保育士で年収800万円は可能?求人・仕事の探し方も解説

「保育士で800万円は可能?」

保育士は、子どもたちの成長を支える大切な仕事を担っています。

財務省の「参考資料1 日本の少子高齢化はどのように進んでいるのか」を見ると、日本では、少子高齢化に伴い、保育士の需要が高まっており、今後もその重要性が増していくことが予想されます。

しかし、保育士の年収は一般的に低く、待遇面でも悩みが多い職業のひとつです。

アドバイザー

この記事では、保育士は年収800万円を目指すことができるのか、保育士の年収や待遇、年収を上げるための方法について詳しく解説していきます。

結論ですが、保育士の年収800万円の求人は求人サイトでは掲載されていません。

もし本気で探しているようであれば、保育士の転職サイトで管理職クラスの求人を探すのが現実的な手段となります。

関連記事

「男性保育士はどんなイメージを持たれている?」「なぜ男性保育士が少ないの?」「男性保育士のメリットやデメリットは何?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、男性保育士を目指すために押さえておきたいことを[…]

男性保育士
高収入を実現するなら…!!

マイナビ保育士
マイナビ保育士」は、アプリやLINEから求人の紹介や転職活動ができるので、平日の日中が忙しい人でも隙間時間で転職活動ができます。

転職がはじめての人でも安心できるよう、履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策、応募先との勤務面や年収面の交渉などを転職活動に必要な要素を全てサポートしてもらうことができます。

転職するのもすぐに決定するのではなく、事前に職場環境のチェックもしてOKの求人が豊富です。

転職サイトを利用することで、年収の交渉を内定承諾前にしてくれるので、かなりの確率で今の年収よりもさらに年収が上がります!

また転職サイトの仕組みとして、基本的に無料で転職のサポートをしてくれる代わりに、あなたの年収の20%ほどが病院や施設から転職サイトに報酬を支払う仕組みとなっています。

そのため、マイナビ保育士側はあなたの年収が上がれば上がるほど報酬をもらえるので、全力で年収交渉をしてくれることでしょう。
  • 非常勤・パート求人も豊富
  • 小規模から大規模◎
  • 入職後のアフタフォローも万全

完全
無料
5ステップで
無料登録(30秒)

リンク先:https://hoiku.mynavi.jp/

☆まだ転職考えてなくてもOK!!
☆退会はいつでも可能

年収800万円は可能?保育士の平均年収

厚生労働省の資料によれば、2021年時点での保育士の平均年収は約300万円です。

これは一般的なサラリーマンの平均年収と比べて低い水準にあります。

保育士の年収は、経験や勤務地、施設の規模などによって差がありますが、年収800万円を超える保育士は一定数存在しているのも事実です。

男女別の保育士の年収換算と全職種の年収換算を表にまとめたものです。

職種男女計(年収換算)男性(年収換算)女性(年収換算)
全職種489.9万円549.4万円376.2万円
保育士326.8万円363.7万円324.7万円

※ 年収換算の月収は、平成30年実施の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によるものです。

また、以下は、保育士の年収の推移を表にまとめたものです。

年度平均年収(万円)
平成19年度232.9
平成20年度240.3
平成21年度248.3
平成22年度259.2
平成23年度267.2
平成24年度275.7
平成25年度284.6
平成26年度292.8
平成27年度298.7
平成28年度302.1
平成29年度309.7
令和元年度316.3
令和2年度322.2

※ 年収の推移は、厚生労働省が発表する「雇用動向調査」に基づいたものです。

関連記事

保育士の年収が1000万円に到達することは、多くの人々の憧れのひとつです。高い収入を得ることで、より良い生活を送ることができるでしょう。しかし、保育士として年収1000万円を目指すには、どのようなスキルや経験が必要なのでしょ[…]

保育士で年収1000万円を本当に実現するには?

年収800万円を目指す方法

アドバイザー
保育士の年収を上げるためには、以下の6つの方法が考えられます。
  1. 資格取得
  2. 研修・勉強会への参加
  3. 働き方の変更
  4. 役職への昇進
  5. 専門性の向上
  6. 働き方改革による影響

