やメールを控えてもらうようお願いしましょう。

担当者が合わないとスムーズに転職活動ができない

転職サイトで担当を受けるキャリアアドバイザーによっては、相性が合わないこともあります。

相性の合わないキャリアアドバイザーが担当することで、あなたの希望条件に合った求人が見つかりにくくなることもあるため、スムーズに転職活動に取り組めなくなってしまいます。

できるだけ早い段階で希望の保育園を見つけるためにも、相性の良い担当キャリアアドバイザーと連絡を取り合うことが重要です。

もし担当キャリアアドバイザーがあなたと相性が合わない場合は、運営に問い合わせましょう。

転職サイトによって公開されている求人の条件に差がある

今では保育士の転職サイトが多く存在していますが、すべての転職サイトが同じ求人の条件であるとは限りません。

転職サイトによっては、公開されている求人の条件に差があるため、合う合わない問題が起こることもあります。

転職サイトを利用する際は、あらかじめ求人の条件を確認しておくと納得のいく転職活動に取り組めるでしょう。

保育士向けの転職サイトなら以下のような保育士の珍しい求人も取り扱っている可能性もあります。

求人の種類働く職場内容
海外保育園国外の保育園で働く異文化に触れることができ、語学力も身に付けられる
病院内保育施設病院内にある保育施設で働く病院職員の子供を預かるため、医療従事者との連携が重要
空港内保育施設空港内にある保育施設で働く空港利用者の子供を預かるため、多様な文化や言語に触れる機会がある
ホテル内保育サービスホテル内で提供される保育サービスで働く宿泊客の子供を預かるため、高い接客スキルが求められる
保育園付きシェアハウス保育園が併設されたシェアハウスで働く園児とその家族との距離が近く、コミュニティづくりに関われる
自然保育園自然を活かした保育を行う保育園で働く自然の中で子供たちと触れ合いながら、自然に関する知識やスキルも身に付けられる
クルーズ船保育スタッフクルーズ船内での保育サービスで働く船内で国際的な環境で働くため、語学力や対人スキルが重要

