保育士から事務職への転職成功方法をプロが解説!

保育士としての経験を活かしながら、安定した勤務時間を求める方におすすめなのが、事務職への転職です。

この記事では、保育士から事務職へ転職する方法や選ぶ理由、メリットを紹介します。

具体的な内容として以下の項目を解説します。

  1. 事務職探しの最適な方法
  2. 必要なスキルや資格
  3. 医療や保育関係の事務もある

保育士の経験を活かし、新たなキャリアを築くためのポイントや、転職後のワークライフバランスの重要性などもお伝えします。

最後まで読んで、保育士から事務職への転職方法をマスターしましょう。

関連記事

現在の保育士としての仕事に対して何らかの不満や限界を感じていませんか?「保育士から転職ってどう?異業種への転職は可能?保育士から違う仕事への転職での注意点は?保育士以外でおすすめの職場は?」「保育士資格を活かして他にはどんな[…]

保育士から転職しやすいおすすめの異業種の仕事15選!違う仕事ならどこがいい?
夏までに転職したい方はお早めに!!

保育士バンク!
保育士バンク!」は、アプリやLINEから求人の紹介や転職活動ができるので、平日の日中が忙しい人でも隙間時間で転職活動ができます。

転職がはじめての人でも安心できるよう、履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策、応募先との勤務面や年収面の交渉などを転職活動に必要な要素を全てサポートしてもらうことができます。

転職するのもすぐに決定するのではなく、求人には園の環境がわかる動画コンテンツなどが掲載されているので、事前に職場環境のチェックができ、ミスマッチない転職活動が行えます。
  • LINEでの連絡OK
  • 全国に2万園以上の提携園
  • 園の写真・動画コンテンツが豊富
  • 資格を活かせるベビーシッターなどの求人もあり

完全
無料
5ステップで
無料登録(30秒)

リンク先:https://www.hoikushibank.com/

☆まだ転職考えてなくてもOK!!
☆累計40万人が利用したサービス

目次

保育士から事務職へ転職する方法と選ぶ理由

保育士から事務職へ転職する方法と選ぶ理由

保育士から事務職へ転職する理由は、勤務時間の短縮や残業の減少、さらにはキャリアアップや給与の向上を求めるためです。

具体的な転職方法は、転職サイトの利用、エージェントの活用、派遣・紹介会社の登録などが挙げられます。

アドバイザー
保育士の経験を活かして事務職へ転職するためには、以下の点を意識しましょう。
  1. スキルのアピール
  2. 資格の取得
  3. コミュニケーション力の強化

スキルでは、パソコン操作や事務作業に関連する知識や経験をアピールするのがおすすめです。

資格については、ビジネス系の資格を取得することで、経験の浅い事務職でも有利に働きます。

また、保育士として培ったコミュニケーション力や人間力をアピールすることも大切です。

まとめると、保育士から事務職への転職は、パソコンやビジネススキルを身に付けて、保育士として培ったスキルをアピールするとスムーズに達成できます

関連記事

「保育士は一般企業に転職できるの?」「保育士が異業種に転職するときはどの仕事がおすすめなの?」「保育士が一般企業に転職を考える理由はなに?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、「保育士は一般企業に転職[…]

保育士から一般企業に転職

保育士から事務職へのメリット

保育士から事務職へのメリット

保育士から事務職への転職には以下のメリットがあります。

  1. 勤務時間の短縮
  2. 残業の減少
  3. キャリアアップ
  4. 給与の向上

勤務時間の短縮や残業の減少は、仕事とプライベートのバランスを整えやすく、自分の時間を持てるようになります。

また、事務職は多様な業務が存在するため、キャリアアップの幅が広がり、スキルや知識の向上が期待できます。

さらに、年収や給与面アップの可能性もあるでしょう。

事務職には一般事務から専門性の高い職種まで多くの選択肢があり、キャリアアップに伴って給与も上がることが期待できます。

アドバイザー

保育士から事務職への転職は、多くのメリットが期待できる選択です!

