介護職に転職して後悔したことや辞めてよかったこと

「介護職に転職して後悔する背景には、どんな理由がある?」

「介護職への転職で後悔・失敗しないための対策は?」

このような疑問や不安を抱えていませんか?

この記事では、介護職への転職で後悔しないための対策を中心にご紹介します。

最後まで読むことで、介護職への転職で後悔する人や、失敗を繰り返す人の特徴、就活で成功するための対策を学べるでしょう。

また、介護職への転職を考えている方に対して否定的な意見が多い理由や、他業種への就活、将来性についても触れています。

完全無料で転職が決まる!!

マイナビ介護職
マイナビ介護職」は、アプリやLINEから求人の紹介や転職活動ができるので、平日の日中が忙しい人でも隙間時間で転職活動ができます。

転職がはじめての人でも安心できるよう、履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策、応募先との勤務面や年収面の交渉などを転職活動に必要な要素を全てサポートしてもらうことができます。

マイナビ介護職の仕組み
転職するのもすぐに決定するのではなく、事前に職場環境のチェックもしてOKの求人が豊富です。
  • 訪問介護やデイサービスも豊富
  • グループホーム求人も急増
  • サービス管理責任者の仕事もあり
  • 高収入の夜勤求人もあり
  • 入職後のアフタフォローも万全

完全
無料
5ステップで
無料登録(30秒)

リンク先:https://kaigoshoku.mynavi.jp/

☆まだ転職考えてなくてもOK!!
☆退会はいつでも可能

目次

介護職に転職して後悔する理由ランキングBEST5

介護職に転職して後悔する理由ランキングBEST5

介護職に転職して後悔する理由をランキング形式で解説します。

  1. 1位|職員や利用者との人間関係が悪いから
  2. 2位|人手不足により業務量が多いから
  3. 3位|肉体労働で体力的に厳しいから
  4. 4位|入社前に聞いた勤務体制や待遇と食い違っているから
  5. 5位|勤務先の介護施設に問題があったから

1位|職員や利用者との人間関係が悪いから

介護業界では人間関係の問題が生じやすく、辞めたいと感じる職員は多いでしょう。

  • 利用者や家族との関係
  • 先輩や上司との関係

職場内でいじめやパワハラ、セクハラなどの嫌がらせが認められる場合は、労働基準監督署に相談するか転職を視野に入れましょう

関連記事

「介護職を辞めたい・向かない・無理と感じるのはいつ?」「介護職を辞めたいと感じたときの対処法を知りたい」このような疑問や悩みを抱えていませんか?この記事では、介護職を辞めたくなったときの対処法を中心に解説します。[…]

2位|人手不足により業務量が多いから

介護業界は過酷な労働が多く、心身ともに疲弊して仕事への意欲が低下しやすくなります。

体力やメンタルに支障をきたす介護現場の実情は以下の通りです。

  • 先輩からの厳しい指導に落ち込んでしまう
  • 利用者から暴言を浴びせられる
  • 利用者家族からのクレームが絶えない
  • 利用者の移動・移乗介助で腰痛になってしまった
  • 誤嚥性肺炎の懸念から食事介助が難しい
  • 夜勤が多く、昼夜逆転の生活になってしまった

特に介護業界の経験が少ない人は、人とのコミュニケーションや介助の難しさに戸惑いを感じることが多々あります。

3位|肉体労働で体力的に厳しいから

介護職は体を使う身体介助が多く、体力的に限界を感じることが少なくありません。

例えば、利用者の移動や移乗、入浴・排泄介助をおこなうことにより、腰や背中に慢性的な痛みが生じることがあります

特に体力に自信のない人や、実務経験が浅い人は注意しましょう。

関連記事

「介護職を辞めたいけど、転職に有効な選択肢はなに?」「介護職からの転職におすすめの職業・職種を知りたい」このような悩みや疑問を抱えていませんか?この記事では、介護職からの転職についてご紹介します。最後まで読む[…]

介護職から転職

4位|入社前に聞いた勤務体制や待遇と食い違っているから

入社前に把握していた勤務体制や待遇と食い違いがあり、以下のように転職して後悔する事例は少なくありません。

  • 給与・待遇がよくて入社したら6ヶ月の試用期間後の話だった(試用期間中は低収入で生活に困った)
  • 立地条件のよい介護施設へ転職したら残業や夜勤が多くて体調を崩した
  • 入社してすぐに正社員になれるかと思ったら契約社員の採用だった

