院内保育園で働くデメリットとメリットとは?

「院内保育士とはどんな仕事なの?」

「院内保育園で働くメリットとデメリットは何?」

「院内保育士の仕事においてきついと感じることは何?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、院内保育士におけるメリットとデメリットを紹介しています。

アドバイザー
最後まで読むことで、院内保育士になるにはどうすれば良いかについても知ることができるでしょう。
関連記事

「院内保育士は本当にきついの?」「院内保育士におけるきついと感じる瞬間はいつ?」「院内保育士のメリットとデメリットは何?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、院内保育士におけるきついと感じることを紹介[…]

院内保育はきつい?
7〜8月の夏が狙い目!!

保育士バンク!
保育士バンク!」は、アプリやLINEから求人の紹介や転職活動ができるので、平日の日中が忙しい人でも隙間時間で転職活動ができます。

転職がはじめての人でも安心できるよう、履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策、応募先との勤務面や年収面の交渉などを転職活動に必要な要素を全てサポートしてもらうことができます。

転職するのもすぐに決定するのではなく、求人には園の環境がわかる動画コンテンツなどが掲載されているので、事前に職場環境のチェックができ、ミスマッチない転職活動が行えます。
  • LINEでの連絡OK
  • 全国に2万園以上の提携園
  • 園の写真・動画コンテンツが豊富
  • 資格を活かせるベビーシッターなどの求人もあり

完全
無料
5ステップで
無料登録(30秒)

リンク先:https://www.hoikushibank.com/

☆まだ転職考えてなくてもOK!!
☆累計40万人が利用したサービス

目次

院内保育士とは?

保育士にはさまざまな種類があり、施設によって預かる子どもの条件が異なります。

なかでも院内保育士は、一般保育士とは違うのが特徴です。

具体的に、院内保育士とはどんな保育士を指すのかについて解説します。

  1. 院内の医師や看護師の子どもを預かる保育士
  2. 院内保育園は病院や近隣の施設に設置されている

院内の医師や看護師の子どもを預かる保育士

院内保育士は、医師や看護師の子どもを預かる保育士を指します。

一般保育士は、所属する園の地域にお住まいの子どもを預かりますが、院内保育は原則として医師や看護師の子どもを預かるのが特徴です。

一般保育士よりも預かる子どもの人数が少ないため、大人数の子どもの面倒を見るのが苦手な人にとっては、院内保育士が向いています。

院内保育園は病院や近隣の施設に設置されている

院内保育士が所属する園は、基本的に病院などの医療施設に隣接しています。

院内保育で預かる子どもの保護者は隣接している医療施設で働く医師や看護師であるため、院内保育士になれば保護者との距離が縮まりやすいです。

保護者との距離が縮まりやすいことでコミュニケーションをとりやすくなるため、育児などの相談もしやすいです。

一般の保育園以外の施設で働きたいと考えているなら、院内保育を視野に入れてはいかがでしょうか。

関連記事

「院内保育士はどんな仕事なの?」「院内保育士の仕事内容は何?」「院内保育士を目指すためにやっておくべきことはある?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、院内保育士の仕事内容を紹介しています[…]

院内保育士 仕事内容

院内保育士と病棟保育士の違いは?

