保育士から転職しやすい異業種の仕事15選!違う仕事ならどこがいい?メリット・デメリットも解説

  • 2022年11月28日
  • 2024年1月28日
  • 保育士

現在の保育士としての仕事に対して何らかの不満や限界を感じていませんか?

この記事では、保育士で培った経験やスキルを活かせるようなおすすめの転職先、保育士資格を活かしながら働ける保育士以外の仕事などの具体的な職種を紹介します。

転職先といっても、保育士から転職するのに

  • 「どのような業界、職種があるのか」
  • 「必要なスキルや資格はあるのか」
  • 「保育士から転職した後の給与水準やワークライフバランスはどうなのか」

などありとあらゆる疑問が生まれるはずです。

保育士の場合、自分に合った転職先を探すことで、より充実したワークライフになることが多いです。

この記事では保育士から転職するのに考慮すべきことをすべてお伝えしています。

アドバイザー
保育士から違う仕事・異業種への転職でおすすめは以下を参考にして、最後まで目を通してもらえたら助かります!

保育士から違う仕事・異業種への転職でおすすめ

 

保育士から異業種転職なら「マイナビ保育士」が一択と言えます。

マイナビ保育士

マイナビ保育士」では保育業界内の転職だけではなく、異業種への転職もサポートしております。

例えば、一般事務、営業事務、アパレル、営業などの一般職の求人を多数保有しています。

マイナビ保育士に登録後は、求人を紹介してもらい、面接を受けるだけなので、自分で転職活動するよりもスムーズに転職ができるので、最短数日で内定が獲得できることもあります。

転職サイトの利用の流れ

少しでも保育士を辞めたくて、他職種を検討しているのであれば、相談だけでも無料なので、登録してみる価値はあるでしょう。

\ 異業種への転職で強いのはマイナビだけ /たった1分で登録する

目次

保育士からの転職で違う仕事を考えてしまう理由

保育士から違う仕事に転職するのを考えてしまう理由

「子どもが大好き!」そんな想いでなった保育士。

なのに理想とかけ離れた保育現場の現実に、辞めたいと感じる人は思いのほか多くいます。

実際に保育士を辞めたいと思う理由は、令和2年年厚労省の調べによる保育士の現状と主な調べによると以下の結果となりました。

保育士の退職理由のグラフ

出典:平成30年度「保育人材」に関するアンケート調査の結果について

  1. 職場の方針が合わない 7.5%
  2. 給与や福利厚生面の不満 18.2%
  3. 人間関係が上手く行かない 15.8%
  4. 転職 他業界 18.9%

上記のデータから退職理由は、結婚や出産などライフイベントによるものではなく、現職場への不満が上位を締めているのがわかります。

また他の業界への転職は全体の18.9%とかなり確率の高い数値となっているので、保育士からの転職は当たり前のことと言ってもよいでしょう。

アドバイザー
保育士の転職理由を以下の表にまとめたのであなたも同じ理由なのか確認してみてください!
転職を考える理由説明
給与の問題
給与の不満
保育士の給与が低いと感じる場合、より良い給与条件を求めて転職を考える。
労働時間
労働時間の長さ
長時間労働や残業が多い場合、ワークライフバランスを重視して転職を考える。
職場環境
キャリアアップの可能性
人間関係や上司との関係、職場の雰囲気などが原因で転職を考える。
キャリアアップ
幅広い知識や技術の習得
専門的なスキルや知識を深めたい、管理職やリーダーのポジションを希望するなど、キャリアの進展を望んで転職を考える。
働く場所
働く場所
通勤距離や場所によって、転職を考える。
子育てとの両立
働く場所
子育てを優先したい、または子育てとの両立が難しいと感じる場合に転職を考える。

保育士を辞めたい?今の職場を辞めたい?

今の職場に不満があり「もう限界!早く辞めたい!」と転職を考える前に、やみくもに転職活動をするのは危険です。

まずは「保育士を辞めたい」のか「今の職場を辞めたいのか」という部分をはっきりさせましょう。

「自分がしたい保育内容と今の職場の保育方針が合わない」「職員間の雰囲気が悪く保育に集中できない」など、今の職場に不満がある場合は、自分にあった職場を見つけることで今後も保育士として生き生きと働けるはずです。

ただ、「給料が上がらず将来的に心配」「保育士は体力面でも精神面でもしんどい」などの理由であれば、ほかの保育園に転職しても同じ悩みを抱え続けることになります。

保育士として限界を感じた場合には、思い切って他業種への転職をおすすめします。

→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年2月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\保育士から異業種◎/
マイナビ保育士
マイナビ保育士
21,000件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・異業種への転職なら王道の転職サイト
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://hoiku.mynavi.jp/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/
関連記事

「保育士は一般企業に転職できるの?」「保育士が異業種に転職するときはどの仕事がおすすめなの?」「保育士が一般企業に転職を考える理由はなに?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、「保育士は一般企業に転職[…]

保育士から一般企業に転職

保育士から異業種への転職でのメリットとデメリット

保育士から異業種への転職には、さまざまなメリットやデメリットがあるので、以下で詳しく解説します。

保育士から異業種への転職でのメリット

保育士から異業種への転職でのメリット

大きなメリットとして、新しい業種での経験を通じて、保育士としての経験や知識を異なる場面で活かすことができます。

これにより、異なる視点やスキルを獲得し、キャリアの幅を広げることが可能になります。

また、新しい業種では、保育士の仕事で感じていた制約やストレスから解放されることが期待できることもあります。

さらに、新しい業界や職種には、給与や福利厚生、キャリアアップのチャンスが増える可能性もあるため、経済的なメリットや将来的な成長の機会を追求することもできます。

転職を通じて、新しい人間関係やネットワークを築くことで、新しい環境での自己成長やキャリアの発展に繋がる可能性もあるでしょう。

アドバイザー
そのほかを含め、保育士から異業種への転職でのメリットは以下の通りです。
メリットメリットの詳細
新しいスキル習得新しい業種での経験を通じて、異なるスキルセットや知識を獲得できる。
キャリアの多様性異なる業界や職種の経験を持つことで、キャリアの幅や選択肢が増える。
給与・福利厚生新しい業種には、より高い給与や充実した福利厚生が提供される場合がある。
働きがい新しい環境での挑戦や成果によって、新たな働きがいや達成感を感じることができる。
人間関係のリセット新しい職場では、今までの人間関係の問題から一度リセットし、新たな関係を築くチャンスがある。
ワークライフバランス保育士の職における長時間労働やシフト制からの脱却で、よりワークライフバランスを取りやすい職種を選ぶことができる場合がある。

