【失敗事例】介護職の転職で失敗が多い理由とは?

「介護職への転職で失敗する理由は?」

「介護職への転職で失敗する人の特徴を知りたい」

このような疑問を持っていませんか?

この記事では、介護職の転職で多く見られる失敗事例を中心にご紹介します。

最後まで読むことで、転職で成功するための秘訣や働きやすい介護施設の選び方について学べるでしょう。

また、介護職の転職を繰り返す人の割合や将来性についても触れているので参考にしてみてください。

完全無料で転職が決まる!!

マイナビ介護職
マイナビ介護職」は、アプリやLINEから求人の紹介や転職活動ができるので、平日の日中が忙しい人でも隙間時間で転職活動ができます。

転職がはじめての人でも安心できるよう、履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策、応募先との勤務面や年収面の交渉などを転職活動に必要な要素を全てサポートしてもらうことができます。

マイナビ介護職の仕組み
転職するのもすぐに決定するのではなく、事前に職場環境のチェックもしてOKの求人が豊富です。
  • 訪問介護やデイサービスも豊富
  • グループホーム求人も急増
  • サービス管理責任者の仕事もあり
  • 高収入の夜勤求人もあり
  • 入職後のアフタフォローも万全

完全
無料
5ステップで
無料登録(30秒)

リンク先:https://kaigoshoku.mynavi.jp/

☆まだ転職考えてなくてもOK!!
☆退会はいつでも可能

目次

介護職への転職で失敗する8つの理由

介護職への転職で失敗する8つの理由

介護職への転職で失敗する理由は以下の8つです。

  1. 体力・精神的にきついから
  2. 人手不足で時間外労働が多いから
  3. 仕事内容・勤務体制・待遇が理想と食い違っているから
  4. 資格取得・研修制度が整っていないから
  5. 社員・利用者との人間関係が悪いから
  6. 業務に対して給料が見合っていないから
  7. 不規則なシフトで生活リズムが合わないから
  8. 介護職に適性を感じないから

体力・精神的にきついから

介護職は体を使う身体介助が多く、体力的に限界を感じることが少なくありません。

例えば、利用者の移動や移乗、入浴・排泄介助をおこなうことにより、腰や背中に慢性的な痛みが生じることがあります

特に体力に自信のない人や、実務経験が浅い人は注意しましょう。

関連記事

「介護職を辞めたいけど、転職に有効な選択肢はなに?」「介護職からの転職におすすめの職業・職種を知りたい」このような悩みや疑問を抱えていませんか?この記事では、介護職からの転職についてご紹介します。最後まで読む[…]

介護職から転職
アドバイザー
リアルな現場の声もわかるニュース記事もチェックしてみてくださいね!
ゴールドオンライン

いい老人ホームだと近所で評判だったのに、入居したら酷い目に遭った――。老人ホーム選びでは口コミがまるで頼りにならないのは…

毎日新聞

 介護職の過酷な労働現場の実態を知ってもらおうと、県内の介護施設に勤める女性「あらかん」さん(67)が自身の体験を赤裸々…

人手不足で時間外労働が多いから

介護業界は過酷な労働が多く、心身ともに疲弊して仕事への意欲が低下しやすくなります。

体力やメンタルに支障をきたす介護現場の実情は以下の通りです。

  • 先輩からの厳しい指導に落ち込んでしまう
  • 利用者から暴言を浴びせられる
  • 利用者家族からのクレームが絶えない
  • 利用者の移動・移乗介助で腰痛になってしまった
  • 誤嚥性肺炎の懸念から食事介助が難しい
  • 夜勤が多く、昼夜逆転の生活になってしまった

特に介護業界の経験が少ない人は、人とのコミュニケーションや介助の難しさに戸惑いを感じることが多々あります。

仕事内容・勤務体制・待遇が理想と食い違っているから

入社前に把握していた勤務体制や待遇と食い違いがあり、以下のように転職して後悔する事例は少なくありません。

  • 給与・待遇がよくて入社したら6ヶ月の試用期間後の話だった(試用期間中は低収入で生活に困った)
  • 立地条件のよい介護施設へ転職したら残業や夜勤が多くて体調を崩した
  • 入社してすぐに正社員になれるかと思ったら契約社員の採用だった