自分のペースで転職活動ができない

転職サイトを利用すると、どうしてもコンサルタントと都合を合わせる必要があり、自分のペースで転職活動を進めることが困難になります。

面談や面接練習などの時間も、コンサルタントと時間が合う日に調整されるため、自分の好きな時間に求人を探すことなどができません。

また、期日までに応募したい求人を決める必要もあるため、マイペースにゆっくりと転職を考えている人には向いていないでしょう。

自分なりに職場を探したいと考えている場合は、自分で求人を見つけて応募するのが望ましいです。

希望どおりではない求人が紹介される可能性もある

転職サイトによっては、希望にあっていない求人が紹介される可能性もあり、転職活動が上手く進まないこともあります。

自分の希望どおりの職場を見つけるためには、時間を掛ける必要がありますが、コンサルタントによっては無理矢理転職活動を進めることもあるでしょう。

そんなときは、きっぱりと断ったり、自分の希望をしっかりと伝えることが大切です。

自分の希望に合っている職場を見つけて転職を成功させるためにも、さまざまな方法を試しましょう。

保育士が転職する理由

保育士が転職するおもな理由として、以下5つあります。

  1. 給料が低い
  2. 残業が多い
  3. 思った以上に重労働
  4. 職場の環境や雰囲気が自分に合っていない
  5. 保護者との関りが苦手

給料が低い

給料が低く、モチベーションが上がらずに辞める人も多いです。

保育士は土日や祝日も働くことが多い一方、給料が上がりにくい職場でもあるので、仕事量に合っていないことに不満を抱くこともあるでしょう。

給料が高ければよいわけではありませんが、仕事に対するモチベーションを上げるためにも給料は大切です。

そのため、自分の思い描いていた給与がもらえずに、辞めてしまう人もいます。

残業が多い

保育士は、親の代わりに子どものお世話をする仕事です。

保護者の仕事が長引いてしまえば、その分預かり保育の時間も長引き、残業が増えてしまいます。

また、イベントごとがあれば飾りつけや衣装の準備も保育士がしなければならず、家に仕事も持ち込むこともあるでしょう。

仕事量の多さに疲れてしまい、保育士を辞めてしまう人も多いです。

思った以上に重労働

保育士は、子どもを抱っこしたり重い荷物を持つことも多いです。

子どもは軽くはないため、毎日のように数人を抱っこすることで腰を痛めてしまうこともあります。

保育士を目指す際に、重労働であることは予想して目指しているはずです。

しかし、思った以上の重労働に体が追いつかず、辞めてしまう人もいます。

職場の環境や雰囲気が自分に合っていない

職場の環境や雰囲気は、入社してみないとわかりません。

入社後に思っていたような雰囲気ではなく、働きにくいと感じてしまい辞める人も多いです。

職場の雰囲気などは入社前に確認することが難しいため、入社後にギャップを感じてしまう人もいるでしょう。

あらかじめ見学したり、働いている従業員を見たりなどして、自分に合っている職場かどうかを見極めることも大切です。

保護者との関りが苦手

保育士は、子どもや従業員だけではなく保護者との関りも大切となります。

保護者のなかには、理不尽なことを言ってくる人もいるでしょう。

お互いに信頼関係を築けるよう、コミュニケーション能力が求められるのも事実です。

しかし、子どもや職場は好きでも、保護者との関わり合い方が難しく辞めてしまう人もいます。

保育士の転職の最新事情

保育士の転職の動向について、以下4つを紹介します。

  1. 保育士の離職率
  2. 保育士の平均年収・給与
  3. 保育士の転職がしやすい時期
  4. 保育士として働ける年代

保育士の離職率

厚生労働省が発表した「保育士の現状と主な取組」によると、保育士の離職率は全体で約9%となっています。

また、保育園は私営と公営の2種類があり、私営で約11%、公営で約6%の離職率です。

全体的にみると、保育士の離職率はそこまで高くありません。

しかし、私営保育園は公営保育園に比較して5%程離職率が高いため、保育施設によって働きやすさが変わるのも事実です。

保育士の平均年収・給与

厚生労働省が発表している「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、保育士の平均年収は364万円とされています。