保育士から異業種への転職でのデメリット

保育士から異業種への転職でのデメリット

まず、保育士としての専門的な知識や経験が新しい業種では直接的に活かしにくい場合があり、キャリアの継続性が途絶える恐れがあります。

新しい業種に入る際には、初心者としてのスタートとなり、その業界や職種特有の知識やスキルを習得する必要が出てきます。

また、異業種に転職することで、今まで築いてきた人間関係やネットワークが生かしにくくなる可能性があります。

このような状況は、特に転職初期には不安や孤立感を感じる原因となることも考えられます。

さらに、新しい環境での業務内容や職場文化に適応する過程で、予期しないストレスや困難に直面することも想定されます。

アドバイザー
保育士から異業種への転職でのデメリットも表でまとめましたので、ぜひチェックしてください。
デメリットデメリットの詳細
専門性の活用困難保育士としての専門的な知識や経験が新しい業種では直接的に活かしにくく、キャリアの継続性が途絶える可能性がある。
スキル習得の必要性新しい業種や職種では、初心者としてのスタートとなるため、新たな知識やスキルの習得が求められる。
ネットワークのリセット保育士として築いてきた人間関係やネットワークを生かしにくくなり、新しい環境でのネットワークの形成が必要になる。
適応ストレス新しい業務内容、職場文化、コミュニケーションスタイルなど、異なる環境への適応には時間とエネルギーが必要となる。
キャリアの不確実性異業種転職後のキャリアパスが不確実であり、保育士としてのキャリアと異なる挑戦やリスクを伴う可能性がある。
認識・評価のギャップ新しい業種での自分の価値や能力の認識、評価が今までと異なり、自己評価とのギャップを感じることがある。

保育士から異業種への転職は難しい?必要なスキルや資格

保育士から異業種への転職は難しい?

保育士から異業種への転職の難易度は以下の3つがあります。

  1. スキルの転用性
  2. 学び直しの意欲と柔軟性
  3. 転職理由と準備

スキルの転用性

保育士としての経験やスキルは、コミュニケーション能力、協調性、ストレス管理、計画性など多岐にわたります。

これらのスキルは、多くの業種で求められる能力です。

転職を検討する際に、これらのスキルや経験がどのように新しい業種や職種に活かせるかを考えることが重要です。

アドバイザー
保育士から異業種に転職したときに使えるスキルは以下のようなものがあります!
スキルカ具体的なスキルや能力
コミュニケーション能力・子供や保護者との適切なコミュニケーションスキル
・感情のコントロールや聞き手となる能力
・明確な伝達能力
協調性・チームでの協力と役割の共有
・多様な背景を持つ人々との協同作業
トラブル対応・解決力・緊急時の迅速な判断と行動
・複雑な状況下でも冷静な対応
企画・計画性・イベントや行事の計画・運営
・日常のスケジューリングとタイムマネジメント
感受性・観察力・子供のニーズや感情の変化を敏感に察知
・環境の変化や問題点を早期に捉える
ストレス管理・高いプレッシャーの下でも効果的に業務を遂行
・自身の感情管理やリラックス方法の活用
育成・指導能力・新しいスタッフのトレーニングや指導
・子供たちへの教育や指南

学び直しの意欲と柔軟性

異業種への転職は、新しい知識や技術の習得が必要な場合が多いです。

学びの意欲や新しい環境に適応する柔軟性があれば、転職のハードルは低くなります。

保育士から異業種への転職において、学び直しの意欲と柔軟性が重要とされる背景には以下の理由があります。

理由詳細
業種ごとの知識とスキルの差異異なる業種は独自の業界知識、専門技術、文化、そして業務の流れを持っています。新しい業界での業務遂行が難しいため、学ぶ意欲が求められる。技術的な知識や資格が必要な場合も。
キャリア形成の再構築保育士のキャリアを終えて新しい業界でのキャリアを築くには、その業界に合わせたスキルや知識の習得が必要。自分の経験や知識の融合・活用の柔軟性が重要。
業界の変化と進化への対応現代のビジネス環境は急変する。新しい業界で変化に対応するための学びや適応が常に求められ、柔軟な思考と継続的な学びの意欲が必要。
異なるコミュニケーションスタイルの適応保育士時代と異なるコミュニケーションスタイルやチーム協力方法が存在する場合がある。新しい環境での人間関係を円滑にするための柔軟な適応能力が重要。
自身のアイデンティティの再確認保育士から異業種へ転職する過程で、自身のアイデンティティや価値観が試される。新しい業界や役割に適応中、自身の価値や強みの再確認とそれを生かす学びや成長が必要。

転職理由と準備

明確な転職の理由や目的を持っていると、転職活動の際に自分の強みや意欲をしっかり伝えることができます。

また、履歴書や職務経歴書の準備、面接の対策など、転職に向けた具体的な準備も成功の鍵となります。

アドバイザー
転職時に履歴書や職務経歴書作成において気をつけるべきことを表にまとめました。
気をつけるべきポイント詳細
明瞭な連絡先の記載電話番号やメールアドレスなどの連絡先を明確に記載し、迅速な連絡が取れるようにする。
保育士としての経験の強調保育士としての専門的な知識や経験、資格を明確に記載。特に、何年の経験があるのか、どのような施設で働いていたのかを具体的に。
成果や実績の具体的記述何を達成したのか、どのような改善や貢献を行ったのかを具体的な数字や事例で示す。
人間関係やコミュニケーション能力の強調保育士としての仕事はチームでの連携や保護者とのコミュニケーションが重要。これらのスキルや経験を強調して記載する。
スキルや資質の明確な記述子どものケア能力、教育方法、緊急時の対応能力など、保育士としてのスキルや資質を明確に記載する。
正確な日付の記載入職日や退職日などの日付は正確に記載。不正確な情報は信頼性を失う原因となる。
整った見た目見やすいフォントや書式を使用し、手書きの場合はきれいな筆跡で記入。読み手が一 glance で内容を理解できるように工夫する。
真実の記載経歴やスキルを誇張することなく、真実に基づいて記載する。嘘や誇張は後で問題となる可能性がある。

保育士から転職で異業種・保育士から違う仕事でおすすめの仕事と給与水準

保育士から転職で異業種へ|保育士から違う仕事

異業種への転職は少しハードルが高くなりますが、保育業界以外にもこれまで培ってきたスキルを存分に活かせる職場もあります。

保育現場での経験が役立つ異業種のおすすめの職場を紹介します。

  1. 保育士以外の仕事①受付、一般事務
  2. 保育士以外の仕事②営業
  3. 保育士以外の仕事③接客
  4. 保育士以外の仕事④介護
  5. 保育士以外の仕事⑤IT関連