院内保育士とよく間違えられるのが、病棟保育士です。

病院などの医療施設で働く医師や看護師の子どもを預かるのが院内保育士であるのに対し、病棟保育士は医療施設に入院している子どもを預かるのが特徴です。

そのため病棟保育士の場合、預かる子どもの保護者は病院施設で働く医師や看護師ではありません。

院内保育士と病棟保育士はどちらも少人数の子どもを預かりますが、病棟保育士は子どもが入院している期間のみ預かるため、頻繁に担当する子どもが変わります。

また、院内保育士と比べて病棟保育士は、医療に関する基礎知識を身につけておくことも押さえておきたいポイントです。

院内保育園で働くメリット

院内保育園で働くことで、主に4つのメリットを得られます。

院内保育園で働くメリットについて紹介します。

  1. 仕事量が比較的少ない
  2. 長時間労働を強いられることが少ない
  3. 福利厚生が充実している
  4. 一般保育士よりも給料が高い

仕事量が比較的少ない

院内保育園で働く保育士は、一般保育士よりも任せられる仕事の量が少ない傾向にあります。

実際のところ仕事量は所属する園によって異なりますが、院内保育士は持ち帰り仕事や残業が少ないのが特徴です。

理由は、イベントなどの行事が少ないからです。

そのため、保育士としてゆるく働きたいのであれば、院内保育士に向いているでしょう。

長時間労働を強いられることが少ない

院内保育士は日中の勤務だけでなく、夜間勤務もあります。

夜間勤務があることでうまく仕事を分担できるため、比較的長時間労働を強いられることが少ないです。

一般保育士だと、どうしても仕事が時間内に終わらず残業を余儀なくされてしまうなど、長時間労働になってしまうこともあります。

しかし院内保育士は長時間労働になることが少ないため、仕事とプライベートを両立させやすいです。

ワークライフバランスを充実させたい人にとって、院内保育士の労働時間が長くないのは大きなメリットでしょう。

福利厚生が充実している

院内保育士は一般保育士と比べて、比較的休暇を取りやすかったり、残業したときの時間外手当や退職金などが優遇されています。

所属する園や施設によっては福利厚生が充実していないところもありますが、多くの場合院内保育園は福利厚生がしっかりと完備されています。

転職における保育園選びで福利厚生を重視して施設を選びたいと考えているなら、院内保育士がおすすめです。

一般保育士よりも給料が高い

院内保育園で働く保育士は、病院などの医療施設で勤務していることから一般保育士よりも給料が高い傾向にあります。

院内保育士の給料は、所属している医療施設の規模が大きくなればなるほど高くなるため、もしあなたが院内保育士として高収入を目指すのであれば、比較的規模が大きい病院などに就職するのが良いでしょう。

関連記事

「給料が高い保育士の仕事はある?」「給料が高い保育士の条件は何?」「保育士の給与水準はどの県や地域が高い?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、給料が高い保育士の仕事を紹介しています。最後まで[…]

保育士 給料 高いところ

院内保育園で働くデメリット

院内保育園で働くのにはさまざまなメリットがある一方で、デメリットもいくつかあります。

院内保育園で働くデメリットは、次のとおりです。

  1. 施設によっては夜勤もある
  2. 保育士としてのスキルを習得しにくい
  3. 院内保育園に預ける子どもが変わりやすい
  4. 行事やイベントなどの経験を積みにくい

施設によっては夜勤もある

院内保育園では、すべての施設が24時間制であるとは限りません。

そのため、施設によっては夜間保育がないところもあります。

しかし多くの場合、院内保育士がいる施設では夜勤があるため、一般保育士と比べて生活リズムが乱れやすいです。

もしあなたが日勤で保育士の仕事をしたいのであれば、院内保育士は向いていないかもしれません。

保育士としてのスキルを習得しにくい

院内保育では預かる子どもの人数が少ないため、院内保育士から一般保育士へと転職する際に、担任保育などのスキルが身につきにくい傾向にあります。

院内保育士の仕事ができたとしても、一般保育士に転職した途端にうまく子どもに対応できないことも多いです。

一般保育士に必要な身につくスキルを習得しにくいのは、将来的な保育士としてのキャリアアップを考えるとデメリットとなります。

院内保育園に預ける子どもが変わりやすい

院内保育園で預かる子どもの保護者は医療施設で働く医師や看護師であるため、転職や転勤などで医療施設に勤務しなくなった場合、預かる子どもが変わることも多いです。

院内保育士はその都度対応する子どもが変わるため、子どもの成長を間近で見られにくいのがデメリットとなります。

じっくりと長い期間担当する子どもと向き合いたいなら、院内保育士よりも一般保育士のほうが向いているでしょう。

行事やイベントなどの経験を積みにくい

院内保育士は、季節などの行事やイベントが少ないため、行事に関する経験を積みにくいです。

行事の面では院内保育士よりも一般保育士のほうが経験を積めるため、将来的に保育士としてのキャリアアップを目指したいなら、院内保育士で働くことにデメリットを感じるでしょう。

関連記事

「子供と関わる仕事を選ぶ際に重要なポイントは何?」「子供と関わるおすすめの仕事は何?」「子供と関わる仕事をする際にやっておくべきことは何?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、子供と関われるおすすめの[…]

子供と関わる仕事16選!保育士以外で無資格でも活躍できる職業の一覧

【一日の流れ】院内保育士の仕事内容

院内保育士の基本的な仕事内容について、解説します。

  1. 基本的な流れは一般保育園と同じ
  2. 院内保育士は夜間保育を行うところもある

基本的な流れは一般保育園と同じ

子どものお迎えから始まり、自由保育や子どもの食事や排泄のサポートを行う点においては、院内保育士と一般保育士とでは仕事内容が同じです。

そのため、少人数の子どもを日中預かる仕事を探しているのであれば、一般保育士よりも院内保育士のほうが良いでしょう。

院内保育士は夜間保育を行うところもある

院内保育士と一般保育士の仕事内容において大きく異なる点は、院内保育士には夜間保育があることです。

夜間保育では、主に子どもの寝かしつけが仕事内容となります。

仕事内容は比較的ゆるいですが、生活リズムが乱れやすい点がデメリットです。

関連記事

「院内保育士の仕事内容における一日の流れは決まってる?」「院内保育士でやりがいやきついと感じることはある?」「院内保育士とほかの保育士との違いは何?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、院内保育士の仕[…]