平成29年では平均年収は340万円となっていたため、増加傾向といえるでしょう。

二年間で約20万円の増加がみられるため、今後も保育士の給料は上がると考えられています。

また、保育士の処遇改善手当も実施されているため、今後保育士の給料はますます上がるといえるでしょう。

保育士の転職がしやすい時期

保育士は教師と同様に一年ごとに担任がかわります。

そのため、年度末以降に転職するのがおすすめです。

年度末以降であれば引継ぎもおわり、新しい年度に変わる際に担任も変わるため、あとくされなく転職ができます。

年度末以降に転職するためにも、12月ぐらいから転職活動をはじめるとよいでしょう。

保育士として働ける年代

構成老翁相が発表した「保育士の現状と主な取組」によると、保育士の割合で多い年代は30代未満で全体の32.9%でした。

年代が上がるにつれて従業員の割合は下がりますが、40代や50代などのシニア世代でも保育士として働いています。

保育士は何歳でも働くことができるため、この年代で転職してもよいのだろうかと不安に思ってる人でも安心です。

結婚や育児などで離脱する人もいますが、30代以降から復職する人もいます。

保育士におすすめの転職先

保育士におすすめの転職先は、以下7つあります。

  1. 幼稚園
  2. ベビーシッター
  3. 保育ママ
  4. 認定こども園
  5. 学童
  6. 児童福祉施設
  7. 保育以外の企業

幼稚園

幼稚園で働くためには、幼稚園教諭免許が必要であり、保育士の資格だけでは働くことができません。

しかし、現在は保育士として3年以上働いていれば、幼稚園教諭になることができます。

また、保育士よりも幼稚園教諭のほうが給料は高く設定されており、勤務時間も短いことが多いです。

保育園と幼稚園では教えることや担当となる幼児の年齢が異なるため業務内容も変わりますが、就業時間や給与などが改善されるメリットもあります。

ベビーシッター

家庭内での保育を目的とした業務内容で、複数の子ども相手ではなく子ども一人に対して密接関わることができます

子どもは好きだけど、多くの子どもを相手にするのは疲れてしまうと考えている人は多いでしょう。

子ども一人ひとりに接することで保育したいと考えている人にはおすすめです。

また、働きながら育児をしている親も増えているため、ベビーシッターの需要は今後さらに高まるといえるでしょう。

保育ママ

保育ママとは、3歳までの児童を自宅内に預けて、保育する家庭福祉員のことです。

1人で3人までお世話をすることになり、最大8時間の保育時間となっています。

小規模の保育で子どもと密接にかかわりながら保育が可能です。

保護者や児童と深くかかわりながら保育に関わりたい人におすすめの職業といえるでしょう。

認定こども園

認定こども園は、保育園の働き方と異なります。

1日8時間のシフト制で、週休2日制のところが多いです。

給与は一般的な保育園と同等であることも多く、土曜保育がおこなわれているところもあるでしょう。

保育士の資格があれば働けるため、週休2日制で働きたい方に認定こども園はおすすめです。

学童

小学校1年生から3年生までの児童が、保護者が迎えにくるまで過ごす場所のことです。

保育園や幼稚園とは異なり、学童では子供のお世話をすることはありません

ドッジボールやおいかけっこなどのダイナミックな遊びや、宿題を見守るなどの業務がおもな業務内容です。

そのため、男性保育士の需要が高く、子どもの成長を見守りたいと考えている人に向いているでしょう。

児童福祉施設

児童福祉施設とは、乳児院や児童養護施設などの施設のことを指します。

児童福祉施設で働くためには保育士の資格が必要です。

たとえば、保護者のいない幼児や虐待されている幼児などのメンタルケアをおこなったり、問題を抱えている子どものお世話をするのが児童福祉施設での業務内容となっています。

社会的な立場から子どもを守りたい正義感のある方に、児童福祉施設は向いているでしょう。

保育以外の企業

保育に関連しない企業に転職するのもおすすめです。

IT企業やアパレル業界などは、未経験でも転職ができる業界なので、保育士から一般企業に転職したい方におすすめできます。

保育士は、保護者や子どもなど人と関わることが多い職業なので、コミュニケーション能力が抜群です。

未経験だとしても、社会人としての能力を評価されやすいメリットもあるため、保育以外の企業に転職するのもよいでしょう。

保育士の転職サイトの利用から採用までの流れ

保育士の転職サイトは、以下の流れで活用することができます。

  1. 気になる転職サイトに登録して担当者と面談する
  2. 求人情報を紹介してもらい応募する企業を選ぶ
  3. 面接日を決め対策などの相談をする
  4. 企業と面接をする
  5. 採用通知がきたら入職日を決める

気になる転職サイトに登録して担当者と面談する

まずは、いくつか転職サイトをピックアップし、気になるサイトを登録しましょう。

転職サイトは、基本情報や簡単なアンケートを入力すれば簡単に無料で登録できます

転職サイトに登録したら、担当キャリアアドバイザーから連絡がきます。

担当キャリアアドバイザーとのやりとりでは、あなたが保育士の転職においてどのような条件を希望するかなどを面談します。

アドバイザー
保育士転職サイトの担当キャリアアドバイザーとコミュニケーションをする上で気を付けることは以下を参考にしてください。
  1. 自分の希望や条件を明確に伝える
    自分がどのような職場環境や条件で働きたいかを具体的に伝えましょう。これによりアドバイザーがあなたに適した求人情報を提案しやすくなります。
  2. 積極的なコミュニケーションを心がける:
    キャリアアドバイザーとのやり取りは、双方の意思疎通が大切です。わからないことや不安な点があれば積極的に質問しましょう。
  3. 質問や相談が具体的に:
    自分の悩みや疑問を具体的に伝えることで、アドバイザーも適切なアドバイスや解決策を提案しやすくなります。
  4. 経歴などを正確に伝える:
    お伝えした情報や求人情報について、確認や質問を行うことで誤解を避けることができます。また、自分の経歴やスキルについても正確に伝えましょう。
  5. プライバシーに注意する:
    個人情報やプライバシーに関する取り扱いには注意が必要です。転職サイトを利用する際には、個人情報保護方針を確認し、適切な範囲内で情報を提供しましょう。
  6. スピーディーな連絡:
    キャリアアドバイザーからの連絡には迅速に対応しましょう。遅れる場合は事前に連絡するなど、コミュニケーションのスムーズさを保ちましょう。
  7. アドバイザーの意見を尊重する:
    キャリアアドバイザーは専門家なので、彼らの意見やアドバイスに耳を傾けることが大切です。ただし、最終的な決定は自分自身で行いましょう。