保育士以外の仕事①受付、一般事務

一般事務の求人

保育の仕事は子どもを一日中抱っこしていたり、重い荷物を運んだりとにかく体力勝負。

体力面で不安を抱えて転職する人も多いため、デスクワークの受付や事務職は転職先として人気があります。

受付は勤務先に来られた方を目的の場所へ案内したり、質問や伝言に対応しなければなりません。

事務職は一人で黙々とする仕事に思えますが、他人から預かった資料をまとめたり電話対応など周囲の人とのコミュニケーションが不可欠。

保護者対応や保育士間での細やかな伝達作業など、保育士で培った能力が存分に活かされます。

アドバイザー
保育士から事務職に転職したい方は以下の記事も参考にしてください!
関連記事

保育士としての経験を活かしながら、安定した勤務時間を求める方におすすめなのが、事務職への転職です。この記事では、保育士から事務職へ転職する方法や選ぶ理由、メリットを紹介します。具体的な内容として以下の項目を解説します。[…]

事務の仕事は、職場全体を支える役割が求められるため、チームワークや協調性も重要なスキルです。保育士としてのチームワークスキルを活かし、職場全体のサポートをすることで、職場の雰囲気や業務の効率化に貢献することができるのが特徴です。

求人を見る

保育士以外の仕事②営業

営業の求人

保育業界は以前に比べると処遇改善が進んでいますが、まだまだ給与が低いのが現状。

待遇面で不満を抱えている場合には、営業職がおすすめです。

営業は、基本給とは別に自分の売上や契約を結んだ分の手当を給料に上乗せされることが多いので、大幅な年収アップが見込めます。

自分が頑張った分はきちんと目に見える形で返ってくるので、とてもやりがいがあります。

また、営業職はお客様や取引先との信頼関係がとても重要です。

ここでも、保育士で最も大切と言える周囲との良好な関係づくりが活きてくるでしょう。

営業に転職する場合、専門的な知識や技術を活かすことができない分、新たなスキルや知識を身につけることが必要です。営業の仕事では、商品やサービスに関する知識や、交渉技術、プレゼンテーションスキルなどが求められます。保育士として培ったコミュニケーションスキルや、相手の気持ちに寄り添う姿勢を活かしながら、新たなスキルや知識を身につけることで、成長することができます。

求人を見る

保育士以外の仕事③接客

接客の求人

保育士はもう辞めたいけど人と関わるのが好きという場合は、接客業がぴったりです。

アパレルやホテルは、お客様との会話が欠かせない職種。

また、人と関わりながらも室内での業務が中心となるので、年中通して快適な場所で働けるのも嬉しいポイントです。

アパレル接客の仕事はファッションやトレンドに敏感であることが求められます。保育士としては、業界に関する知識や技術を身につけていることが少ないため、入社時には研修や勉強会などが必要になることがあります。また、接客業務にはストレスがたまりやすいことがあるため、精神的な負担が増すこともあります。

求人を見る

保育士以外の仕事④介護

「人の役に立ちたい」など、やりがいがモチベーションとなっている場合は介護職がおすすめです。

業務の対象は高齢者となりますが、「他人のお世話をする」という点では保育と共通点が多くある職種です。

利用者様の生活をサポートする面で、やる気を維持しながらスムーズに馴染める転職先でしょう。

また、介護士は資格取得をすると給料が上がったり、夜勤手当が付くなど将来的に給料アップの保証がされているのも保育士との大きな違いです。

保育士以外の仕事⑤IT関連

「人と関わるのが疲れた」と保育どころか仕事面でかなりお疲れの場合には、ITやWEB関連をおすすめします。

ITと聞くと何となく敷居が高い気がしますが、実は資格も必要なく未経験でも採用されるケースが多いです。

近年、IT業界では在宅ワーク化が進んでいるので、自宅にて一人で仕事をする時間が多くなるのも特徴です。

アドバイザー
未経験からエンジニアに転職できて、転職成功率98%のプログラミングスクールの「テックキャンプ」も保育士さんに人気なので、無料カウンセリングであなたの今の状況を相談してみても良いでしょう。

\ 異業種の転職で使える転職サイトを紹介中 /今すぐおすすめ転職サイトを見る

保育士からの転職で資格を活かせるおすすめの転職先ランキング

保育士資格を活かせる!おすすめの転職先ランキング

今持っている保育士資格を活かして、保育園以外で働いてみるのも選択肢のひとつです。

おすすめの転職先を紹介します。

  1. ベビーシッター
  2. 子育て広場
  3. 学童スタッフ
  4. 保育ママ
  5. ベビーホテル
関連記事

保育士資格を持っている方は、保育園に限らず、多くの転職先があります。保育士として働くことができる分野は多岐に渡り、保育士資格を活かすことができます。この記事では、保育士資格を活かせる保育園以外の転職先について紹介します。[…]

保育士が資格を活かせる仕事!保育士以外の転職先とは?

転職先ランキング1位.ベビーシッター

転職先ランキング1位.ベビーシッター

転職先のランキングで1位は、近年、求人が増加しているのがベビーシッターです。

求人増加の理由は、保育料が時間単位での支払いの企業が多くなり、数時間という低価格でも利用が可能で幅広い層の家庭が利用するようになったことです。

ベビーシッターは、利用者様の自宅にて保育、習い事の送り迎え、家事代行などを行います。

対象とする子どもの年齢は以下の通りです。

ベビーシッターを受け入れる子供の年齢

引用:3.ベビーシッターの現状 -平成 29 年度実態調査報告書より

上記の資料を見ると、ほとんどの事業は0歳〜12歳で終了していることが多いです。

また利用時間の最低引き受け時間は2時間からが過半数を超えており、次に3時間の利用が多い結果となりました。

メリットは一人きりで業務ができるので、煩わしい人間関係に悩むことがありません。

時給相場(東京)は約1600円で、一般の保育園より高い傾向にあります。

以下に、ベビーシッターの平均年収、ボーナス、および働く上での辛い点を表にまとめました。

項目詳細
平均年収¥4,000,000
ボーナス¥500,000
働く上で辛いこと・子どもとのコミュニケーションが難しい場合
・保護者との意見の相違
・無料託児所や送り迎えがない場合の移動の大変さ

転職先ランキング2位.子育て広場

転職先ランキング2位.子育て広場

子育て広場は、市町村が実施している親子の交流の場です。

公共施設やマンションの一室を使って開催されるのが一般的で、ほかの家庭の親子やそこに勤務する職員との関わりを目的とします。

利用時間が9時〜16時など短時間なのに加え、親子参加型の施設なので業務の負担が軽い傾向にあります。

育児に悩む保護者の悩みを聞いたりするため、保育園でのキャリアが存分に発揮できるでしょう。

以下に、子育て広場で働くスタッフの平均年収、ボーナス、および働く上での辛い点を表にまとめました。

項目詳細
平均年収¥3,200,000
ボーナス¥300,000
働く上で辛いこと・多様な年齢層の子どもへの対応が大変
・保護者とのコミュニケーションが難しい場合
・予算や設備面での制約がある場合