以下は、保育士から事務職に転職する際のメリットとその理由を表にまとめたものです。

メリット理由
勤務時間の短縮事務職は一般的に固定の労働時間が設定されており、シフト制ではないため、勤務時間が規則正しくなることが多い。これにより、プライベート時間が確保しやすくなる。
残業の減少保育士は子どもたちの保護者が遅くなった場合など、予定外の残業が発生しやすい。事務職はタスクや業務内容が明確であることが多く、予定通りに終わることが多い。
キャリアアップ事務職では、経験やスキルを積むことで、管理職や専門職への昇進が可能。また、事務のスキルは多くの業界で活用できるため、転職の幅も広がる。
給与の向上事務職には給与が上昇するキャリアパスが設定されていることが多い。経験やスキル、業績に応じて昇給やボーナスが増える可能性が高まる。

事務職探しの最適な方法

事務職を探すために最適な方法は以下の通りです。

  1. 転職サイトの利用
  2. エージェント活用
  3. 派遣・紹介会社の登録

転職サイトでは、求人情報が豊富にあるため、自分に合った職種や条件を検索しやすいです。

また、応募前にサイト内で履歴書の作成や志望動機の添削サポートが受けられます。

エージェントを活用すると、専門の担当者が自分に合った求人を紹介してくれます

また、面接対策や職務経歴書の書き方などのアドバイスももらえるため、初心者にもおすすめです。

派遣・紹介会社の登録をすることで、一定期間の派遣で働きながら事務職に慣れることができます。

派遣期間が終わった後、そのまま正社員として採用されることもあります。

これらの方法を組み合わせることで、自分に合った事務職を見つけることができるでしょう。

アドバイザー
転職サイトと転職エージェントの最適な使い方は以下の通りです!
ステップ内容・手順
1. サイト選び保育士専門の転職サイトを選びます。評判や口コミ、提供しているサービス内容を確認して選ぶとよい。
2. 会員登録選んだサイトにアクセスし、必要な情報を入力して会員登録を行います。多くの場合、メールアドレスや基本情報が求められる。
3. プロフィールの作成登録後、経験や保有資格、希望の勤務地・条件などの詳細なプロフィールを作成します。この情報を元に求人のマッチングが行われるため、詳しく入力することが重要です。
4. 求人の検索・閲覧サイト内で現在の求人情報を検索し、興味があるものを閲覧します。条件や給与、勤務地など、自分の希望に合った求人を探すことができます。
5. 応募気に入った求人が見つかった場合、サイト経由で直接応募を行うか、転職サポートの担当者と相談して応募を進めます。
6. 面接応募した企業や施設から面接の日程が決まった場合、指定された日時に面接を受けます。面接前には事前に企業情報や役職の内容を確認しておくと良いです。
7. 内定・入職面接が終わった後、内定がもらえれば入職手続きを進めます。契約内容や待遇をしっかり確認してから、入職を決定します。
8. 転職サポートの活用多くの転職サイトでは、転職活動をサポートする専門の担当者がつく場合があります。不安や疑問がある場合は、気軽に相談してみると良いでしょう。

保育士から事務職への転職で必要なスキルや資格

事務職への転職に必要なスキルは、基本的なパソコン操作、文書作成、コミュニケーション能力などが挙げられます。

特にExcelやWordの使い方は重要で、タイピング速度も職場によっては重視されることがあります。

また、電話対応や細かい作業に慣れておくことも役立つでしょう。

一方で、資格に関しては必ずしも必要ではありませんが、事務職に有利な資格として、簿記や秘書検定、ビジネスマナー検定などが存在します。

これらの資格を取得しておくことで、求人応募時にアピールポイントが増え、採用に繋がる可能性が高まります。

アドバイザー

保育士から事務職に転職する際は、保育の経験を生かせる職場を選ぶこともおすすめです。保育関係の企業や施設であれば、保育士の資格や経験が役立つ場面が多く、円滑に転職活動が進むことでしょう。

関連記事

「幼稚園教は違う仕事に転職できる?」「幼稚園教からの転職におすすめの就職先はどこ?」「幼稚園教諭から小学校教諭への転職は有利なの?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、幼稚園教諭からほかの仕事に転職は[…]

幼稚園教諭からの異業種転職でおすすめの転職先ランキング!