求人情報を紹介してもらい応募する企業を選ぶ

担当キャリアアドバイザーに希望条件などを相談したら、あなたの希望に沿って求人が紹介されます。

同じ希望条件でも、転職サイトによって紹介してもらえる求人情報が異なることを理解しておきましょう。

紹介してもらった求人情報のなかで気になるところがあれば、担当キャリアアドバイザーに伝えて応募します。

プライベートを充実させたい保育士は以下のような求人を選ぶとよいでしょう。

求人の種類特徴メリット
企業内保育園企業が運営する保育園で働く企業の福利厚生が充実していることが多く、労働環境が整っている場合がある
土日祝休みの保育園週休2日制で土日祝が休みの保育園一般的な会社員と同じ休日が取れるため、プライベートの充実が図れる
パートタイム求人短時間勤務の求人勤務時間が短いため、家庭や趣味などプライベートの時間を確保しやすい
シフト制求人シフト制で働く求人勤務時間や休日が柔軟に設定できるため、自分の都合に合わせやすい
短期・期間限定求人一定期間だけ働く求人契約期間が短いため、働く期間を自分でコントロールしやすい
保育補助スタッフ保育士の補助を行う職種業務内容が限定されているため、働きやすさが向上する場合がある
スクールバスドライバー保育園の送迎を行う職種勤務時間が限定されており、他の時間を自由に使える

面接日を決め対策などの相談をする

気になる企業および保育園に応募したら、具体的にいつ面接をするかを決めます。

面接日が決定したら、応募書類の作成や面接対策などを行います。

転職サイトによっては応募書類を添削してもらえるので、安心して面接に臨めるでしょう。

企業と面接をする

面接日が来たら、実際に企業および保育園と面接をします。

面接の際に、応募書類の提出を求められたらすぐに提出できるようあらかじめ準備しておきましょう。

転職サイトによっては、平日の面接同行に対応しているところもあるため、面接に自信がない人は面接同行に対応している転職サイトを利用するのがおすすめです。

採用通知がきたら入職日を決める

企業および保育園との面接から数日後に、採用通知が届きます。

内定をもらえたら、担当のキャリアアドバイザーに報告して一緒に入職日を決めます。

入職日が確定したら、あとはあらかじめ必要なものを準備しておきましょう

内定をもらえた企業および保育園にあらかじめ準備しておくべきものを聞いておくのがおすすめです。

保育士が転職しやすい時期は以下のとおりです。

おすすめの時期理由ポイント
4月〜6月新年度が始まり、新しい職員を募集する保育園が増える時期求人数が多く、選択肢が広がる
9月〜11月夏季休暇が終わり、秋の採用活動が始まる時期一部の保育園が新たな職員を募集し始める
12月〜2月年度末に向けて、次年度の採用を見据えた求人が増える時期求人数が増え、次年度の採用に向けた動きが活発になる

ただし、これらの時期はあくまで目安であり、保育士の転職活動は一年中行われています。また、状況によっては上記以外の時期でも転職がしやすい場合もあります。自分に合ったタイミングで転職活動を始めることが大切です。

保育士から違う仕事や一般企業に転職したい場合は?

保育士から違う仕事や一般企業に転職したいと考えることもあるでしょう。

一般企業に転職したい場合は、以下3つの方法があります。

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 事務職や営業職を目指す
  3. エンジニアは未経験でも可

保育士から一般企業に転職することは可能なため、適切な方法で転職をおこないましょう。

転職エージェントに登録する

転職エージェントに登録することで、一般企業の求人も見つかりやすくなり、自分に最適な求人を紹介してもらいやすくなります。

転職エージェントは、求職者に最適な求人を紹介するだけではなく、転職活動における相談やサポートをおこなってくれるキャリアアドバイザーです。

そのため、一般企業への就職が初めての場合でも、安心して転職活動を進めることができます。

履歴書や職務経歴書などの添削もおこなってくれるため、積極的に利用しましょう。

事務職や営業職を目指す

保育士が一般企業を目指す場合は、実務経験がそこまで必要ない事務職や営業職を目指すのがおすすめです。

事務職はWordやExcelがある程度使いこなせれば誰でも応募することができ、営業職はコミュニケーション能力が高い人ほど向いています。

保育士として事務作業や保護者などと触れ合う機会が多い場合、一般企業でも活躍することができるでしょう。

また、営業職は業界によっては人手不足の場合も多いため求人がたくさんあり、応募がしやすのも事実です。

関連記事

保育士としての経験を活かしながら、安定した勤務時間を求める方におすすめなのが、事務職への転職です。この記事では、保育士から事務職へ転職する方法や選ぶ理由、メリットを紹介します。具体的な内容として以下の項目を解説します。[…]