働き手のメリットとなる内容が求人には多く、想像と現実のギャップに落胆することがあります。

「こんなはずじゃなかった」と後悔する前に、勤労体制・待遇・契約内容を入念にチェックしておきましょう。

資格取得・研修制度が整っていないから

介護職の経験が浅い場合は、資格取得や研修制度が導入されている企業探しが必要です。

介護職は利用者の命を預かる仕事であり、社員教育・サポートが不十分だと思わぬ事故を招くことになるからです。

介護施設が新人教育ができる状態でないと、せっかく入社してもスキルアップできないまま早期離職することになります。

実際に上司や先輩から十分な教育を受けられず退職する介護職員は多いため、入社先に教育環境が整っているか調べてから転職に踏み切りましょう。

社員・利用者との人間関係が悪いから

介護業界では人間関係の問題が生じやすく、辞めたいと感じる職員は多いでしょう。

  • 利用者や家族との関係
  • 先輩や上司との関係

職場内でいじめやパワハラ、セクハラなどの嫌がらせが認められる場合は、労働基準監督署に相談するか転職を視野に入れましょう

関連記事

「介護職を辞めたい・向かない・無理と感じるのはいつ?」「介護職を辞めたいと感じたときの対処法を知りたい」このような疑問や悩みを抱えていませんか?この記事では、介護職を辞めたくなったときの対処法を中心に解説します。[…]

業務に対して給料が見合っていないから

給与や待遇面だけで転職先を決めると、仕事内容や働き方にギャップが生じやすくなります。

高給与・好待遇のところはハイレベルな介護スキルや夜勤を求められることがあるからです。

このほか、不人気な介護施設が人員を集めるために好条件で募集を出していることもあるので注意しましょう。

不規則なシフトで生活リズムが合わないから

生活リズムが不規則だと以下のような身体的影響があります。

リスク影響
睡眠障害不規則なシフト勤務は、サーカディアンリズム(生体リズム)を乱し、睡眠の質と量を低下させる可能性があります。これが原因で、不眠症や過眠症につながることがあります。
心血管疾患不規則なシフト勤務は心臓病や高血圧のリスクを増加させる可能性があります。
メンタルヘルスの問題ストレス、抑うつ、不安症などのメンタルヘルスの問題が増加する可能性があります。
肥満と糖尿病不規則な食事や睡眠のパターンは、肥満と2型糖尿病のリスクを高める可能性があります。
免疫機能の低下不規則なシフトは免疫システムを弱め、感染症に対する抵抗力を低下させる可能性があります。
職場での事故リスク疲れや睡眠不足は、注意力の低下や作業中のミスを引き起こし、事故や負傷のリスクを高める可能性があります。

不規則なシフト勤務は多くの健康リスクを引き起こす可能性があるため、可能な限り一定の生活リズムを保つように努めることが重要です。

必要な休息を取り、健康的な食事を心がけ、ストレス管理の技術を活用するなど、自己管理に努めることが大切です。

また、定期的な健康診断も忘れずに行い、早期に健康問題をキャッチするようにしましょう。

関連記事

「介護職に転職して後悔する背景には、どんな理由がある?」「介護職への転職で後悔・失敗しないための対策は?」このような疑問や不安を抱えていませんか?この記事では、介護職への転職で後悔しないための対策を中心にご紹介します[…]

介護職に転職して後悔したことや辞めてよかったこと

介護職に適性を感じないから

介護職は、感情的にも肉体的にも負担が大きい職業の一つです。

高齢者や障害を持つ人々の身体的、心理的ニーズに対応しながら、彼らの生活の質を向上させるよう努めるため、さまざまなスキルと特性が求められます。

以下は介護職に必要なスキルの一覧です。

必要な特性・スキル詳細
コミュニケーション能力クライアントやその家族、医療チームと効果的にコミュニケーションをとる能力は、介護職で非常に重要です。
忍耐力介護は時間とエネルギーを必要とする仕事であり、クライアントのニーズに対応するためには忍耐力が必要です。
共感性クライアントの感情や経験を理解し、共感する能力は、信頼関係を築き、効果的なケアを提供する上で重要です。
フィジカルスキル介護職は肉体的にも負担が大きい仕事です。例えば、クライアントを移動させるために必要な力や、長時間立ち続ける耐久力などが求められます。
ストレス耐性介護職はストレスが多い職業です。ストレスを効果的に管理し、自己ケアを続ける能力が重要です。

介護職への転職に失敗する人の特徴

介護職への転職で失敗する人の特徴は以下の4つです。

  1. 介護業界・業務内容・転職先のリサーチを怠っている
  2. 仕事のビジョンや希望条件が曖昧
  3. 給与・通勤距離・休日などの条件面しか意識していない
  4. 介護職の適性がなく向いていない

