【2024年最新】社会福祉士から転職でおすすめの転職先とは?

「社会福祉士を活かせる転職先はどこ?」

「社会福祉士から転職するならどの異職業がおすすめ?」

このような疑問を持っていませんか?

この記事では、社会福祉士向けの転職事情についてご紹介します。

最後まで読むことで、社会福祉士資格を活かせる転職先(医療機関・企業内ソーシャルワーカーなど)やおすすめの異業種について学べるでしょう。

加えて転職で成功するためのポイントや、一般企業・大企業が出す社会福祉士向けの求人についても触れています。

完全無料で転職が決まる!!

マイナビ介護職
マイナビ介護職」は、アプリやLINEから求人の紹介や転職活動ができるので、平日の日中が忙しい人でも隙間時間で転職活動ができます。

転職がはじめての人でも安心できるよう、履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策、応募先との勤務面や年収面の交渉などを転職活動に必要な要素を全てサポートしてもらうことができます。

マイナビ介護職の仕組み
転職するのもすぐに決定するのではなく、事前に職場環境のチェックもしてOKの求人が豊富です。
  • 訪問介護やデイサービスも豊富
  • グループホーム求人も急増
  • サービス管理責任者の仕事もあり
  • 高収入の夜勤求人もあり
  • 入職後のアフタフォローも万全

完全
無料
5ステップで
無料登録(30秒)

リンク先:https://kaigoshoku.mynavi.jp/

☆まだ転職考えてなくてもOK!!
☆退会はいつでも可能

目次

社会福祉士からの転職におすすめの方向性

社会福祉士の転職におすすめな方向性は以下の2つです。

  1. 勤務先のみを変えて社会福祉士の資格を活かしながら働く
  2. 社会福祉士とは異なる職業に就く

勤務先のみを変えて社会福祉士の資格を活かしながら働く

勤務先のみを変更し、社会福祉士の資格や実務経験を生かしながら働くのがおすすめです。

なぜなら、社会福祉士の経験や資格を活かせる職場は数多いからです。

例えば、医療機関や介護福祉施設、学校、地域包括センター、一般企業など多岐に渡ります。

厚生労働省の「社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士の「就労状況調査」(速報版)について」では、社会福祉士の就職先について解説されています。

転職先の候補探しに参考にしてみてください。

社会福祉士とは異なる職業に就く

社会福祉士とは異なる職業に就いて、新しい働き方を体験してみるのもよいでしょう。

社会福祉士の仕事は、困りごとの相談がメインです。

例えば、母子関係の悩み・借金問題・介護問題など、生活や家族間の課題解決があげられます。

保育士・教育者・公務員など、人に寄り添う職業に社会福祉士のノウハウを生かしてみてください。

社会福祉士から転職したいと感じる理由

社会福祉士から転職したいと感じる理由は以下の2つです。

  1. 専門職にも関わらず給与に反映されにくいから
  2. 社会福祉士の専門性を理解されにくいから

専門職にも関わらず給与に反映されにくいから

社会福祉士は国家資格ではあるものの、資格保有者のみが取り組める「業務独占資格」ではありません

そのため、専門性が問われる割に給料に反映されにくい現実があります。

社会福祉士の給与事情

正社員の平均年収335万円
月給/約28万円 初任給/20万円
アルバイト・パートの平均時給1,128円
派遣社員の平均時給1,464円

出典:求人ボックス|社会福祉士の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)更新日:2023年7月5日

上表を見ると、正社員は日本の平均年収443万円(国税庁:令和3年分 民間給与実態統計調査)よりも低いことがわかります。

ただし、上表の数値は勤務先(事業所)・スキル・実務経験によって異なるため、あくまで目安と認識してください。

社会福祉士の専門性を理解されにくいから

社会福祉士はどのような職業なのか、専門性が理解されにくいのが現状です。

携わる仕事の範囲が広く境界線が曖昧なこともあり、それが仕事のモチベーション低下につながることもあります。

社会福祉士資格を活かせる転職先|行政機関・一般企業

社会福祉士の資格を生かせる転職先(行政機関・一般企業)は以下の7つです。

  1. 医療機関
  2. 市役所・県庁
  3. 地域包括支援センター
  4. 介護・高齢者福祉施設
  5. 児童福祉施設
  6. 障がい者福祉施設
  7. 企業内ソーシャルワーカー