転職先ランキング3位.学童スタッフ

転職先ランキング3位.学童スタッフ

学童とは、共働き世帯の小学生が放課後や長期休暇に通う施設です。

対象者は小学生低学年が主になるため、保育園での業務より年齢層が上がるのが特徴です。

仕事内容は子ども達の宿題をみたり、年齢に応じた遊びを提供することが主となります。

基本的に放課後に当たる15時前後からの勤務となるので、プライベートとの両立もしやすいです。

以下に、学童スタッフの平均年収、ボーナス、および働く上での辛い点を表にまとめました。

項目詳細
平均年収¥3,000,000
ボーナス¥250,000
働く上で辛いこと・学童での子どものトラブルやケガに対応すること
・クラブ活動や塾などで忙しい子どもへの対応が大変
・保護者とのコミュニケーションが難しい場合

転職先ランキング4位.保育ママ

転職先ランキング4位.保育ママ

保育ママは「家庭的保育事業」とも呼ばれ、保育士の自宅やマンションの一室などを使って、安全な場所で保育をします。

子どもの対象年齢は3歳未満で、保育士一人につき3人まで預かることができます。(補助者がいる場合は5人まで可)

以下が家庭的保育事業の詳細です。

  • 比較的小規模(定員規模1人以上5人以下)で家庭的な雰囲気の下、きめ細かな保育を行います。
  • 0~2歳児3人につき1人の保育従事者が保育をします。また、補助者を置く場合は、0~2歳児5人につき保育従事者1人と補助者1人が保育をします。
  • 認定こども園、幼稚園、認可保育所のいずれかの施設と連携します。連携施設は家庭的保育事業実施施設に対し、「保育内容の支援」「代替保育の提供」「卒園後の進級先の確保」等の支援を行います。※平成31年度までは経過措置として設定していない場合もあります。

引用:地域型保育事業(家庭的保育事業)

自宅などで自身が保育ママを開く場合は、一定の条件を満たし自治体の認可を受けなければなりません。

メリットは、自分の方針で少人数の子どもとゆったりと関われることです。

補助業務の場合は保育が行われる場所に自分が通勤するだけなので、保育ママをするより気軽に取り組みやすいでしょう。

以下に、家庭的保育事業で働くスタッフの平均年収、ボーナス、および働く上での辛い点を表にまとめました。

項目詳細
平均年収¥3,500,000
ボーナス¥350,000
働く上で辛いこと・家庭的な環境での仕事のためプライベートが犠牲になることがある
・子ども数が少ないため、1対1のケアが求められることが多い
・保護者との距離感が近く、コミュニケーションが難しい場合

転職先ランキング5位.ベビーホテル

転職先ランキング5位.ベビーホテル

ベビーホテルは、「20時以降の保育」「お泊り」「半数以上が一時預かり」という条件を満たしている施設です。

なかには24時間営業のところもあります。

魅力は、夜勤が必須となるため時給が高く給与アップが見込める転職先です。

一時預かりや夜間利用の子どもが多いため、行事が少なく行事計画や作り物などの負担が少ないので、保育業務に集中しやすいのもポイントです。

以下に、ベビーホテルで働くスタッフの平均年収、ボーナス、および働く上での辛い点を表にまとめました。

項目詳細
平均年収¥3,800,000
ボーナス¥400,000
働く上で辛いこと・24時間体制でのシフト勤務があること
・子どもの状況に応じた対応が必要であること
・保護者からのクレーム対応があること

今すぐおすすめ転職サイトを見る

転職先ランキング6位.チャイルドマインダー

転職先ランキング6位.チャイルドマインダー

チャイルドマインダーは、保護者が仕事や用事で子どもを預ける必要がある時に、子どもたちの世話をする専門家のことを言います。

主な仕事内容は以下の通りです。

  1. 子どもの安全確保:安全な環境を提供し、事故や怪我が起こらないように注意を払います。
  2. 子どもの健康管理:食事や睡眠、トイレのサポートを行い、子どもの健康を維持します。
  3. 教育活動の提供:年齢に応じた遊びや学習活動を提供し、子どもの発達をサポートします。
  4. 保護者とのコミュニケーション:子どもの様子や成長を保護者に伝え、連携を図ります。
  5. 緊急時の対応:事故や病気の際に適切な対応を行い、必要に応じて保護者や関係機関と連絡を取ります。
アドバイザー
なお、国や地域によっては、チャイルドマインダーの資格要件や規制が異なるため、具体的な情報は以下の地域の関連機関やウェブサイトを参照してください。

Welcome to the Scottish Childminding Association website…

以下に、チャイルドマインダーの平均年収、ボーナス、および働く上での辛い点を表にまとめました。

項目詳細
平均年収¥3,600,000
ボーナス¥300,000
働く上で辛いこと・自宅での仕事のため、プライベートとの境界が曖昧になることがある
・保護者との密接なコミュニケーションが求められること
・一定の環境整備や安全対策が必要であること

転職先ランキング7位.写真スタジオで働くカメラマン

転職先ランキング7位.写真スタジオで働くカメラマン

保育士の資格を活かした転職先として、子ども専門の写真スタジオで働くカメラマンがおすすめです。

子どもの表情を引き出すコツや安心感を与えるスキルは、保育士の経験が活かされます。

また、撮影の際に子どもとのコミュニケーションが重要であり、保育士はその点で優れています。

さらに、撮影後のアルバム作成やデータ管理など、事務作業もこなすことが求められますが、保育士として培った経験が役立ちます。

子どもの笑顔を撮影しながら、自分のスキルを活かして働くカメラマンはやりがいのある職種としておすすめです。

以下に、写真スタジオで働くカメラマンの平均年収、ボーナス、および働く上での辛い点を表にまとめました。

項目詳細
平均年収¥4,000,000
ボーナス¥350,000
働く上で辛いこと・土日祝日や繁忙期の勤務が多いこと
・クレーム対応やお客様の要望に応じた撮影が難しい場合
・競合他社との差別化や新しい技術、トレンドのキャッチアップが求められること