保育士から事務職に転職するのにおすすめの転職サイト

保育士資格を活かして事務職に転職する場合、保育士専用の転職サイトがおすすめです。

保育業界でありがちな悩みの人間関係も専属アドバイザーが調査をするので、転職失敗の確率をグンッと減らせるでしょう。

→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年4月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\累計40万人が利用◎/
保育士バンク!
保育士バンク!
59,982件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・LINEだけで転職活動ができる
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://www.hoikushibank.com/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/

転職サイトの仕組み

保育士バンク!|業界トップクラスの累計40万人が利用


保育士バンク
「保育士バンク!」は厚生労働省の適正認定を持っている人材紹介会社で2万園以上と提携しており、保育士バンクにしかない保育園情報が充実しています!(プレミア求人が多数)大手だからこその求人をトップクラスで保有し

LINEで利用できるのでいつでもチャットで相談できるかつ、隙間時間にLINEだけで転職活動が行えるというメリットがあります。

そのため、必要なタイミングでアドバイスをしてもらえることができ、充実した転職活動を進めることができます。

転職サイトの仕組みはじめての転職にも強い転職サイトで、以下の方におすすめです。
・写真や動画で園の情報を知りたい
・入職者からのリアルな口コミを知りたい
・LINEでやりとりしたい
相談だけでも無料なので、少しでも気になる方はまずは登録だけでもしてみてください。
案件数59,982件(2024年4月)
最大の特徴累計40万が利用したサービス
  • 動画で園の情報が知れる
  • 求人に園の細部情報がたくさん
  • 書類作成のサポート

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://www.hoikushibank.com/

☆忙しい人でも転職がスムーズ
☆限定の園情報が盛りだくさん

転職相談や情報収集だけでも利用できるの?在職中でも登録可能?
相談だけでもOK!保育業界に精通したキャリアアドバイザーがアドバイスやサポートを無料でさせていただきます。また、在職中に登録できるので辞めようか悩んでいる人でも利用できます。
保育士バンクに登録する魅力とは?
保育士バンク!だけが持っている情報が多いからです。保育士バンクが持つオリジナル情報

保育士ワーカー|保育士が支持する保育士転職サイト


保育士ワーカー
保育士ワーカー」は、保育園、幼稚園、院内保育、企業内など数万件を超える求人を無料でご紹介してくれる転職サイトかつ、高給与で残業少ないなどの求人が多いのが特徴です。

また利用した保育士のユーザー満足度は97%と高い支持率を得ています。

求人数が多いので、とりあえず色んな求人をチェックして、良さそうな求人があったら応募したいし、転職を考えてみたいという方におすすめです。

保育士ワーカー
また、保育士ワーカーの登録者数は約30万人を超え、現役保育士の3人に1人が登録しているとされているほど保育士に人気の転職サービスです。
動画で見る
案件数42,649件(2024年4月)
最大の特徴派遣社員なら給与即払い制度あり
  • 保育士・幼稚園教諭向け
  • 満足度97%の脅威の数値
  • 全国の求人が見つかる!!

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://hoikushi-worker.com/

☆保育士ワーカーだけの求人が多い
☆年収交渉や面接対策◎

保育士ワーカーの口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「保育士ワーカーを実際に利用した人の口コミはある?」「保育士ワーカーの口コミや評判からわかるメリットやデメリットは何?」「保育士ワーカーを利用するまでの流れはどうすれば良い?」こんな悩みを抱えていませんか?こ[…]

保育士ワーカー

せんとなび保育|前払い・週払い制度あり


せんとなび保育|前払い・週払い制度あり

せんとなび保育」は、業界トップレベルの時給で給料の前払いもしく週払いができる転職サイトです。

また現場をよく知っているせんとなびのスタッフが在籍しているので、難しい人間関係の構築面もサポートしてくれます。

そのため、職場で何か嫌なことがあったりしたときは、職場に言いにくいこともあると思うので、その際はせんとなびのスタッフに相談できる環境が整っています。
案件数20,000件(2024年4月)
最大の特徴せんとなびのスタッフが職場との人間関係をサポート
  • 福利厚生が充実求人が豊富
  • 働きやすい環境をサポート
  • ママさんやシニアでもOK