院内保育 一日の流れ

院内保育士がきつい・大変だと感じること

院内保育士の仕事は一般保育士と比べて楽な傾向にありますが、一方できついと感じたり大変だと感じることもあります。

院内保育士におけるきついと感じることは、次のとおりです。

  1. 生活リズムが乱れる
  2. 保育士としてのキャリアアップが難しい
  3. 保護者との距離が近い

生活リズムが乱れる

院内保育士の仕事は夜間勤務の対応があるため、生活リズムが乱れやすいです。

所属する施設のシフトによっては、夜間勤務から日中の勤務を任されるところもあるため、心身ともに負担がかかりやすいのが大変です。

夜間勤務によって生活リズムが乱れやすいのは、一般保育士では経験できない点でしょう。

院内保育士に就職する前は、あらかじめ夜勤でも対応できるかどうかを自分自身が理解しておくことが重要です。

保育士としてのキャリアアップが難しい

院内保育士は子どもを預かる点においては一般保育士と変わらないですが、行事などのイベントやそのほかの仕事内容において経験できないことが多いです。

そのため、保育士としてのキャリアアップが難しいのが、院内保育士のきついと感じる点です。

もしあなたが、将来的に保育士としてのキャリアアップを目指したいなら、院内保育士で保育の経験を積むよりも一般保育士を目指すほうをおすすめします。

保護者との距離が近い

保護者との距離が近いことでお互いにコミュニケーションが取りやすかったり、信頼関係を構築させやすくなります。

しかし保護者との距離が近くなりすぎてしまうこともあるため、万が一のトラブルなどがあったときに大変だと感じるでしょう。

院内保育士になるにはどうすれば良い?

院内保育士になるためにはどうすれば良いかについて解説します。

もしあなたがこれから院内保育士を目指そうと考えているなら、ぜひ参考にしてください。

  1. 保育士資格を取得しよう
  2. 転職サイトで「院内保育士」の求人を見つけよう
  3. 資格がない場合は非正規雇用から始めるのもおすすめ

保育士資格を取得しよう

院内保育士になるためには、まず保育士資格を取得することから始めましょう。

院内保育士は、保育士資格がなければ就職できません。

保育士資格は、大学や専門学校での教育課程にて取得できます。

社会人から保育士資格を取得するための取り組みを始めるなら、ユーキャンなどの資格講座を活用するのもおすすめです。

まだあなたが保育士資格を取得していないのであれば、資格の勉強に取り組みましょう。

転職サイトで「院内保育士」の求人を見つけよう

すでに保育士資格を取得しているのであれば、転職サイトに登録して院内保育士の求人を見つけましょう。

今では保育士の転職に特化した、さまざまな求人が掲載されています。

今あなたが保育士資格を取得している状態なのであれば、あなたの希望条件に合った求人を見つけることが重要です。

院内保育で働くなら以下の転職サイトがおすすめです。

→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年4月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\累計40万人が利用◎/
保育士バンク!
保育士バンク!
59,982件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・LINEだけで転職活動ができる
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://www.hoikushibank.com/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/

資格がない場合は非正規雇用から始めるのもおすすめ

「保育士資格はないけど実務経験を積みながら資格の勉強をしたい」と考えているなら、非正規雇用から始めましょう。

パートやアルバイトなどの非正規雇用であれば、院内保育の実務経験を積みやすいです。

ですから、あなたがまだ保育士資格を取得していないのであれば、非正規雇用から始めることも視野に入れると良いでしょう。

院内保育士に転職するのにおすすめの転職サイト3選!

転職サイトを利用することで、保育士向けの求人情報を収集することができます。

院内保育士の求人以外にも保育園や幼稚園、施設など様々な業種の求人情報が掲載されております。

しかし、転職サイトを利用する際には注意が必要です。

掲載されている求人情報はすべて信頼できるとは限りません。また、自分に合った求人が見つからない場合もあります。

アドバイザー
転職サイトを利用する際には、求人情報の信頼性を確認し、自己分析をすることが大切です。
→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年4月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\累計40万人が利用◎/
保育士バンク!
保育士バンク!
59,982件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・LINEだけで転職活動ができる
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://www.hoikushibank.com/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/