資格取得

保育士以外の資格を取得することで、専門性を高めることができます。

例えば、幼稚園教諭や小学校教諭の資格を取得すれば、教育機関でのキャリアアップが期待できます。

幼稚園教諭の資格を取得する方法
  1. 幼稚園教諭養成課程を修了する
    幼稚園教諭を目指す場合は、大学・短期大学・専修学校などで開設されている「幼稚園教諭養成課程」を修了する必要があります。養成課程には、2年制や4年制などさまざまなコースがあります。
  2. 必要な科目を修得する
    幼稚園教諭養成課程で必要な科目を履修し、単位を修得する必要があります。主な科目としては、教育学、心理学、保育学、音楽、美術、運動・体育などが挙げられます。
  3. 卒業研究を行う
    幼稚園教諭養成課程の最後には、卒業研究が必要です。卒業研究では、自分が担当した保育実践や研究テーマについての報告が求められます。
  4. 幼稚園教諭国家試験に合格する
    幼稚園教諭の資格を取得するためには、国家試験に合格する必要があります。試験は、年に1回程度実施され、試験科目は「保育原論」「保育実践」「幼児教育科目」の3つです。
  5. 免許申請をする
    国家試験に合格したら、都道府県の教育委員会に免許申請をします。免許を取得したら、幼稚園教諭として就職することができます。

以上が、幼稚園教諭の資格を取得するための一般的な方法です。ただし、地域によっては、養成課程がない場合や別の資格を取得して幼稚園教諭として働くことができる場合があります。

研修・勉強会への参加

定期的に研修や勉強会に参加することで、スキルを磨くことができます。

また、研修や勉強会の中で他の保育士と交流することで、新しい情報や知識を得ることができます。

保育士の研修に関しては各都道府県の地自体で確認することができます。

保育士等キャリアアップ研修について

県が実施する保育士等キャリアアップ研修について
※令和4年度の募集は終了しています。

令和5年度の研修につきましては、令和5年5月頃、受講案内を掲載予定です。

○令和4年度の研修の問合せ先
研修の内容に関する質問及び申込は、委託先の株式会社ポピンズプロフェッショナルが対応します。

株式会社ポピンズプロフェッショナル 企画営業部

電話:03-3447-5826(平日9時から17時)

引用:保育士等キャリアアップ研修について/千葉県

働き方の変更

フルタイムで働くことで、収入を増やすことができます。

また、短時間勤務やパートで働いている場合は、正社員になることで、待遇の向上を目指すことができます。

「働き方改革」の実現に向けてについて紹介しています。…

役職への昇進

経験を積み重ねることで、役職に就くことができます。

園長や副園長などの管理職に就くことで、年収が上がる可能性があります。

専門性の向上

特定の分野で専門性を高めることで、その分野に特化した保育士として需要が高まります。

例えば、英語や音楽、スポーツなどの分野で専門的な知識や技術を持つ保育士は、年収が高い傾向にあります。

働き方改革による影響

近年の働き方改革によって、保育士の待遇が改善される動きがあります。

政府は保育士の賃金向上や労働環境の改善を進めており、今後も待遇が上がる可能性があります。

しかし、全ての保育士が年収800万円を目指せるわけではありません。

自分のキャリアや働き方を見直し、努力を続けることが大切です。

関連記事

「保育士の給料は本当に低いのか?」「このままの給料で生活できるのか?」低賃金のイメージが高い保育士に関して、上記のような疑問を抱く人は多いです。そこで、この記事では都道府県別、年齢別、経験年数別、さまざまな方向から保[…]

保育士の給料

保育士で年収を上げるには転職サイトがおすすめ!

保育士として働く際に、年収アップのためには転職が有効な手法の一つと言われています。そのため、転職サイトを利用することが推奨されています。

転職サイトを利用することで、保育士向けの求人情報を収集することができます。

保育園や幼稚園、施設など様々な業種の求人情報が掲載されており、自分に合った求人情報を探すことができます。

しかし、転職サイトを利用する際には注意が必要です。

掲載されている求人情報はすべて信頼できるとは限りません。また、自分に合った求人が見つからない場合もあります。

アドバイザー
転職サイトを利用する際には、求人情報の信頼性を確認し、自己分析をすることが大切です。
→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年2月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\保育士から異業種◎/
マイナビ保育士
マイナビ保育士
21,000件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・異業種への転職なら王道の転職サイト
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://hoiku.mynavi.jp/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/

転職サイトの仕組み

マイナビ保育士|大手だからこその安心感と信頼性


マイナビ保育士
「マイナビ保育士」は大手人材会社の「マイナビ」が運営するサービスで、大手だからこその求人をトップクラスで保有しています。

マイナビ保育士のキャリアアドバイザーが職場に直接訪問して厳選した求人をご紹介します。

そのため、他よりもミスマッチない新しい職場選びができるのが特徴です。
転職の流れはじめての転職にも強い転職サイトで、以下の方におすすめです。
・異業種に転職も視野に入れたい
・1日の一部の時間を休みたい
・前職はサービス残業が多かった
・パートのお給料では少なすぎる
・小規模の保育園がいい
相談だけでも無料なので、少しでも気になる方はまずは登録だけでもしてみてください。
案件数17,000件(2024年2月)
最大の特徴登録しておいて損はなし!!
  • 保育の仕事が初めてでもOK
  • 時間固定・パートもOK
  • 退職交渉もサポート