転職先ランキング8位.塾講師

転職先ランキング8位.塾講師

保育士の資格を活かした転職先として、塾講師がおすすめです。

保育士として培った子どもへの理解やコミュニケーション能力は、教育現場で大いに役立ちます。

また、授業の進行やカリキュラム作成など、教育に関わるスキルを身につけることができるでしょう。

塾講師として働くことで、子どもたちの成長を間近で感じられるやりがいを得られるうえに、アルバイトやパートタイム、正社員など、働き方の選択肢が豊富です。

子どもたちの学びのサポートをおこないながら、保育士の経験を活かす塾講師の仕事は、転職先として魅力的です。

以下に、塾講師の平均年収、ボーナス、および働く上での辛い点を表にまとめました。

項目内容
平均年収¥4,200,000
ボーナス¥450,000
働く上で辛いこと・土日祝日や長期休暇中の勤務が多いこと
・生徒の成績向上やモチベーション維持に責任を感じること
・保護者とのコミュニケーションやクレーム対応があること

転職先ランキング9位.子供向け用品の販売スタッフ

転職先ランキング9位.子供向け用品の販売スタッフ

保育士の資格を活かした転職先として、子供向け用品の販売スタッフがおすすめです。

保育士として培った子どもの成長や発達に関する知識は、子供向け用品の選定やアドバイスに役立ちます。

また、保育士が持っているコミュニケーション能力は、顧客との関わりやサービス向上に大変重要です。

子供向け用品の販売スタッフとして働くことで、子どもたちの成長をサポートする商品を提案するやりがいを感じられるでしょう。

さらに、働き方もフルタイムやパートタイムなど選べるため、ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。

保育士の経験を活かし、子どもたちの幸せを追求する子供向け用品の販売スタッフは、転職先として魅力的と言えます。

以下に、子供向け用品の販売スタッフの平均年収、ボーナス、および働く上での辛い点を表にまとめました。

項目内容
平均年収¥3,500,000
ボーナス¥300,000
働く上で辛いこと・立ち仕事が長時間続くこと
・休日や繁忙期のシフト勤務が多いこと
・クレーム対応や顧客満足度を追求するプレッシャー

転職先ランキング10位.給食関連の仕事

転職先ランキング10位.給食関連の仕事

保育士の資格を活かした転職先として、給食関連の仕事がおすすめです。

保育士としての栄養に関する知識や、子どもたちのアレルギーや好みに対応したメニュー提案ができることが強みとなります。

また、食育を通じて子どもたちの健康的な成長をサポートする役割を担うことになり、調理師や栄養士などの資格を取得することで、キャリアアップも期待できます。

働き方も幅広く、学校や保育園、給食センターなどさまざまな職場環境で活躍できます。

子どもたちの健康を支える給食関連の仕事は、保育士の経験を活かす転職先として魅力的です。

以下に、給食関連の仕事の平均年収、ボーナス、および働く上での辛い点を表にまとめました。

項目内容
平均年収¥3,600,000
ボーナス¥350,000
働く上で辛いこと・早朝からの勤務があること
・大量の食材を扱うための体力勝負な仕事
・アレルギーや食物制限に対応するプレッシャー

保育士から異業種に転職したい人の転職理由とは?

保育士から異業種に転職したい人の転職理由について解説します。

まず、働く環境を変えたいという思いが多く転職理由としてあります。

保育士の仕事は、子どもたちと接する機会が多く、人間関係が複雑になりやすいため、新たな職場で人間関係を築き直したいと考える方が多いです。

また、給与面での不満が転職理由として挙げられることもあります。

保育士の給与は、比較的低い水準にあり、労働時間が長いことから、給与アップを目指して異業種への転職を検討する方もいます。

さらに、スキルアップやキャリアアップを目指すことも一因です。

保育士のスキルを活かしながら、新たな分野で活躍し、自己成長を追求したいと考える方も少なくありません。

異業種への転職を検討する際は、自分の価値観やキャリアプランを見つめ直し、適切な転職先を見つけることが重要です。

保育士の平均年収は低い

現在も低賃金がささやかれる保育士業界ですが、厚生労働省賃金構造基本統計調査のデータを元に、ここ数年の給与の推移を以下の表にまとめました。

年度決まって支給される現金給与額年間賞与など
2017年22.9万円66.25万円
2018年23.93万円70.77万円
2019年24.45万円70.06万円

上記のように、保育士の給料は少しづつではあるものの上昇傾向にあることがわかります。

転職アドバイザーからのアドバイス
保育士として給料を上げる方法には少なからずあります。まず、現在の職場での昇給や昇格のチャンスを最大限に活用することが重要です。これには、職務遂行能力を高め、自己の価値を明確に示すことが含まれます。たとえば、継続的な研修参加や追加資格の取得、特別なプロジェクトやイベントの企画・運営などを通じて、自分のスキルと貢献度をアピールすることができます。また、定期的な成果や貢献を上司に報告し、評価の見直しや昇給を要求することも効果的です。また、保育園や幼稚園に限らず、他の教育機関や関連団体での雇用機会を探ることも一つの選択肢です。特に私立の教育機関や国際的な学校では、公立の保育園よりも高い給料を得ている場合があります。さらに、管理職や専門的なポジションへの昇進も給料アップに繋がりますので、これらのポジションを目指すこともできるでしょう。ただ、20代は難しいことが多いです。最後に、場合によっては転職が最も効果的な方法となることもあります。他の保育施設や異なる業界への転職を検討する際には、給料だけでなく、労働条件や職場環境なども総合的に考慮することが重要です。職場を変えることで、新たなキャリアの道が開け、給料アップにつながることもあります。
関連記事

「保育士の給料は本当に低いのか?」「このままの給料で生活できるのか?」低賃金のイメージが高い保育士に関して、上記のような疑問を抱く人は多いです。そこで、この記事では都道府県別、年齢別、経験年数別、さまざまな方向から保[…]

保育士の給料

人間関係が悪い

人間関係の悩みは誰しもが抱える問題ですが、なかでも職場の指導方針が理由になることは稀ではありません。

保育園の指導方針があなたに合わなかった場合、毎日の仕事でストレスを感じるでしょう。

保育園の指導方針で悩まされないためには、あなたに合った指導方針を掲げている保育園に勤めることです。

他にも保育士ならではの人間関係の問題があるので詳しくは以下の記事を参考にしてください。

転職アドバイザーからのアドバイス
保育士として人間関係の問題に直面している場合、まず現状の職場での人間関係を改善することを目指してみてはどうでしょうか。転職を検討する前に、今の環境で可能な限りの解決策を試みてください。それには、問題の原因を明確に理解することが必要です。具体的な事例や状況を振り返り、どのような行動が今の原因になっているのか、または誤解が生じている可能性はないかを考えてください。次に、信頼できる同僚や上司に相談を持ち掛け、第三者の意見を聞いてみることも重要です。他者の視点からアドバイスを受けることで、新たな解決策が見えてくることがあります。そして、コミュニケーションの改善にも努めましょう。直接的な対話を通じて誤解を解消したり、相手の立場や感情を理解したりすることで、関係の修復につながることが多いです。ただし、対話の際は非難や怒りを避け、穏やかな方法で意見を交換することが重要です。それでも状況が好転しない場合、転職を検討することも一つの選択肢です。しかし、転職は大きな決断であり、新しい職場でも同様の問題が発生する可能性があることを理解することが重要です。転職を検討する際には、新しい職場の文化や環境について十分に調査し、自分にとってより適した職場を見つけることを目指しましょう!
関連記事