医療機関

医療機関では、医療ケースワーカーとして活動します。

入院患者やその家族と対面して、治療・退院後の生活に関する悩みを聞き取り、一人ひとりに合った支援を提供します。

市役所・県庁

県庁・市役所・町村役場では、配属先によって担当業務が異なります。

例えば、窓口での相談・面接業務、生活保護業務、被保護者の自宅訪問など生活の困りごとに向き合う業務が一般的です。

このほか資格が不要な一般的な事務作業を担当することもあり、臨機応変な対応が求められます。

地域包括支援センター

地域包括支援センターでは、福祉サービスの提供を中心に生活上の悩みを抱える人たちへアドバイスをおこないます

例えば、高齢者家族の介護予防や悪質な詐欺から身を守る活動などがあげられます。

またより良い福祉サービス提供のため、福祉の専門家(ケアマネジャーなど)を集めた企画立案など幅広く活動します。

介護・高齢者福祉施設

介護・高齢者福祉施設では、主に施設への入所相談や家族との連絡調整をおこないます

老人ホームやデイサービスなどの利用手続きだけでなく、契約・対処後の生活支援や費用に関する悩み相談にも対応します。

関連記事

「介護職は将来性がないと言われる理由は?」「介護職の現状や実態はどうなっている?」「これから介護職に就くために必要な資格や準備は?」こんな悩みを抱えていませんか?長く働く仕事として介護職を選んで大丈夫か、キャ[…]

介護職 将来性ない

児童福祉施設

児童福祉施設では、何らかの事情で共同生活が難しい子どもや親を支援します。

非行・虐待・発達障害など、さまざまな課題を持つ子どもや親と向き合って適切な行政サポートを提供します。

メンタルケアや施設入所の契約申請だけでなく、退所後の自立や生活支援をにつなげるのも社会福祉士の仕事です。

障がい者福祉施設

障がい者施設では「生活相談員」または「生活指導員」と呼ばれます。

施設利用者やその家族の相談・支援、入所手続きのサポートを中心におこないます。

このほか、身体介助や生活支援、家族との連絡調整、施設退所後の生活支援をおこなうのも重要な仕事です。

企業内ソーシャルワーカー

企業内ソーシャルワーカーとは、企業や社員の悩み相談に対応する職業のことです。

企業の場合は、生産性向上や社員の離職抑制、事故予防など健全な事業運営のサポートを中心におこないます。

一方、社員の場合は仕事上のストレス軽減やメンタル疾患の発症予防など、主に働き方に関する課題に対応します。

社会福祉士からの転職におすすめの異業種

社会福祉士からの転職におすすめの異業種は以下の2つです。

  1. 事務職
  2. 保育士

事務職

介護老人保健施設・市役所・医療機関などで社会福祉士向けに事務職を募集するケースもあります。

事務職は、学歴・実務経験・保有資格が問われることなく働けます

介護施設で勤務経験がある場合は、介護事務に挑戦してみてもよいでしょう。

保育士

子どもやその親と接する機会が多い社会福祉士は、保育士の転職もおすすめです。

社会福祉士の経験を生かし、育児や適切な行政サービスの相談にも対応できるでしょう。

関連記事

「介護職を辞めたいけど、転職に有効な選択肢はなに?」「介護職からの転職におすすめの職業・職種を知りたい」このような悩みや疑問を抱えていませんか?この記事では、介護職からの転職についてご紹介します。最後まで読む[…]