働き手のメリットとなる内容が求人には多く、想像と現実のギャップに落胆することがあります。

「こんなはずじゃなかった」と後悔する前に、勤労体制・待遇・契約内容を入念にチェックしておきましょう。

5位|勤務先の介護施設に問題があったから

2011年の「介護サービスの基盤強化のための介護保険法等」により、特別な研修を受けた介護職員に限り、一部の医療行為が可能になりました。

しかし、人手不足などの影響から、上記に該当しない介護職員に医療行為を促す悪質な施設があるのが実情です。

法に反する医療行為は、死亡事故や訴訟の可能性があり、大変危険です。

目撃したら早めに転職を検討しましょう。

関連記事

「介護職への転職で失敗する理由は?」「介護職への転職で失敗する人の特徴を知りたい」このような疑問を持っていませんか?この記事では、介護職の転職で多く見られる失敗事例を中心にご紹介します。最後まで読むことで、転[…]

介護 転職 失敗

介護職への転職で後悔・失敗を繰り返す人の特徴

介護職への転職で後悔・失敗を繰り返す人の特徴は以下の3つです。

  1. 給与や待遇面だけ意識して入社先を決めている
  2. 自宅から近距離の介護施設のみ選んでいる
  3. 仕事やキャリア形成に対する目標がないc

給与や待遇面だけ意識して入社先を決めている

給与や待遇面だけで転職先を決めると、仕事内容や働き方にギャップが生じやすくなります。

高給与・好待遇のところはハイレベルな介護スキルや夜勤を求められることがあるからです。

このほか、不人気な介護施設が人員を集めるために好条件で募集を出していることもあるので注意しましょう。

自宅から近距離の介護施設のみ選んでいる

自宅から近いという理由だけで入社先を選ぶのも危険です。

どんなに通いやすい近距離の職場でも、理想の働き方とズレていたりブラック企業で長期勤務が難しかったりすることがあります

職場までの通勤距離が多少長くても、自分が働きやすい環境を選びましょう。

仕事やキャリア形成に対する目標がない

自分が望むキャリア形成や働き方が明確でないと、入社後に仕事でミスマッチが生じやすくなります。

例えば、高齢により身体的負担の少ない業務を望んでいるにもかかわらず、老健施設で働く介護職員を選んでしまうと身体を壊すリスクが高まります

「将来は施設管理者として活躍したい」「体力やライフスタイルに合った働き方がしたい」など、仕事に対する明確な目標を立ててから転職活動を進めましょう。

介護職への転職で後悔・失敗しないための対策

介護職への転職で後悔・失敗しないための対策は以下の7つです。

  1. 給与・待遇・勤務体制などの希望条件を明確にする
  2. 入社候補をいくつかピックアップして比較する
  3. 自分の働き方に合った介護施設の特徴を知る
  4. 介護施設の勤務体制や人材配置をリサーチする
  5. 施設に所属する職員の離職率や勤続年数をリサーチする
  6. 転職活動中に介護施設へ見学にいく
  7. 転職エージェントに相談する

給与・待遇・勤務体制などの希望条件を明確にする

同業種・異業種に限らず、転職をする際は自分が希望する職場環境・給与・待遇を明確にしましょう。

自分が希望する労働条件を明確にすることで、転職後のミスマッチを回避できます

例えば「子どもの送迎があるから17時までには退勤したい」「週休5日制が望ましい」「資格取得ができる事業所で働きたい」など、人によって理想の働き方は異なるでしょう。

転職先の希望条件は、できるだけ複数書き出すことで、理想と現実のギャップが少なくなります。

入社候補をいくつかピックアップして比較する

自分が気になる介護施設を紙に書き出し、各所の特徴・待遇・勤務体制を調べてどの施設が働きやすいか比べてみましょう。

候補先を1ヶ所のみ決めて安易に入社してしまうと、自分の想像とズレた結果を招いてしまいます。

求人サイトで足りないときは、現場で働く人に話を聞くなどできるだけ多くの情報を集めて吟味してみてください。

自分の働き方に合った介護施設の特徴を知る

介護施設によって受け入れている利用者の特徴や勤務体制が異なります。

例えば要介護度の高い利用者が入所する特別養護老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅は、日勤のほか夜勤を求められます。