介護業界・業務内容・転職先のリサーチを怠っている

介護業界・業務内容・勤務先の事情を把握しないまま転職活動を進めると、理想と現実のギャップで苦労することになります。

求人サイトに掲載される情報はポジティブな表現・内容が目立つことが多く、ネガティブな真実は隠されることがあるからです。

例えば「シフト調整が柔軟で働きやすい」と紹介された福祉施設に入社してみると、社員教育がずさんで仕事を覚えられなかったという事実もあります。

仕事のビジョンや希望条件が曖昧

自分が望むキャリア形成や働き方が明確でないと、入社後に仕事でミスマッチが生じやすくなります。

例えば、高齢により身体的負担の少ない業務を望んでいるにもかかわらず、老健施設で働く介護職員を選んでしまうと身体を壊すリスクが高まります

「将来は施設管理者として活躍したい」「体力やライフスタイルに合った働き方がしたい」など、仕事に対する明確な目標を立ててから転職活動を進めましょう。

関連記事

「介護業界で多く見られる転職理由は?」「面接時に転職理由をうまく伝えるにはどうすればいい?」このような疑問や悩みを持っていませんか?この記事では、介護業界に多い転職理由を中心にご紹介します。最後まで読むことで[…]

【例文あり】介護の転職理由ランキングベスト5

給与・通勤距離・休日などの条件面しか意識していない

給与や待遇面だけで転職先を決めると、仕事内容や働き方にギャップが生じやすくなります。

高給与・好待遇のところはハイレベルな介護スキルや夜勤を求められることがあるからです。

このほか、不人気な介護施設が人員を集めるために好条件で募集を出していることもあるので注意しましょう。

介護職への転職で失敗しない!成功するための対策

介護職の転職に成功するためのポイントは以下の5つです。

  1. 介護業界の実態を知り業務内容をリサーチする
  2. 転職先を数ヶ所ピックアップして比較する
  3. 自分が希望する転職条件を明確にする
  4. 転職先の労働環境をリサーチする
  5. 転職エージェントに相談する

介護業界の実態を知り業務内容をリサーチする

介護業界の実態を把握し、施設・職種ごとの仕事内容を事前に調べておくことで実働の業務負担がどのくらいかイメージできます

人材不足が問題視されている介護業界ですが、施設によっては人員が豊富で介護士ひとり当たりの業務負担が少ないところもあります。

一方、大規模な介護施設でも人材不足により、ケアマネジャーが利用者の身体介助を兼務するケースも皆無ではありません。

上記のように先入観だけで職種や入社先を決めるのは危険です。

「小規模な介護施設は人手不足だから仕事量が多い」などの思い込みは捨て、介護現場の実態を調べてから転職に踏み切りましょう。

転職先を数ヶ所ピックアップして比較する

自分が気になる介護施設を紙に書き出し、各所の特徴・待遇・勤務体制を調べてどの施設が働きやすいか比べてみましょう。

候補先を1ヶ所のみ決めて安易に入社してしまうと、自分の想像とズレた結果を招いてしまいます。

求人サイトで足りないときは、現場で働く人に話を聞くなどできるだけ多くの情報を集めて吟味してみてください。

自分が希望する転職条件を明確にする

同業種・異業種に限らず、転職をする際は自分が希望する職場環境・給与・待遇を明確にしましょう。

自分が希望する労働条件を明確にすることで、転職後のミスマッチを回避できます

例えば「子どもの送迎があるから17時までには退勤したい」「週休5日制が望ましい」「資格取得ができる事業所で働きたい」など、人によって理想の働き方は異なるでしょう。