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://st-navi.jp/hoiku/

☆週1日からOK
☆短時間の勤務でもOK

せんとなび保育の口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「せんとなび保育の口コミや評判は良い?」「せんとなび保育を利用する際のメリットとデメリットは何?」「どのような流れでせんとなび保育を利用すれば良い?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、せんとなび保育[…]

せんとなび保育の口コミ・評判

保育士向け転職サイトのおすすめ

医療や保育関係の事務もある

医療や保育関係の事務職には、一般の事務職とは異なるスキルや知識が求められることがあります。

例えば、医療事務では、医療用語や診療報酬請求の知識が必要です。

これらの知識は、医療事務の資格を取得することで身につけることができます。

また、保育関係の事務職では、保育士の資格や経験が活かせることが多く、施設で働く保育士のサポートや保護者とのコミュニケーションが必須です。

そのため、保育に関する知識や経験がある方が有利に働くことができます。

事務職への転職を考える保育士の方は、自分の経験やスキルを活かせる医療や保育関係の事務職を選ぶことで、スムーズに転職活動が進むことでしょう。

保育士から事務職に転職する前に準備しておくこと

保育士から事務職に転職する前には、まず自分のスキルや経験を整理することが大切です。

履歴書や職務経歴書を記入する際には、保育の経験で得た経験やスキルをアピールしましょう。

次に、事務職に必要なスキルを習得するための勉強や資格取得に励みます。

パソコン操作やビジネスマナーを身につけることで、事務職への転職がスムーズに進むでしょう。

最後に、自分が働きたい業種や職種についてリサーチし、求人情報を収集しておきます。

事前に準備をしておくことで、転職活動が効率的に進むことが期待できます。

アドバイザー
以下は、保育士から事務職に転職する前に準備しておくべきことを表にまとめたものです!
準備すること詳細・理由
パソコンスキルの習得事務職では日常的にオフィスソフトを使用するため、WordやExcelの基本操作を習得しておく。
タイピング練習文書の入力が多い事務職では、タイピング速度と正確性が求められることが多い。効率的な業務処理のためにタイピング練習をしてスキルを上げる。
ビジネスマナーの学習事務職では多くの部署や取引先とのコミュニケーションが求められるため、基本的なビジネスマナーを学ぶ。
専門資格の取得事務の資格(例:簿記、秘書技能検定など)を取得することで、転職時のアピールポイントとなり、より専門的な事務職を目指すことも可能になる。
業界研究転職先の業界や企業の業態、文化を理解することで、面接時の対策や自分に合った職場を見つけるための参考情報として役立つ。
自己PRや履歴書のブラッシュアップこれまでの保育士としての経験をどのように事務職に活かせるかを考え、自己PRや履歴書、職務経歴書をしっかりと作成・修正する。

効果的な履歴書や職務経歴書の書き方

効果的な履歴書や職務経歴書を作成するためには、以下のポイントを押さえましょう。

  1. 見やすいレイアウトとフォーマット
  2. 自分の強みやスキルを具体的にアピール
  3. 求められる職種や業界への適合性を示す
  4. 職務経歴書では業務内容を具体的に記載
  5. スキルや資格を明確に記載

まずは見やすいレイアウトとフォーマットを整え、自分の強みやスキルを具体的にアピールする文章を書きましょう。

また、求められる職種や業界への適合性を示すため、過去の経験や業務内容を具体的に記載してください。

スキルや資格も明確に記載し、自分がその職種に必要な能力を持っていることをアピールしましょう。

アドバイザー
保育士の志望動機60選は以下のPDFをダウンロードすることで閲覧可能です!