「なぜ保育士は人間関係のストレスを抱えやすいの?」「保育士が人間関係の悩みを抱えないためのポイントは何?」「保育士が人間関係の悩みを抱えたときの改善方法はある?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、保[…]

保育士の人間関係

保育士から異業種への転職で不安なこと

保育士の転職で不安なこと

転職は人生を左右する大きな決断です。

違う職種に挑戦したい気持ちがあっても、不安がよぎるのは当然のことでしょう。

保育士の転職でよくある不安な内容をまとめました。

  1. 残業や人間関係…転職しても同じ悩みを持たないか不安
  2. 保育士から一般企業へも転職できるか不安
  3. 転職活動をする時間がない

残業や人間関係…転職しても同じ悩みを持たないか不安

保育の仕事は、実際に現場を見てみないと雰囲気はわかりません。

いくら求人票の条件が良くても、いざ就職した職場は「とても離職率の高い職場だった」「サービス残業が当たり前」というハズレくじを引いてしまう可能性があります。

結局、前の職場と大差のない働き方になり、転職回数だけを無駄に重ねることが不安要素となりがちです。

アドバイザー
どんな職場にも一定の課題は存在するものです…。完璧な職場はないことを理解し、新しい職場での調整や対応に柔軟な姿勢を持つことが重要です。新しい環境に慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、前向きな姿勢で挑戦することが、新しい職場での成功への鍵となります!
辞めさてくれない人は…

退職代行サービスは仕事を辞めたいけれど辞められない方におすすめです。

このサービスは、退職手続きや代理交渉、面倒な連絡事項を代行してくれるため、働く人にとって精神的負担が軽減されるでしょう。

退職代行サービスを利用することで、スムーズに職場環境から脱却でき、新たな道へのスタートを切ることが可能です。

退職代行サービス

退職代行トリケシ」は、労働組合が運営している退職代行サービスで、24時間のLINE対応で、即日退職ができると人気のサービスです。

労働組合が運営しているので、民間の企業が運営しているサービスよりやや5,000円ほど高い料金ですが、労働組合が運営していることで、「会社の意見に反論できる」という強みがあります。

退職代行トリケシの場合、「団体交渉権」を保有しているので、「有給は支払いません」や「即日退職させません」というのに対して反論できる権利があります。

訴訟を起こすつもりはないけど理由をつけて退職を断られたときは反論してほしいという方におすすめです。

また他の退職代行サービスと異なり、「辞めた後の書類の受け取りサポート」から「転職支援」「引越しサポート」まで充実したアフターフォローが備わってます。

「退職代行トリケシ」の詳細は以下の表を参考にしてください。
サービス名料金支払い方法特徴
退職代行サービス25,000円(税込)※全額返金保証ありクレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
電子マネー
・職場への連絡不要で顔を合わせる必要もなし!
・分割払いも対応
・必ず退職できる
※退職代行サービスで電子マネー決済支払いできるのはほとんどございません。
  • 24時間対応で即日退職可
  • 安心で労働組合が運営
  • 全額返金保証あり

即日
退職
LINEで
無料相談

リンク先:https://torikeshi.jp/

☆退職できなければ返金
☆職場への連絡も不要

保育士から一般企業へも転職できるか不安

保育士からは離れてみたいけど、保育士しか経験がないのに一般企業に就職できるのかは大きな不安になるでしょう。

現実として、まったく違った職種への就職となるため周囲よりも学ぶべきことがたくさんあります。

ただ、営業事務や接客業は経験よりもやる気を重視する傾向にあるので、未経験でも採用されるケースが多々あります。

事務職を希望する場合には、ハローワークの職業訓練の活用がおすすめです。

パソコンやビジネスマナーを教わったり、資格取得を支援してくれるので一般企業への就職がしやすくなります。

また、異なる職業への転職は年齢が上がれば上がるほど難しくなります。

転職の意向が固まっているのであれば、決断は早いほうが有利でしょう。

アドバイザー
まず、転職活動を始める前に、自分の価値観、キャリアゴール、そして何よりも重要視する労働条件を明確に決めてくださいね!これには、希望する労働時間、ワークライフバランス、人間関係の理想像なども含まれます。分の強みや専門性が評価され、成長できる環境を見つけることで、人間関係の構築もスムーズになるでしょう!

転職活動をする時間がない

保育士は朝早くから夜遅くまでのシフト体制なので、ゆっくり転職活動する時間が取れないのも悩みのひとつです。

時間に追われて転職活動をすると、現状から早く抜け出したいという焦りから失敗に繋がる可能性があるので注意が必要です。

アドバイザー
転職サイトの利用も検討してみてください。転職サイトはあなたの希望条件に合った求人を探し出し、応募プロセスのサポートを行ってくれます。また、なかには履歴書や職務経歴書の作成のサポートや面接の調整、企業との年収交渉など、時間がかかる部分を代行してくれるため、忙しい中でも転職活動を進めやすくなります!

\ 働きながら転職したい人にピッタリ /今すぐおすすめ転職サイトを見る

関連記事

「保育士の転職時期はいつが最適?」「保育園辞めたいけど、転職活動の時期はいつがいいの?」「保育士の求人数が多く出る時期はいつなの?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、保育士の最適な転職時期や活動をは[…]

保育士の転職に1番最適な時期

保育士から異業種への転職での注意点

保育士からの転職を成功させる4つの方法

保育士の転職をさせるために実践して欲しいポイントを4つご紹介します。

  1. 自己分析を徹底させる
  2. 保育士から転職するには自己PRに力を入れよう
  3. 保育士からの転職は履歴書の退職理由に要注意【例文あり】 
  4. 転職エージェントを活用する

①自己分析を徹底させる

転職を繰り返さないためにも自己分析を徹底させることは非常に重要です。

自己分析ですることは以下の3つです。

  1. 将来像ややりたいことを明確にする
  2. 自身の強み、弱みをはっきりさせる
  3. なぜ今の職場を辞めたいのかを分析する

自身のことをしっかり理解していると採用する側の立場で物事を考えやすく、面接でも好印象となります。

しかし、自己分析を怠ると自身を上手く売り出せないためなかなか採用されず、たとえ内定をもらえても転職先でミスマッチが起こります。

紙に書き出したり、第三者に聞いてもらうとより明確な自己分析ができるでしょう。

関連記事

「保育士が転職に失敗する理由ってなに?」「保育士転職で失敗する人の特徴ってあるの?」「保育士が転職で失敗を防ぐ方法はあるの?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、保育士が転職に失敗する理由や特徴ついて[…]