転職先の希望条件は、できるだけ複数書き出すことで、理想と現実のギャップが少なくなります。

転職先の労働環境をリサーチする

自分の生活に影響するため、入社する介護施設でどのような勤務体制・人材配置が取られているのか確認しておきましょう。

例えば「夜勤は何人体制で業務を遂行するのか」「スタッフひとりが担当する利用者の人数は何人になるか」など、予備知識を持つことで業務負担をイメージできます

このほか「日勤のみの出勤になるか」「夜勤専従はできるか」など、勤務体制についても人事担当者に聞いてみましょう。

転職エージェントに相談する

退職が決まり次第、転職エージェントを利用して次の就職先を探すことを強くおすすめします。

その理由は、退職後にすぐに新たな就職が見つからない場合、収入の問題が生じる可能性があるからです。

退職後に焦って転職活動を開始すると、次の勤務先が見つかるまでの間、収入が途絶えてしまうリスクがあります。

完全無料!介護職への転職でおすすめの転職サイト

マイナビ介護職


マイナビ介護職
「マイナビ介護職」は大手人材会社の「マイナビ」が運営するサービスで、大手だからこその求人をトップクラスで保有しています。

マイナビ介護職では資格がなくても利用できますが、以下の資格を保持していることでよりあなたの条件にぴったりのお仕事を見つけることができるでしょう。

資格一覧
はじめての転職にも強い転職サイトで、以下の方におすすめです。
・転職したいか悩んでいる人
・履歴書の書き方や面接が不安な人
・転職活動をすぐに終わりにさせたい人
求人数65,000件以上(2024年2月時点)
最大の特徴・株式会社マイナビが運営する信頼・実績のある巨大転職サイト
・登録者限定で人気の非公開求人を提供
・全国展開なので地方の求人も豊富
公式サイトhttps://kaigoshoku.mynavi.jp/
  • 訪問介護やデイサービスも豊富
  • グループホーム求人も急増
  • サービス管理責任者の仕事もあり
  • 高収入の夜勤求人もあり
  • 入職後のアフタフォローも万全

完全
無料
5ステップで
無料登録(30秒)

リンク先:https://kaigoshoku.mynavi.jp/

☆まだ転職考えてなくてもOK!!
☆退会はいつでも可能

介護職の転職に失敗しない働きやすい施設の選び方

働きやすい介護施設の選び方は以下の4つです。

  1. 自分の気質や希望に合う施設形態を考える
  2. 介護施設の人員調整について調べる
  3. 職員の離職率や勤続年数に注目する
  4. 求人の背景を確認する

自分の気質や希望に合う施設形態を考える

介護施設によって受け入れている利用者の特徴や勤務体制が異なります。

例えば要介護度の高い利用者が入所する特別養護老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅は、日勤のほか夜勤を求められます。

一方、身体介助はあるものの日中のみの運営となる通所施設は、日勤を希望する人に最適です。

「夜勤が多くても働きがいのある施設を選びたい」「生活リズムが整う日勤のみで働きたい」など、自分の軸を決めることで条件が叶う入社先が見えてくるでしょう。

介護施設の人員調整について調べる

自分の生活に影響するため、入社する介護施設でどのような勤務体制・人材配置が取られているのか確認しておきましょう。

例えば「夜勤は何人体制で業務を遂行するのか」「スタッフひとりが担当する利用者の人数は何人になるか」など、予備知識を持つことで業務負担をイメージできます

このほか「日勤のみの出勤になるか」「夜勤専従はできるか」など、勤務体制についても人事担当者に聞いてみましょう。

職員の離職率や勤続年数に注目する

職員の離職率が低く、平均的な勤続年数が長い場合は働きやすい労働環境と想像できます。

入社先の離職率と社員の勤続年数は以下の方法でリサーチ可能です。

  • 就職四季報で調べる
  • 転職先の社名と「離職率」または「勤続年数」をかけ合わせてネット検索する
  • 転職エージェントに登録している場合はコンサルタントに相談する

入社前に介護施設の労働環境をチェックして気持ちよく働くための準備を整えましょう。

求人の背景を確認する

転職先を決める際、求人の応募要件を確認してその施設の労働環境を想像してみましょう。

例えば、求人サイトでよく見かける介護施設は労働環境に問題があり、離職率が高いことが予想されます。

このほか不自然に給与が高い・勤務スケジュールが柔軟すぎる・業務内容が曖昧といった応募要件にも注意してください。

誰がどう見ても「不自然」と感じる求人は、発信元である介護施設に何らかの事情が隠されていることがあります。

健全な運営ができている入社先で働くには、転職エージェントの担当コンサルタントに紹介してもらうのがよいでしょう。

介護職からの転職に失敗しにくいおすすめの他業種

介護職からの転職におすすめの他業種は以下の3つです。

  1. 一般事務
  2. 接客・サービス業
  3. 営業

一般事務

介護現場では、利用者の介護記録など煩雑な事務処理もおこないます。

体力に自信はないが、細かい作業が好きな人は事務職を検討してみてください。

介護業界にとどまりたい場合は、介護事務の選択肢もあります。

事務職の主な業務

  • データ入力
  • 電話受付
  • 請求書発行
  • 各種書類作成
  • 書類整理
  • 来客対応
  • 郵便物の発送・仕分け
  • レセプト作成|介護事務
  • ケアマネのサポート|介護事務