エンジニアは未経験でも可

エンジニアは、人手不足といわれているため未経験でも応募することが可能です。

また、保育士としてコミュニケーション能力が高い人であれば、なおさらエンジニアとして活躍できるでしょう。

エンジニアは、スキルも必要ではありますが、もっとも必要といわれているのがコミュニケーション能力です。

そのため、保育士として活躍していればその分、エンジニアとしても活躍できるでしょう。

保育士の転職先選びに困ったら「転職フェア」に参加してみるのもおすすめ

もしあなたが保育士の転職先選びに困ったら、一度「転職フェア」に参加してみるのもおすすめです。

転職フェアに参加することで、転職活動における視野を広げられます。

転職サイトだけでは気になる転職先が見つからないと困っているなら、一度転職フェアに参加することも検討しましょう。

多くの一般企業や紹介会社が保育士転職希望者に説明をするイベント

保育士の転職フェア

保育士の転職フェアは、多くの一般企業や紹介会社が、保育士を希望している人に向けてさまざまな紹介をするイベントです。

就職活動でいう、合同説明会をイメージすると理解しやすいでしょう。

定期的に保育士の転職フェアを開催しているため、もし転職先選びに困ったら一度参加してみると良いです。

転職フェアに参加すれば、転職サイトで紹介してもらえなかった求人情報などにも触れられるため、より選択肢が広がります。

最新の保育士の就職・転職フェアは以下を参考にしてください。

  1. 保育士バンク!就職・転職フェア
  2. 保育ひろば 就職・転職フェア

保育士転職フェアの詳細を以下の表にまとめました。

項目内容
対象者保育士、保育関連職種を対象とした求職者
目的転職活動を支援し、求職者と求人企業のマッチングを促進
主な内容企業ブースでの情報交換、面談、セミナーなど
参加企業保育園、幼稚園、子ども向け教室、児童館など
参加費無料または有料(イベントによって異なる)
開催期間通常、1日または2日間
開催場所会議センター、ホテルなどのイベント会場
事前予約必要(一部のフェアでは当日参加も可能)
セミナー内容転職成功事例、面接対策、保育士スキルアップなど

保育士の転職サイトに関するよくある質問

保育士転職希望者の、よくある質問を紹介します。

  1. 電話なしで利用できる保育士の転職サイトはある?
  2. 電話なしでも転職はできる?
  3. 保育士転職サービスはショートメールがしつこいのは本当?
  4. 転職サイトを掛け持ちするのは問題ない?
  5. 異業種から保育士に転職することはできる?
  6. 保育士の年収はいくら?
  7. そもそも保育の仕事とは?
  8. 保育士は何が大切?
  9. 保育士はどんな仕事をする?

電話なしで利用できる保育士の転職サイトはある?

多くの転職サイトのなかでも、次のサイトは電話なしでも利用できます。

  1. マイナビ保育士
  2. 保育士ワーカー
  3. せんとなび保育士

なかでも、保育士ワーカーは圧倒的な求人数を扱っているためおすすめです。

しつこい電話にストレスを感じたくないなら、電話なしで利用できる上記転職サイトを利用すると良いでしょう。

関連記事

「保育士転職サイト、そんなに急いでないのに、電話がしつこい…電話なしのおすすめ転職サイトはないかな?」こんな悩みを抱えてませんか?この記事では、転職サイトからのしつこい電話で困っている方に向けて、電話なしでもサポートしてくれ[…]

電話なしのおすすめ保育士転職サイト

電話なしでも転職はできる?

電話なしでも転職活動はできます

しかし、転職エージェントに登録すると、担当となるキャリアアドバイザーとの面談が必要となるため電話をしなければなりません。

電話をせずに転職したい場合は、転職エージェントではなく転職サイトに登録するとよいでしょう。

また、転職サイトであれば電話での営業も少ないため、電話が嫌いな人は営業の少ない転職サイトに登録するのもおすすめです。

保育士転職サービスはショートメールがしつこいのは本当?

保育士の転職サービスを利用していると、たびたびショートメールが送られてくることがあります。

実際にショートメールのしつこさにストレスを感じて、転職サービスの利用を辞めた人もいます。

ショートメールの主な内容は、新着求人情報の紹介などの営業です。

もしショートメールがしつこいと感じるなら、運営または担当キャリアアドバイザーに直接問い合わせると、ショートメールが届かないよう対応してくれます。

転職サイトを掛け持ちするのは問題ない?