転職サイトの仕組み

保育士バンク!|業界トップクラスの累計40万人が利用


保育士バンク
「保育士バンク!」は厚生労働省の適正認定を持っている人材紹介会社で2万園以上と提携しており、保育士バンクにしかない保育園情報が充実しています!(プレミア求人が多数)大手だからこその求人をトップクラスで保有し

LINEで利用できるのでいつでもチャットで相談できるかつ、隙間時間にLINEだけで転職活動が行えるというメリットがあります。

そのため、必要なタイミングでアドバイスをしてもらえることができ、充実した転職活動を進めることができます。

転職サイトの仕組みはじめての転職にも強い転職サイトで、以下の方におすすめです。
・写真や動画で園の情報を知りたい
・入職者からのリアルな口コミを知りたい
・LINEでやりとりしたい
相談だけでも無料なので、少しでも気になる方はまずは登録だけでもしてみてください。
案件数59,982件(2024年4月)
最大の特徴累計40万が利用したサービス
  • 動画で園の情報が知れる
  • 求人に園の細部情報がたくさん
  • 書類作成のサポート

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://www.hoikushibank.com/

☆忙しい人でも転職がスムーズ
☆限定の園情報が盛りだくさん

転職相談や情報収集だけでも利用できるの?在職中でも登録可能?
相談だけでもOK!保育業界に精通したキャリアアドバイザーがアドバイスやサポートを無料でさせていただきます。また、在職中に登録できるので辞めようか悩んでいる人でも利用できます。
保育士バンクに登録する魅力とは?
保育士バンク!だけが持っている情報が多いからです。保育士バンクが持つオリジナル情報

保育士ワーカー|保育士が支持する保育士転職サイト


保育士ワーカー
保育士ワーカー」は、保育園、幼稚園、院内保育、企業内など数万件を超える求人を無料でご紹介してくれる転職サイトかつ、高給与で残業少ないなどの求人が多いのが特徴です。

また利用した保育士のユーザー満足度は97%と高い支持率を得ています。

求人数が多いので、とりあえず色んな求人をチェックして、良さそうな求人があったら応募したいし、転職を考えてみたいという方におすすめです。

保育士ワーカー
また、保育士ワーカーの登録者数は約30万人を超え、現役保育士の3人に1人が登録しているとされているほど保育士に人気の転職サービスです。
動画で見る
案件数42,649件(2024年4月)
最大の特徴派遣社員なら給与即払い制度あり
  • 保育士・幼稚園教諭向け
  • 満足度97%の脅威の数値
  • 全国の求人が見つかる!!

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://hoikushi-worker.com/

☆保育士ワーカーだけの求人が多い
☆年収交渉や面接対策◎

保育士ワーカーの口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「保育士ワーカーを実際に利用した人の口コミはある?」「保育士ワーカーの口コミや評判からわかるメリットやデメリットは何?」「保育士ワーカーを利用するまでの流れはどうすれば良い?」こんな悩みを抱えていませんか?こ[…]

保育士ワーカー

せんとなび保育|前払い・週払い制度あり


せんとなび保育|前払い・週払い制度あり

せんとなび保育」は、業界トップレベルの時給で給料の前払いもしく週払いができる転職サイトです。

また現場をよく知っているせんとなびのスタッフが在籍しているので、難しい人間関係の構築面もサポートしてくれます。

そのため、職場で何か嫌なことがあったりしたときは、職場に言いにくいこともあると思うので、その際はせんとなびのスタッフに相談できる環境が整っています。
案件数20,000件(2024年4月)
最大の特徴せんとなびのスタッフが職場との人間関係をサポート
  • 福利厚生が充実求人が豊富
  • 働きやすい環境をサポート
  • ママさんやシニアでもOK

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://st-navi.jp/hoiku/

☆週1日からOK
☆短時間の勤務でもOK

せんとなび保育の口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「せんとなび保育の口コミや評判は良い?」「せんとなび保育を利用する際のメリットとデメリットは何?」「どのような流れでせんとなび保育を利用すれば良い?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、せんとなび保育[…]

せんとなび保育の口コミ・評判

保育士向け転職サイトのおすすめ

院内保育で働くデメリットのまとめ

院内保育士で働くのには、いくつかのメリットとデメリットがあり、どちらも院内保育士を目指すうえでは無視できないことばかりです。

もしあなたがこれから院内保育士を目指すのであれば、まずは保育士資格を取得することから始めましょう。

まだ保育士資格を取得していないのであれば、パートやアルバイトなどの非正規雇用で実務経験を積むのもおすすめです。

→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年4月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\累計40万人が利用◎/
保育士バンク!
保育士バンク!
59,982件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・LINEだけで転職活動ができる
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://www.hoikushibank.com/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/