完全
無料
30秒で
いますぐ登録

リンク先:https://hoiku.mynavi.jp/

☆年収UPも期待
☆プライベートの融通が効く

マイナビ保育士の口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「マイナビ保育士の口コミや評判は良い?」「マイナビ保育士を利用するメリットとデメリットは何?」「マイナビ保育士はどのような流れで利用する?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、マイナビ保育士の口コミや[…]

マイナビ保育士

保育士ワーカー|保育士が支持する保育士転職サイト


保育士ワーカー
保育士ワーカー」は、保育園、幼稚園、院内保育、企業内など数万件を超える求人を無料でご紹介してくれる転職サイトかつ、高給与で残業少ないなどの求人が多いのが特徴です。

また利用した保育士のユーザー満足度は97%と高い支持率を得ています。

求人数が多いので、とりあえず色んな求人をチェックして、良さそうな求人があったら応募したいし、転職を考えてみたいという方におすすめです。

保育士ワーカー
また、保育士ワーカーの登録者数は約30万人を超え、現役保育士の3人に1人が登録しているとされているほど保育士に人気の転職サービスです。
動画で見る
案件数42,649件(2024年2月)
最大の特徴派遣社員なら給与即払い制度あり
  • 保育士・幼稚園教諭向け
  • 満足度97%の脅威の数値
  • 全国の求人が見つかる!!

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://hoikushi-worker.com/

☆保育士ワーカーだけの求人が多い
☆年収交渉や面接対策◎

保育士ワーカーの口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「保育士ワーカーを実際に利用した人の口コミはある?」「保育士ワーカーの口コミや評判からわかるメリットやデメリットは何?」「保育士ワーカーを利用するまでの流れはどうすれば良い?」こんな悩みを抱えていませんか?こ[…]

保育士ワーカー

せんとなび保育|前払い・週払い制度あり


せんとなび保育|前払い・週払い制度あり

せんとなび保育」は、業界トップレベルの時給で給料の前払いもしく週払いができる転職サイトです。

また現場をよく知っているせんとなびのスタッフが在籍しているので、難しい人間関係の構築面もサポートしてくれます。

そのため、職場で何か嫌なことがあったりしたときは、職場に言いにくいこともあると思うので、その際はせんとなびのスタッフに相談できる環境が整っています。
案件数20,000件(2024年2月)
最大の特徴せんとなびのスタッフが職場との人間関係をサポート
  • 福利厚生が充実求人が豊富
  • 働きやすい環境をサポート
  • ママさんやシニアでもOK

完全
無料
60秒で
いますぐ登録

リンク先:https://st-navi.jp/hoiku/

☆週1日からOK
☆短時間の勤務でもOK

せんとなび保育の口コミ・評判は以下の記事を参考にしてください。
関連記事

「せんとなび保育の口コミや評判は良い?」「せんとなび保育を利用する際のメリットとデメリットは何?」「どのような流れでせんとなび保育を利用すれば良い?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、せんとなび保育[…]

せんとなび保育の口コミ・評判

保育士向け転職サイトのおすすめ

保育士の年収800万円のまとめ

保育士は年収800万円を目指せるかという問いに対して、一概には断言しづらいものがあります。

保育士の年収は経験や勤務地、施設の規模など様々な要因によって変動します。

しかし、資格取得や研修・勉強会への参加、働き方の変更、役職への昇進、専門性の向上などの方法を通じて、年収を上げることが可能です。

保育士としてのキャリアを積み重ね、自分の働き方やスキルを磨くことで、年収800万円を目指すことができるでしょう。

→横スクロールできます
人気サイトランキング求人数
(2024年2月)
おすすめの人/特徴公式サイト
(全て完全無料)
\保育士から異業種◎/
マイナビ保育士
マイナビ保育士
21,000件迷ったらコレ!全ての保育士におすすめ!!
・異業種への転職なら王道の転職サイト
・退職交渉や次の職場の条件の交渉も代行
公式サイトはこちら
https://hoiku.mynavi.jp/
\保育士間の転職◎/
保育士ワーカー
保育士ワーカー
42,649件・保育業界トップクラスの求人数!!
・支持率No.1の実績あり
・年間転職成功者数30,000人
※トライトグループ合計実績
公式サイトはこちら
https://hoikushi-worker.com/
\すぐお金が必要なら/
せんとなび保育士
せんとなび保育士
20,000件・前払い、週払いも可能!!
・短期、短時間、フルタイムの求人が豊富
・業界トップクラスの高時給
公式サイトはこちら
https://st-navi.jp/hoiku/