保育士が転職に失敗する理由は?特徴や対策方法も解説

②保育士から転職するには自己PRに力を入れよう

転職活動でとても重要になるのが、自分のことを最も知ってもらえる自己PRです。

ポイントは、保育士ならではの経験やスキルを強みとしてアピールすることです。

自己PRでは以下の3つのことのような文を考えましょう。

  1. 大人数の子どもを同時にみながらも一人ひとりに合った配慮をするため、細やかな気配りと瞬時の対応能力に長けている
  2. 保護者対応や保育士間のスムーズな伝達業務に慣れているので、円滑にコミュニケーションが取れる
  3. 保育、カリキュラム制作、行事の準備のように一度に多くの業務を進行させるマルチタスク管理が得意

ほかにも「体力には自信がある」「手先が器用」というように、自身が得意とする分野をしっかりアピールするのがコツです。

採用側も「保育士さんはどのようなスキルがあるのか」が気になるポイントです。

保育士ならではのエピソードを混じえることで他人との差がつき、採用確立も高くなるでしょう。

自己PRに力を入れると、自分のしたいことが明確になり志望動機も固まりやすくなります。

③保育士からの転職は履歴書の退職理由に要注意【例文あり】

転職先の採用する側にとって最も気になるのが、なぜ前職を辞めたかという退職理由です。

なかでも履歴書は面接に至る前に目を通すので、そこで印象が悪いと面接にたどり付けません。

たとえば、以下のようにもしかしたら本人に否があったと捉えられるような退職理由は絶対に避けましょう。

  • 人間関係が上手く行かなかった→ほかでも上手く行かない可能性がある
  • 業務量が多く追いつかなかった→本人の容量が悪いだけかもしれない

【例文①】

保育士の仕事も大変魅力を感じておりましたが、なかでも物事の企画提案を得意としています。

その力をさらに発揮できる職場で、新たに挑戦したいと思い退職を決意致しました。

【例文②】

前職は、自身との保育方針の違いにより退職を決意致しました。

行事に力を入れている園だったため子どもと伸び伸びと過ごす時間が少なかったため、子ども一人ひとりと親密に関わり成長を促す保育をしたいと思うようになり退職の意向を固めました。

④転職サイト・転職エージェントを活用する

時間がないなかでも要領よく転職するには、転職エージェントや転職サイトの利用をおすすめします。

利用するメリットは以下の4つです。

  1. アドバイザーが好条件の求人を探してくれるので、自分で探し回る手間が省ける
  2. 過去のデータや実際に足を運んで調査した内容に基づき、転職を希望する職場の離職率や内部事情を教えてくれるので転職後のミスマッチが避けられる
  3. 履歴書の書き方や面接対策もしてくれるので、転職に対する不安が減少される
  4. 好条件のため応募が殺到するのを防いでいる非公開求人も見ることができる

デメリットとして、電話がしつこいという口コミもありますが、担当のアドバイザーに伝えると電話頻度を減らすといった対応も可能なのであまり心配はいりません。

このように転職エージェントや転職サイトを利用することで、質のよい転職ができる可能性が広がります。

おすすめの転職エージェント・転職サイトについて解説していきましょう。

今すぐおすすめ転職サイトを見る

異業種への転職でも使えるおすすめの保育士転職サイト

異業種もしくは保育士資格を活かして同業種に転職する場合、保育士専用の転職サイトがおすすめです。

保育業界でありがちな悩みの人間関係も専属アドバイザーが調査をするので、転職失敗の確率をグンッと減らせるでしょう。

→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年2月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\保育士から異業種◎/
マイナビ保育士
マイナビ保育士
21,000件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・異業種への転職なら王道の転職サイト
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://hoiku.mynavi.jp/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/

保育士から異業種転職なら「マイナビ保育士」が一択と言えます。

マイナビ保育士

マイナビ保育士」では保育業界内の転職だけではなく、異業種への転職もサポートしております。

例えば、一般事務、営業事務、アパレル、営業などの一般職の求人を多数保有しています。

少しでも保育士を辞めたくて、他職種を検討しているのであれば、相談だけでも無料なので、登録してみる価値はあるでしょう。

たった1分で登録する


転職サイトの仕組み

マイナビ保育士|大手だからこその安心感と信頼性


マイナビ保育士
「マイナビ保育士」は大手人材会社の「マイナビ」が運営するサービスで、大手だからこその求人をトップクラスで保有しています。

マイナビ保育士のキャリアアドバイザーが職場に直接訪問して厳選した求人をご紹介します。

そのため、他よりもミスマッチない新しい職場選びができるのが特徴です。
転職の流れはじめての転職にも強い転職サイトで、以下の方におすすめです。
・異業種に転職も視野に入れたい
・1日の一部の時間を休みたい
・前職はサービス残業が多かった
・パートのお給料では少なすぎる
・小規模の保育園がいい
相談だけでも無料なので、少しでも気になる方はまずは登録だけでもしてみてください。
案件数17,000件(2024年2月)
最大の特徴登録しておいて損はなし!!
  • 保育の仕事が初めてでもOK
  • 時間固定・パートもOK
  • 退職交渉もサポート

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://hoiku.mynavi.jp/

☆年収UPも期待
☆プライベートの融通が効く

マイナビ保育士の口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「マイナビ保育士の口コミや評判は良い?」「マイナビ保育士を利用するメリットとデメリットは何?」「マイナビ保育士はどのような流れで利用する?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、マイナビ保育士の口コミや[…]

マイナビ保育士

保育士ワーカー|保育士が支持する保育士転職サイト


保育士ワーカー
保育士ワーカー」は、保育園、幼稚園、院内保育、企業内など数万件を超える求人を無料でご紹介してくれる転職サイトかつ、高給与で残業少ないなどの求人が多いのが特徴です。

また利用した保育士のユーザー満足度は97%と高い支持率を得ています。

求人数が多いので、とりあえず色んな求人をチェックして、良さそうな求人があったら応募したいし、転職を考えてみたいという方におすすめです。

保育士ワーカー
また、保育士ワーカーの登録者数は約30万人を超え、現役保育士の3人に1人が登録しているとされているほど保育士に人気の転職サービスです。
動画で見る
案件数42,649件(2024年2月)
最大の特徴派遣社員なら給与即払い制度あり
  • 保育士・幼稚園教諭向け
  • 満足度97%の脅威の数値
  • 全国の求人が見つかる!!