一方、身体介助はあるものの日中のみの運営となる通所施設は、日勤を希望する人に最適です。

「夜勤が多くても働きがいのある施設を選びたい」「生活リズムが整う日勤のみで働きたい」など、自分の軸を決めることで条件が叶う入社先が見えてくるでしょう。

介護施設の勤務体制や人材配置をリサーチする

自分の生活に影響するため、入社する介護施設でどのような勤務体制・人材配置が取られているのか確認しておきましょう。

例えば「夜勤は何人体制で業務を遂行するのか」「スタッフひとりが担当する利用者の人数は何人になるか」など、予備知識を持つことで業務負担をイメージできます

このほか「日勤のみの出勤になるか」「夜勤専従はできるか」など、勤務体制についても人事担当者に聞いてみましょう。

施設に所属する職員の離職率や勤続年数をリサーチする

職員の離職率が低く、平均的な勤続年数が長い場合は働きやすい労働環境と想像できます。

入社先の離職率と社員の勤続年数は以下の方法でリサーチ可能です。

  • 就職四季報で調べる
  • 転職先の社名と「離職率」または「勤続年数」をかけ合わせてネット検索する
  • 転職エージェントに登録している場合はコンサルタントに相談する

入社前に介護施設の労働環境をチェックして気持ちよく働くための準備を整えましょう。

転職活動中に介護施設へ見学にいく

求人サイトや人から集めた情報だけで転職先を決められないときは、介護施設に足を運んで見学してみましょう。

見学を受けつけている介護施設は多く、労働環境を自分の目で確認することで安心感が生まれます

施設見学では転職に関する質疑応答もできるため、疑問や不安が生じたら気軽にスタッフに相談してみてください。

転職エージェントに相談する

退職が決まり次第、転職エージェントを利用して次の就職先を探すことを強くおすすめします。

その理由は、退職後にすぐに新たな就職が見つからない場合、収入の問題が生じる可能性があるからです。

退職後に焦って転職活動を開始すると、次の勤務先が見つかるまでの間、収入が途絶えてしまうリスクがあります。

介護職への転職&介護職の転職に使える無料転職サイト

マイナビ介護職


マイナビ介護職
「マイナビ介護職」は大手人材会社の「マイナビ」が運営するサービスで、大手だからこその求人をトップクラスで保有しています。

マイナビ介護職では資格がなくても利用できますが、以下の資格を保持していることでよりあなたの条件にぴったりのお仕事を見つけることができるでしょう。

資格一覧
はじめての転職にも強い転職サイトで、以下の方におすすめです。
・転職したいか悩んでいる人
・履歴書の書き方や面接が不安な人
・転職活動をすぐに終わりにさせたい人
求人数65,000件以上(2024年2月時点)
最大の特徴・株式会社マイナビが運営する信頼・実績のある巨大転職サイト
・登録者限定で人気の非公開求人を提供
・全国展開なので地方の求人も豊富
公式サイトhttps://kaigoshoku.mynavi.jp/
  • 訪問介護やデイサービスも豊富
  • グループホーム求人も急増
  • サービス管理責任者の仕事もあり
  • 高収入の夜勤求人もあり
  • 入職後のアフタフォローも万全

完全
無料
5ステップで
無料登録(30秒)

リンク先:https://kaigoshoku.mynavi.jp/

☆まだ転職考えてなくてもOK!!
☆退会はいつでも可能

介護職への転職で後悔した人の失敗談

介護職への転職で後悔した人の失敗談を2つご紹介します。

  1. 勤務体制に不満がある
  2. はじめて介護職で働くようになったが不安しかない

勤務体制に不満がある

介護職は、勤務体制に不満があるとの口コミが見られます。

勤務に対しての不満もありました。上司と中堅数人の度がすぎる仲の良さで、上司が勤務表を作る際に、上司と仲いい人の勤務や夜勤や休みを被せたり、その分で私含めも他の職員にしわ寄せが来て、私は毎回のように人がいない日に出勤ですごく大変な思いをしたり、でもこちらの要望は聞いてくれないと言う状態で不満がありました。

引用:Yahoo!知恵袋

入社先の勤務体制・人間関係に不安がある場合は、施設見学・転職エージェントへの相談などで事前にリサーチするとよいでしょう。

介護業界では特に人間関係の問題が生じやすいため、可能な限り転職前のリサーチで不安材料を取り除くことが大切です。

関連記事

「介護業界で多く見られる転職理由は?」「面接時に転職理由をうまく伝えるにはどうすればいい?」このような疑問や悩みを持っていませんか?この記事では、介護業界に多い転職理由を中心にご紹介します。最後まで読むことで[…]