転職サイトを掛け持ちすること自体、問題ではありません。

むしろ、転職サイトは掛け持ちするべきですし、転職を成功させるには複数の転職サイトに登録したほうがよいです。

転職サイトは、サイトごとに特色が異なり、紹介している求人内容が異なることもあります。

そのため、さまざまな転職サイトに登録することで、多くの求人を網羅した上で転職を進めるとよいでしょう。

関連記事

転職活動には転職サイトに複数登録するとよいと聞いたけど、「転職サイトは掛け持ちしてもいい?」「どこのサイトを選べばいい?」といった疑問を持っていませんか?この記事では、転職サイトを掛け持ちするメリット・デメリ[…]

保育士転職サイトを掛け持ちするメリットとデメリットとは?

異業種から保育士に転職することはできる?

保育士の仕事は、子どもと触れ合う能力だけでなく体力や創作スキルなどが必要です。

そのため、以前就職していた職業が体力仕事やものづくりに関係する仕事で合った場合、保育士に転職しても問題なく働けます

ただし多くの時間を子どもと過ごすため、子どもと触れ合うのが 苦手な人は一度検討し直す必要があることを理解しておきましょう。

関連記事

現在の保育士としての仕事に対して何らかの不満や限界を感じていませんか?「保育士から転職ってどう?異業種への転職は可能?保育士から違う仕事への転職での注意点は?保育士以外でおすすめの職場は?」「保育士資格を活かして他にはどんな[…]

保育士から転職しやすいおすすめの異業種の仕事15選!違う仕事ならどこがいい?

保育士の年収はいくら?

令和2年賃金構造基本統計調査結果」によると、保育士の年収は平均的に300万円~400万円です。

年齢ごとに年収に差があり、とくに50代を超えると年収は約400万円になるとされています。

定年が近づくと、役職が与えられることもあるため、50代をピークに年収が増えるのが特徴です。

また、保育士という特殊な職業上、経験年数によっては年代が高くても年収があがらないこともあります。

そもそも保育の仕事とは?

そもそも、保育の仕事とは小学校入学前の保育が必要である乳児を預かり、保護者の代わりに子育てをする仕事です。

年齢や子どもごとに異なる発達度に合わせて、さまざまな遊びを通じながら成長の補佐をおこないます。

保育士は、子どもの世話をするだけではなく心や体の成長もサポートし、社会性を養う必要もあるため、大切な仕事といえるでしょう。

保育士は何が大切?

保育士に必要なことは、たとえば以下の6つがあります。

  1. 子どもが好きな気持ち
  2. 体力
  3. コミュニケーション能力
  4. 瞬発力
  5. 子どもに寄り添える心
  6. 保育に関する知識

ほかにも、さまざまなことが保育士には求められますが、もっとも重要なことは子どもを大切に思う気持ちです。

保護者の代わりに子どもの成長を見守るため、命を守る意識も求められます。

知識も大切ではありますが、どれだけ子どものことを大切に思えるかが重要です。

保育士はどんな仕事をする?

保育士は、子どもの生活指導を指導することがおもな仕事内容です。

たとえば、食事や排せつなどの生活習慣を保護者の代わりに指導し、社会性を身につけさせます。

また、指導の一環としてピアノを弾いたり、歌を歌ったりなどもするため、さまざまなスキルが必要です。

保育士転職サイトのまとめ

今では保育士の転職サイトがとても多く存在しているため、どのサイトを利用すれば良いかわからないと悩む人は多いです。

しかし実際のところ、それぞれの転職サイトに良さがあるため、一概にどれがおすすめなのかを決めるのは難しいです。

あなたが満足のいく転職活動に取り組むためには、いくつかの転職サイトを掛け持ちするなどして比較しましょう。

そうすれば、あなたと相性が良い転職サイトに出会えるかもしれません。

関連記事

「保育士の転職エージェントはどこがおすすめなの?」「それぞれの保育士転職エージェントの口コミや評判は良い?」「保育士の転職エージェントを利用するメリットとデメリットは何?」こんな悩みを抱えていませんか?この記[…]

Childcare Worker Recruitment Agents

→横スクロールできます

人気サイトランキング求人数
(2024年4月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\累計40万人が利用◎/
保育士バンク!
保育士バンク!
59,982件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・LINEだけで転職活動ができる
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://www.hoikushibank.com/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/