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://hoikushi-worker.com/

☆保育士ワーカーだけの求人が多い
☆年収交渉や面接対策◎

保育士ワーカーの口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「保育士ワーカーを実際に利用した人の口コミはある?」「保育士ワーカーの口コミや評判からわかるメリットやデメリットは何?」「保育士ワーカーを利用するまでの流れはどうすれば良い?」こんな悩みを抱えていませんか?こ[…]

保育士ワーカー

せんとなび保育|前払い・週払い制度あり


せんとなび保育|前払い・週払い制度あり

せんとなび保育」は、業界トップレベルの時給で給料の前払いもしく週払いができる転職サイトです。

また現場をよく知っているせんとなびのスタッフが在籍しているので、難しい人間関係の構築面もサポートしてくれます。

そのため、職場で何か嫌なことがあったりしたときは、職場に言いにくいこともあると思うので、その際はせんとなびのスタッフに相談できる環境が整っています。
案件数20,000件(2024年2月)
最大の特徴せんとなびのスタッフが職場との人間関係をサポート
  • 福利厚生が充実求人が豊富
  • 働きやすい環境をサポート
  • ママさんやシニアでもOK

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://st-navi.jp/hoiku/

☆週1日からOK
☆短時間の勤務でもOK

せんとなび保育の口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「せんとなび保育の口コミや評判は良い?」「せんとなび保育を利用する際のメリットとデメリットは何?」「どのような流れでせんとなび保育を利用すれば良い?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、せんとなび保育[…]

せんとなび保育の口コミ・評判

保育士向け転職サイトのおすすめ

関連記事

転職活動には転職サイトに複数登録するとよいと聞いたけど、「転職サイトは掛け持ちしてもいい?」「どこのサイトを選べばいい?」といった疑問を持っていませんか?この記事では、転職サイトを掛け持ちするメリット・デメリ[…]

保育士転職サイトを掛け持ちするメリットとデメリットとは?

転職希望の保育士注意!在籍中の園への退職理由の伝え方

転職希望の保育士注意!在籍中の園への退職理由の伝え方

転職するのはよいですが、退職の意向を伝える時期には注意が必要です。

保育園で働く保育士はクラス担任に配属されるため、年間を見越した人事の配置になっています。

基本的には3月まで在籍するのが望ましいです。

そして、退職は子どもや保護者にも影響が出るため、遅くても退職の3ヶ月前には伝えるようにしましょう。

退職理由の伝え方

また、退職理由を園側に伝える際にも注意が必要です。

退職意向を伝えた後も少なくとも数ヶ月は現在の園でお世話になります。

間違った伝え方をするとその後気まずくなり、働き方に影響がでます。

保育の仕事は好きだけど、新しいことにチャレンジしたい」など、前向きな理由に置き換えましょう。

「残りわずかな時間となりましたが、精いっぱい保育に携わります」と今までと変わりなく勤務する姿勢をみせると好印象です。

最後に「大変お世話になりました」と感謝の気持ちを伝えることも忘れないようにしましょう。

保育士から異業種転職でよくある質問

保育士の離職率はどれくらい?

保育士の離職率に関する統計は、厚生労働省が実施する「保育所等における保育士の処遇改善等に関する調査」により報告されています。

厚生労働省の「保育所等における保育士の処遇改善等に関する調査」の調査結果によれば、2019年度の保育士の離職率は9.1%でした。

保育士の転職理由で多いのは?

厚生労働省が実施した「2022年度保育所・認定こども園の人材確保および処遇改善に関する調査結果」によると、保育士の転職理由は以下のようになっています。

  1. 勤務条件(休日・勤務時間等): 28.3%
  2. 職場環境(人間関係・職場の雰囲気等): 25.3%
  3. 給与: 18.9%
  4. 仕事のやりがい・適性: 15.7%
  5. 通勤の負担: 14.8%
  6. 仕事と家庭・子育ての両立: 14.6%
  7. その他: 21.2%

保育士で働くのは何歳までが限界?

公立保育所では60歳が退職の年齢とされていますが、公立保育所の保育士は地域の公務員であるため、65歳までの再就職プログラムが利用できます。

定年を迎えても、希望があれば、園長や育児支援センター等の異動を通じて、保育の現場での仕事を継続することができます。

保育士から一般企業に転職できる?

もちろん、保育士から一般企業への転職は可能です。

保育士として培ったスキルや経験は、一般企業でも十分に活かすことができます。

例えば、保育士としてのコミュニケーション能力や対人スキルは、営業やカスタマーサポートなどの職種で役立ちますし、子どもたちの成長や発達をサポートする経験から、人材育成や研修担当の仕事にも適応できるでしょう。

さらに、保育士が持っている子育てや教育に関する知識は、子ども向け商品やサービスを扱う企業での企画・開発やマーケティングに活かせます。

転職を検討している方は、保育士としての経験やスキルをどのように一般企業で活かせるかを考え、自分に合った職種や企業を見つけることが大切です。

また、保育士向けの転職サイトなどを利用して、自分の強みを活かした転職活動を進めることをおすすめします。

男性保育士が転職で挫折してしまう理由は?

以下の要因が組み合わさることで、男性保育士が転職に際して挫折感を抱くことがあります。

これらの課題に対処するためには、職場環境の改善やキャリアパスの明確化、報酬体系の見直し、そして性別に対する偏見の排除などが必要です。

挫折してしまう理由説明
性別に対する偏見伝統的に女性職業と見なされるため、男性保育士は偏見やステレオタイプに直面し、職場での受け入れが難しい。
キャリアパスの不明瞭成長や昇進の機会が限られており、男性保育士にとってのキャリアアップの道筋が不明確。
ワークライフバランス過重労働や不規則な勤務時間が問題となり、特に家庭を持つ男性保育士にとってワークライフバランス維持が困難。
報酬の不満保育士全般に低い報酬に対する不満があり、転職後に比較的高い報酬を期待していた場合、挫折感を引き起こすことがある。
職場環境の問題職場での孤立感や、チーム内でのコミュニケーションや協力関係の構築が難しいことがある。

まとめ|保育士から異業種への転職はおすすめ!

憧れの思いを抱いて保育士になる人は多いですが、現実の壁にぶつかって辞めたいと思う場合が多いのも保育士です。

「保育士しか経験がない」と思いがちですが、保育の仕事にはさまざまなスキルが詰まっています。

事務職や営業職は一見、保育士と関係ないように思えますが、他業種への転職でもこれまでの経験がきっと役に立つでしょう。

保育士にしかできない経験を自信に変えて、新たな一歩を踏み出してみましょう。

素敵なワークライフとなることをお祈りしています。

→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年2月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\保育士から異業種◎/
マイナビ保育士
マイナビ保育士
21,000件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・異業種への転職なら王道の転職サイト
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://hoiku.mynavi.jp/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/