介護職から転職

社会福祉士が転職に成功するためのコツ

社会福祉士が転職に成功するためのコツは以下の5つです。

  1. 仕事の目標やキャリアビジョンを明確にする
  2. ライフスタイルや好みに合った働き方を考える
  3. 自分が持つスキルや強みを明確化する
  4. 十分な人材が揃っている転職先を選ぶ
  5. 転職エージェントを活用する

仕事の目標やキャリアビジョンを明確にする

仕事の目標やキャリアビジョンを明確にすることで目指すべき方向性が定まり、転職後のミスマッチを予防できます。

社会福祉士は、上位資格やほかの資格と組み合わせるダブルライセンスを持つことで、キャリアアップが可能です。

ダブルライセンスは金融や不動産など、福祉と別分野を組み合わせたサービス提供もできるようになり、仕事の幅が広がります。

上位資格ダブルライセンス
  • 認定社会福祉士
  • 認定上級社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • ケアマネジャー
  • 保育士
  • 看護師
  • 管理栄養士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 宅地建物取引士

ライフスタイルや好みに合った働き方を考える

社会福祉士の代表的な働き方に正規雇用、フリーランス、パート・アルバイトなどがあります。

いずれも一長一短であるため、自分の価値観と擦り合わせながら適切な働き方を見極めることが大切です。

雇用形態特徴・メリット
正規雇用1日8時間のフルタイム勤務が一般的。日勤が基本だが勤務先によっては早番・遅番・夜勤などのシフト制になることも。収入は安定するが責任が重く、体力的に負担がかかりやすい。
フリーランス社会福祉士としてある程度実務経験を積み、独立・開業することも可能。自由度は高いが収入が不安定になりやすいため、入念な準備が必要。将来自分の事業所を立ち上げたい人におすすめ。
パート・アルバイト時間を限定して働く雇用形態。収入は不安定になるが、勤務時間を調整しやすいメリットがある。育児や介護などでフルタイム出勤が難しい人におすすめ。

自分が持つスキルや強みを明確化する

スキルや強みなど、社会に貢献できる自分の長所を見つけ出し、次の仕事でどのように応用していくか分析することが大切です。

自分の長所を生かせる仕事はやりがいが生まれ、キャリアアップも加速しやすいからです。

社会福祉士の場合、コミュニケーション能力や洞察力、忍耐力など人に寄り添う強みを持っています。

同職以外にも人と接する機会の多い営業やカウンセラー、接客業などを選択肢に入れることで、仕事の幅を広げられます。

関連記事

「介護業界で多く見られる転職理由は?」「面接時に転職理由をうまく伝えるにはどうすればいい?」このような疑問や悩みを持っていませんか?この記事では、介護業界に多い転職理由を中心にご紹介します。最後まで読むことで[…]

【例文あり】介護の転職理由ランキングベスト5

十分な人材が揃っている転職先を選ぶ

転職先を選ぶ際は、十分な人数の人材配置がおこなわれているか確認しましょう。

どんなに給与が待遇がよくても、職員が集まっていない勤務先は時間外労働などの問題が隠されていることがあります

転職先の人材配置に関する情報は、企業四季報や転職エージェントで調べられます。

目先の情報ばかり惑わされることなく、労働環境にも目を向けて働きやすい転職先を見つけてみてください。

関連記事

「介護から転職する際にアピールできる強みは?」「介護から転職できない・難しいと言われる理由とは?」「介護職から転職におすすめの職種は?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、介護から転職する強み・弱み、[…]

介護から転職 強み

転職エージェントを活用する

自分で転職先を見つけられないときは、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーからマンツーマンでアドバイスが受けられます

例えば、希望職や自分のスキルに合う転職先の紹介や、面接指導、入社後の悩み相談など転職支援は多岐にわたります。

現職と同じ社会福祉士として別の場所で働きたい場合は、介護業界の仕事を専門に取り扱う以下のサービスを活用するとよいでしょう。

社会福祉士からの転職でおすすめの転職サイトは「マイナビ介護」

マイナビ介護職


マイナビ介護職
「マイナビ介護職」は大手人材会社の「マイナビ」が運営するサービスで、大手だからこその求人をトップクラスで保有しています。

マイナビ介護職では資格がなくても利用できますが、以下の資格を保持していることでよりあなたの条件にぴったりのお仕事を見つけることができるでしょう。

資格一覧
はじめての転職にも強い転職サイトで、以下の方におすすめです。
・転職したいか悩んでいる人
・履歴書の書き方や面接が不安な人
・転職活動をすぐに終わりにさせたい人
求人数65,000件以上(2024年2月時点)
最大の特徴・株式会社マイナビが運営する信頼・実績のある巨大転職サイト
・登録者限定で人気の非公開求人を提供
・全国展開なので地方の求人も豊富
公式サイトhttps://kaigoshoku.mynavi.jp/
  • 訪問介護やデイサービスも豊富
  • グループホーム求人も急増
  • サービス管理責任者の仕事もあり
  • 高収入の夜勤求人もあり
  • 入職後のアフタフォローも万全

完全
無料
5ステップで
無料登録(30秒)

リンク先:https://kaigoshoku.mynavi.jp/

☆まだ転職考えてなくてもOK!!
☆退会はいつでも可能

社会福祉士からの転職に関するよくある質問

社会福祉士の転職に関するよくある質問をまとめました。

  1. 社会福祉士資格の活かし方は?
  2. 社会福祉士の資格を生かして一般企業や大企業の求人に挑戦できる?
  3. 社会福祉士になるために実務経験が何年必要?
  4. 社会福祉士に向いている人の特徴は?
  5. 社会福祉士は何歳まで働けるの?

社会福祉士資格の活かし方は?

社会福祉士資格を最も活かせるのは、医療機関・介護福祉施設・児童福祉施設・役場などです

地域住民の悩みに寄り添い、生活上の課題・問題を解決するのが社会福祉士の主な役割です。

例えば、福祉施設や障がい者施設で利用者をサポートする生活相談員など、社会福祉士が活躍できる場は多岐に渡ります。

関連記事

「介護職を辞めたい・向かない・無理と感じるのはいつ?」「介護職を辞めたいと感じたときの対処法を知りたい」このような疑問や悩みを抱えていませんか?この記事では、介護職を辞めたくなったときの対処法を中心に解説します。[…]

社会福祉士の資格を生かして一般企業や大企業の求人に挑戦できる?

社会福祉士資格を生かして一般企業・大企業の求人に挑戦できます

例えば、社会福祉士とのダブルライセンスで産業ソーシャルワーカーや産業カウンセラーを目指すことができます。

社会福祉士になるために実務経験が何年必要?

社会福祉士の資格取得(受験)条件には、以下の職種(いずれか)の実務経験が1年以上必要になります。

分野職種
高齢者生活相談員
生活支援相談員 など
障がい者精神保健福祉士
身体障害者福祉司 など
児童保育士
児童指導員 など

社会福祉士に向いている人の特徴は?

社会福祉士に向いている人の特徴は、以下の4つです。

  • 困っている人の気持ちに寄り添える人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 福祉の専門知識や行政関連の法律に詳しい人
  • 社会貢献度の高い人

社会福祉士は何歳まで働けるの?

社会福祉士の雇用には、原則年齢制限がありません

実際に、20代〜60代までの社会福祉士が社会で活躍しています。

まとめ|社会福祉士が活躍できる転職先は千差万別

社会福祉士が活躍できる転職先は選択肢が多く、資格を生かしてさまざまな働き方ができます。

例えば、医療機関で患者の治療・生活支援に関する相談を受けたり、役場で生活保護や行政サービスのサポートをおこなったりすることもできます

また、金融や不動産関連の資格と組み合わせて複合的な生活支援も可能なため、ぜひキャリアビジョンについて考えてみてください。