接客・サービス業

飲食店やスーパー、コンビニのレジスタッフ、宿泊施設の受付など、接客業も介護職経験者に向いています。

いずれも社員同士の連携や来客への丁寧な対応が求められるため、介護職とは異なるスキルも習得できます

接客業の主な職種

  • 飲食店のホールスタッフ
  • スーパー・コンビニのレジスタッフ
  • 宿泊施設のフロントスタッフ
  • スポーツジムのトレーナー・受付
  • アミューズメントスタッフ
  • 冠婚葬祭スタッフ など

営業

人とのコミュニケーションに優れた介護職経験者には、営業関連の仕事がおすすめです。

介護業界と同様、営業関連の仕事も人手不足が懸念されていることから、将来性があり安定的に働けると推測されます。

営業の主な仕事内容

  • 医薬営業(MR)
  • 新規開拓営業
  • ルート営業
  • 訪問・テレアポ
  • インサイドセールス
  • 反響営業
  • 受付営業
  • 深耕営業
  • カウンターセールス

介護職に多い転職の失敗に関するよくある質問

介護職に多い転職の失敗に関するよくある質問をまとめました。

  1. 介護従事者はなぜ不足しているの?
  2. 介護を退職する理由で最も多いのは?
  3. なぜ介護職は人気がないの?
  4. 介護職の転職を繰り返す人は多いの?
  5. 介護職の将来性はない?

介護従事者はなぜ不足しているの?

介護従事者が不足している主な要因は以下の3つです。

  • 同業他社との人材獲得競争
  • 低賃金による離職率の高さ
  • 利用者・従業員との人間関係のトラブル

介護を退職する理由で最も多いのは?

介護を退職する理由で最も多いのは以下の3つです。

  • 職場の人間関係が悪かったから
  • 業務量が多い割に給与が安いから
  • 夜勤などで生活が不規則になるから

介護職への転職で失敗しないためには、就業前に勤務先の情報を集めて労働環境・勤務体制・待遇・働き手の口コミなどを調べておきましょう

なぜ介護職は人気がないの?

介護職はいまだ3K(きつい・汚い・危険)と否定的な意見が少なくありません。

その背景に汚れやすい身体介護や複雑な人間関係、人手不足による長時間労働があるからです。

しかし、近年は介護職員の処遇改善や身体的な負担を減らす「ノーリフトケア」などが浸透しています。

介護現場を取り巻く厳しい現実が変わることで世間からの印象もよくなると推測されます。

介護職の将来性はない?

介護業界は人手不足と少子高齢化の影響から、どの職種も将来性があると推測されます

近年は介護職員の処遇改善が進んでいることから、若年層だけでなくシニア世代も安定的に働けるでしょう。

将来性がある理由を以下の表にまとめました。

将来性のポイント説明
人口の高齢化多くの先進国、特に日本では人口の高齢化が進行しています。これは、介護サービスへの需要増加を意味し、それに伴って介護職の需要も増加します。
技術の進歩ヘルスケア技術の進歩により、高齢者がより長く、より健康的な生活を送ることが可能になりました。しかし、これには適切なケアとサポートが必要であり、これらを提供するのが介護職です。
キャリアパス介護職はスキルと経験を積むことで昇進の機会があります。また、介護管理者や専門的な医療職への道も開かれています。
関連記事

「介護職は将来性がないと言われる理由は?」「介護職の現状や実態はどうなっている?」「これから介護職に就くために必要な資格や準備は?」こんな悩みを抱えていませんか?長く働く仕事として介護職を選んで大丈夫か、キャ[…]

介護職 将来性ない

まとめ|介護職への転職に失敗する原因はずさんな自己分析

自己分析や企業リサーチを怠ると理想と現実のギャップに苦悩することになり、転職に失敗してしまいます。

介護業界は、選ぶ施設の種類や携わる職業によって働き方が異なります。

例えば入所型の有料老人ホームと通所型のデイサービスでは、働き手の人数・稼働時間・ひとりあたりの業務負担に差が生じるのです。

入社後のミスマッチを防ぐため、業務内容・働く時間・入社したい施設(サービス付き高齢者向け住宅・デイケアなど)を明確にして転職先を探すようにしましょう。

自分で転職先を見つけられない場合は、転職エージェントに登録して担当コンサルタントと面接しながら適切な介護施設を見つけてください。