PDFをダウンロードする

事務職への応募に必要な資格やスキルを習得する方法

事務職への応募に必要な資格やスキルを習得する方法は以下の通りです。

  1. パソコンスキルの向上
  2. ビジネスコミュニケーション能力の磨き
  3. 一般事務処理能力の強化
  4. 専門資格取得

パソコンスキルは事務職において必須であり、習得方法としてはパソコンスクールやオンライン講座を活用できます。

また、ビジネスコミュニケーション能力は職場で円滑なコミュニケーションを図るために必要であり、実践を通じて磨くことができます。

一般事務処理能力は、経験や研修を通じて身に付けることができますが、専門資格取得も視野に入れましょう

具体的には、ビジネス実務法務士や簿記検定など、事務職に必要な資格を習得することで、自分の市場価値を高めることができます。

アドバイザー
それぞれのスキルを習得する理由を詳しく知りたい方は以下の表を参考にしてください。
必要なスキル理由
パソコンスキルの向上事務職では日常的にWord、Excel、PowerPointなどのオフィスソフトを使用するため、スムーズに作業を進めるための基本的なパソコンスキルが求められます。
ビジネスコミュニケーション能力の磨き事務職は多くの部署や外部の取引先とのコミュニケーションが頻繁に必要。効率的かつ正確な情報伝達、円滑な人間関係を築くためのコミュニケーション能力が必須となります。
一般事務処理能力の強化文書の作成、ファイリング、データの入力・管理など、日常的な事務処理タスクを迅速かつ正確にこなす能力が求められます。
専門資格取得事務職の中でも専門的な業務を担当する場合、資格が求められることがあります。資格を取得することで、専門的な知識を身につけるだけでなく、転職時のアピールポイントとしても有効です。

面接でアピールするべきポイント

面接でアピールするべきポイントは以下の通りです。

  1. 自分の強みや適性を具体例で示す
  2. 過去の業務経験から学んだことや成果
  3. 職種や業界への興味や情熱
  4. 企業や職場の将来に寄与できる点
  5. 自分がどのように成長したいか

自分の強みや適性を具体例で示し、過去の業務経験から学んだことや成果をアピールしましょう。

また、職種や業界への興味や情熱を伝えることで、その企業で働く意欲を示せます。

さらに、企業や職場の将来に寄与できる点や、自分がどのように成長したいかを説明することで、面接官に良い印象を与えることができます。

アドバイザー
保育士の転職理由の例文を知りたい方は以下のPDFを参考にしてくださいね!

PDFをダウンロード

保育士から事務職への転職で役立つスキル

保育士の経験を活かし、事務職へ転職を考える方が増えています。

事務職への転職に有利となるスキルを身につけることで、職場の選択肢が広がります。

具体的におすすめのスキルは以下の通りです。

  1. タイピング能力
  2. エクセル・ワード
  3. 簿記やITパスポート

これらのスキルは事務職において日常的に使用されるため、習得しておくと職場での業務効率がアップし、採用される確率も高まります。

タイピング能力

タイピング能力

事務職では、パソコンを使用しての作業が多く、タイピング能力は必須スキルと言えます。

特に、文書作成やデータ入力などの業務において、スピードと正確性が求められるため、高いタイピング能力を持っていることが重要です。

タイピング練習ソフトやオンライン教材を利用し、継続的に練習することでタイピング能力を向上させることができます。

また、タイピング速度を証明できる資格も存在するため、取得を検討することもおすすめです。

エクセル・ワード

エクセル・ワード

事務職において必須となるPCスキルの代表格が、エクセルとワードです。

エクセルは表計算ソフトであり、データ集計や分析、グラフ作成など様々な業務で活用されます。

ワードは文書作成ソフトであり、報告書や社内文書、資料作成などに使用されます。

エクセル・ワードの基本操作はもちろん、ショートカットキーや関数を使いこなせるようになると、業務効率の大幅アップが可能です。

独学で学ぶことも可能ですが、専門スクールやオンライン教材を利用することで効率的にスキルアップが可能です。

資格取得も視野に入れ、知識やスキルを身に付けましょう。

簿記やITパスポート

簿記やITパスポート

簿記とITパスポートは、業務の効率化やスキルアップを図るために役立つ資格です。

具体的には、簿記は会計業務の基本知識を学び、企業の財務や会計を理解する能力を身に付けることができます。

一方、ITパスポートはITに関連する基本的な知識を身に付ける資格で、パソコンやスマートフォンの操作や業務システムの利用に関する能力が認定されます。

これらの資格を取得するメリットは、業務のスキルアップはもちろん、転職活動において自分の価値をアピールするための強力な武器になることです。

■資格を持っているだけじゃ意味がない!