【例文あり】介護の転職理由ランキングベスト5

はじめて介護職で働くようになったが不安しかない

はじめて介護職に就くようになったが、将来的に不安があるとの口コミも見られます。

初めて介護職で働き始めて3日目なんですけど、もう不安しかなくてどうしようかと思ってます。無資格、無知識でおじいちゃんおばあちゃんが好きで介護職に興味を持ちました。落ち着いた環境で働きたくどんなもんか働
いてみたかったからです。前は高校卒業して工場務めで1年8ヶ月働いてました。今20歳です。介護職は大変と聞いていたんですが実際まだ3日目なんですけどとても大変で毎日メモとって色々教えて貰って覚えるのが大変です。特に入浴介助が一番戦争でもうどうしたらいいか分かりません。

引用:Yahoo!知恵袋

未経験・無資格で介護業界に転職した場合、利用者との関わり方や体を使う介護業務で不安が生じやすくなります。

近年は未経験・新入社員を対象に教育制度を導入している介護施設が多く見られるようになりました。

介護現場では多忙な職員が多いため、上司や先輩の教育サポートが不十分だと仕事が覚えられません

実務経験が少なく介護業務に不安がある場合は、教育・資格取得制度を設けている会社を探してみてください。

介護職への転職失敗・後悔に関するよくある疑問

介護職への転職失敗・後悔に関するよくある疑問をまとめました。

  1. 介護職への転職を考えている方に対して否定的な意見が多いのはなぜ?
  2. 介護職を辞めてよかったと思うことは?
  3. 介護職から他業種へ転職できる?
  4. 介護職の転職が上手くいかなかったときの対処法は?
  5. 介護職に将来性はないの?

介護職への転職を考えている方に対して否定的な意見が多いのはなぜ?

介護職はいまだ3K(きつい・汚い・危険)と否定的な意見が少なくありません。

その背景に汚れやすい身体介護や複雑な人間関係、人手不足による長時間労働があるからです。

しかし、近年は介護職員の処遇改善や身体的な負担を減らす「ノーリフトケア」などが浸透しています。

介護現場を取り巻く厳しい現実が変わることで世間からの印象もよくなると推測されます。

介護職を辞めてよかったと思うことは?

介護職より待遇がよく、仕事がおもしろい職場を見つけて就活を続けている声が聞かれます。

ボーナスは入社数ヶ月しか働いてないのに、出ました。
人間相手なので、下の世話とか大変なので辞めました。
色々、大変でした。
しかし、今は介護職より給料とボーナスが良くて面白い職場を見つけて、就活してます。

引用:Yahoo!知恵袋

上記のケースは、理想と現実が乖離して生じる入社後のミスマッチと想定されます。

就活で成功するには、自己分析や希望職の業務内容、入社先のリサーチが不可欠です。

就活前の自己分析やリサーチを怠ると、仕事や職場の不満を持つようになり、転職を繰り返すことになるので気をつけましょう。

介護職から他業種へ転職できる?

介護職から他業種への転職は可能です。

他業種へ転職する際は、できるだけ介護職で培ったスキルや経験を活かせる職業を検討してみましょう。

介護職のスキル・経験を活かせる他業種

  • 医療・福祉
  • 公務
  • 教育・学習支援業
  • サービス業 など

介護職の転職が上手くいかなかったときの対処法は?

介護職の転職に後悔したときは、以下の対処法を検討してみてください。

  • 1年は現職にとどまって実務経験を積み、再転職を検討する
  • 上司と面接をおこない就業時間・ポジション変更を試みる

劣悪な人間関係・度重なる長時間労働などで体に異変を感じている場合は、すみやかに休職や退職を検討しましょう。

介護職に将来性はないの?

介護業界は人手不足と少子高齢化の影響から、どの職種も将来性があると推測されます

近年は介護職員の処遇改善が進んでいることから、若年層だけでなくシニア世代も安定的に働けるでしょう。

関連記事

「介護職は将来性がないと言われる理由は?」「介護職の現状や実態はどうなっている?」「これから介護職に就くために必要な資格や準備は?」こんな悩みを抱えていませんか?長く働く仕事として介護職を選んで大丈夫か、キャ[…]

介護職 将来性ない

まとめ|介護職に転職で後悔・失敗しないために自己分析を徹底しよう

介護職の転職で後悔しないためには、自己分析と入社先のリサーチが不可欠です。

まずは自分がどんな仕事・働き方を望んでいるか、紙に書き出して自問自答してみましょう。

頭に浮かんだことを具体的に書き出すことで、自分に適した職種や勤務先の施設形態、キャリアアップに必要な資格・スキルが見えてきます

自己分析で入社先の目星がついたら、ネット検索などで企業リサーチをおこなってみてください。

介護施設は種類によって受け入れている利用者の特徴・勤務体制・業務内容・労働環境が異なります。

入社後のミスマッチを減らすためにも、できるだけ多くの情報を集めて企業分析をおこなってください。