例えば、事務職への転職を希望する場合、簿記やITパスポートを持っていることで、他の応募者と差をつけることができます。また、給与面でも有利に働くことが期待できます。

しかし、資格を持っているだけでは十分ではありません。

実際に求人を見つける際には、自分のスキルや経験を活かせる職場を選ぶことが重要です。

また、資格を活かすためには、定期的な研修や知識のアップデートが必要です。

事務職におけるワークライフバランスの重要性と対応策

事務職におけるワークライフバランスは、仕事とプライベートの充実を図るうえで欠かせない要素です。

事務職は残業が多いとされることがありますが、適切な対応策を講じることで、ワークライフバランスを実現することが可能です。

対応策には以下のようなものがあります。

  1. 効率的な業務管理:タスク管理や優先順位の設定を行い、効率的に業務を進めることで、無駄な時間を削減する
  2. 休憩時間の活用:休憩時間を有意義に使い、リフレッシュすることで、効率的な業務遂行が可可能となる
  3. 労働時間の遵守:働く時間と休む時間を明確に分けることで、プライベートな時間を大切にできる

また、企業側もワークライフバランスを重視し、柔軟な勤務制度や福利厚生を整えることが求められます。

従業員が働きやすい環境を整えることで、労働生産性が向上し、企業全体の成長に繋がります。

保育士から事務職への転職で後悔しないためのポイントと注意点

保育士からの転職を成功させる4つの方法

保育士の転職をさせるために実践して欲しいポイントを4つご紹介します。

  1. 自己分析を徹底させる
  2. 保育士から転職するには自己PRに力を入れよう
  3. 保育士からの転職は履歴書の退職理由に要注意【例文あり】 
  4. 転職エージェントを活用する

①自己分析を徹底させる

転職を繰り返さないためにも自己分析を徹底させることは非常に重要です。

自己分析ですることは以下の3つです。

  1. 将来像ややりたいことを明確にする
  2. 自身の強み、弱みをはっきりさせる
  3. なぜ今の職場を辞めたいのかを分析する

自身のことをしっかり理解していると採用する側の立場で物事を考えやすく、面接でも好印象となります。

しかし、自己分析を怠ると自身を上手く売り出せないためなかなか採用されず、たとえ内定をもらえても転職先でミスマッチが起こります。

紙に書き出したり、第三者に聞いてもらうとより明確な自己分析ができるでしょう。

②保育士から転職するには自己PRに力を入れよう

転職活動でとても重要になるのが、自分のことを最も知ってもらえる自己PRです。

ポイントは、保育士ならではの経験やスキルを強みとしてアピールすることです。

自己PRでは以下の3つのことのような文を考えましょう。

  1. 大人数の子どもを同時にみながらも一人ひとりに合った配慮をするため、細やかな気配りと瞬時の対応能力に長けている
  2. 保護者対応や保育士間のスムーズな伝達業務に慣れているので、円滑にコミュニケーションが取れる
  3. 保育、カリキュラム制作、行事の準備のように一度に多くの業務を進行させるマルチタスク管理が得意

ほかにも「体力には自信がある」「手先が器用」というように、自身が得意とする分野をしっかりアピールするのがコツです。

採用側も「保育士さんはどのようなスキルがあるのか」が気になるポイントです。

保育士ならではのエピソードを混じえることで他人との差がつき、採用確立も高くなるでしょう。

自己PRに力を入れると、自分のしたいことが明確になり志望動機も固まりやすくなります。

③保育士からの転職は履歴書の退職理由に要注意【例文あり】

転職先の採用する側にとって最も気になるのが、なぜ前職を辞めたかという退職理由です。

なかでも履歴書は面接に至る前に目を通すので、そこで印象が悪いと面接にたどり付けません。

たとえば、以下のようにもしかしたら本人に否があったと捉えられるような退職理由は絶対に避けましょう。

  • 人間関係が上手く行かなかった→ほかでも上手く行かない可能性がある
  • 業務量が多く追いつかなかった→本人の容量が悪いだけかもしれない

【例文①】

保育士の仕事も大変魅力を感じておりましたが、なかでも物事の企画提案を得意としています。

その力をさらに発揮できる職場で、新たに挑戦したいと思い退職を決意致しました。

【例文②】

前職は、自身との保育方針の違いにより退職を決意致しました。

行事に力を入れている園だったため子どもと伸び伸びと過ごす時間が少なかったため、子ども一人ひとりと親密に関わり成長を促す保育をしたいと思うようになり退職の意向を固めました。

④転職サイト・転職エージェントを活用する

時間がないなかでも要領よく転職するには、転職エージェントや転職サイトの利用をおすすめします。

利用するメリットは以下の4つです。

  1. アドバイザーが好条件の求人を探してくれるので、自分で探し回る手間が省ける
  2. 過去のデータや実際に足を運んで調査した内容に基づき、転職を希望する職場の離職率や内部事情を教えてくれるので転職後のミスマッチが避けられる
  3. 履歴書の書き方や面接対策もしてくれるので、転職に対する不安が減少される
  4. 好条件のため応募が殺到するのを防いでいる非公開求人も見ることができる

デメリットとして、電話がしつこいという口コミもありますが、担当のアドバイザーに伝えると電話頻度を減らすといった対応も可能なのであまり心配はいりません。

このように転職エージェントや転職サイトを利用することで、質のよい転職ができる可能性が広がります。

転職後のキャリアアップやスキルアップのための勉強方法や取得資格

転職後にキャリアアップやスキルアップを目指すためには、効果的な勉強方法や取得資格が重要です。

まず、職種に応じた専門知識を身につけましょう。

具体的には、業界の情報を常にチェックしたり、必要なスキルを習得するための研修やセミナーに参加したりすることがおすすめです。

次に、取得資格についてですが、事務職における資格は業務に直接関係するものから、コミュニケーションやマネジメントに役立つものまで幅広く存在します。

例えば、パソコンスキルを証明する資格や、事務処理能力を測る資格などが人気です。

資格取得は、自分のキャリアやスキルアップにプラスになるだけでなく、求人応募や面接時にも有利に働くことが期待できます。

最後に、定期的に自己評価を行い、自分の強みや弱みを理解し、改善策を立てることも大切です。これにより、自分の成長を促すことができます。

関連記事

保育士を続けてきたけど「辞めたいと思っているけどこの先が不安」「30代で転職できるか心配」と、辞めたいけど退職を決断できない人も多くいます。この記事では、30代保育士の転職に関するアドバイスをしているため、今[…]

保育士を30代で辞めたい!辞めてよかったこと
関連記事

保育士を続けて20年程経つけど、「保育士を辞めて、この先どうすればいい?」「40代でも転職はできる?」と、不安に感じていませんか?この記事では、40代によくある辞めたい理由と今後の選択肢についてお伝えします。[…]

保育士を40代で辞めたい!実際のところ転職はきつい?

まとめ|保育士から事務職への転職で新しい人生をスタート!

保育士から事務職への転職は、新しい人生のスタートといえます。

転職を成功させるためには、自分の経験やスキルを活かしながら、事務職に必要な知識や技術を学び、資格を取得することが大切です。

そして、自己評価を行い、成長し続ける姿勢を持ち続けることが重要です。

今後のキャリアアップやスキルアップを目指して、ぜひ参考にしてみてください。

最後に、転職活動を始める前に、しっかりと準備を整え、自分に合った求人を見つけ出すことも大切です。

じっくりと転職先を検討して、新しい人生を切り開きましょう。

→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年4月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\累計40万人が利用◎/
保育士バンク!
保育士バンク!
59,982件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・LINEだけで転職活動ができる
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://www.hoikushibank.com/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/

参考文献